霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

光は東方より

インフォメーション
題名:50 光は東方より 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 宗教の起源については古今東西の学者間に種々の説がある。002例へば啓示説、003天賦説、004詭計説、005恐怖説、006恐怖と希望の二元説、007利己説、008智力説、009無限説、010衝突説、011良心説、012想像説、013絶対憑依説等であるが、014何れもみなその正鵠を捕へたものとは言はれないのである。
015 惟神の道を宣布しつつある吾人をして言はしむれば、016宗教なるものは、017人間のこの地上に発生せし時において既にすでに生れてゐるのである。018人間に知情意の三霊が存する以上、019その内分的活動は絶えず宗教心となって現はるべきである。
020 神が人間に愛善の心、021信真の心を与へ玉うたのは、022現実界のみの為でなく、023神霊界に永遠無窮に生活せしめむが為の御経綸である。024故に宗教は現代の政治や倫理や哲学の範囲内に納まるやうな、025そんな浮薄軽佻(ふはくけいてふ)なもので無く、026人間の真生命の源泉であって、027人間は宗教によって安息し、028立命し、029活動し得るものである。030如何なる無宗教家でも、031スワ一大事と云ふ場合には必ず合掌し、032天の一方を拝してその苦難を免れむとするに至るのはその実証であるといへる。
033 現代の宗教は政治の一部として取り扱はれ、034天来の権威も信用も全然地を払ひ、035わづかにその余喘(よぜん)を保つてゐるに過ぎない。036実際の事を云へば、037今日の世の中には宗教らしき宗教は皆無である。038遠くの昔に宗教の生命は滅びその残骸が残ってゐるだけで、039有害無益の厄介物となってしまったのである。040吾人の唱ふる宗教なるものは、041天地惟神の聖旨のままに愛善と信真の発達に向って進むのであるから、042すべてに超然として立ってゐるものである。043政治や倫理などは実は宗教の一部分の活用に過ぎないのである。
044 今や真の宗教の光は東方より輝きはじめた。045すべての人間は本然の誠、046即ち惟神の大精神に立ち復り、047現界における最善を尽し、048しかして後、049天国永遠の大生命に入り、050大元神(おほもとがみ)の大意志に叶ひまつり、051人としての本分を尽し、052容易に会い難き人生をして酔生夢死(すゐせいむし)に終らしむることなきを(こひねが)はねばならぬのである。