霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神秘荘厳の国

インフォメーション
題名:51 神秘荘厳の国 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「東北日記第八巻」(昭和三年一一月七日)所収「神秘の国」を再編したものと思われる タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 神典や宗教や言霊学の方面から考へて見ると、002古代日本の思想や文化の程度は、003その時代々々における世界の文化より非常に早く進んで居たものである。
004 そしてまた種々の思想や宗教や丈化が移入されて居るが、005世界の宗主国と云はるるだけあつて、006凡ての物を抱擁してこれを能く消化し、007日本化し、008攻伐征戦の厄を見ずして行はれた事は人類史上未だかつて類例のない事実である。009しかも外来の思想や宗教や文化が全然淘汰訂正されて日本思想となり、010日本文化となつて完全に発達を遂げ、011今やその粋は世界思想を指導せむとする人類愛善運動となつて現れたのである。012そればかりでなく、013美術や文芸史の語る所においても、014更に近代文明思想の根基となつて居る科学思想を辿つても、015古代の日本には既に西欧文化を凌駕する所の科学をもつて居た事は、016神典古事記の明文において明かな事実である。017神代の日本文化は現代文明国の進歩に比し数万年の昔において既にすでに超越してゐた。018これを立証する我が国の史実は余り多きに苦しむほどである。
019 かく見来る時は、020我が国は実に神秘荘厳なる天立神国である事が明白である。021石器時代から昭和の今日に至るまで、022一つの民族として惟神的に国是を創建し、023国家建設第一の日の高御座(たかみくら)を現代までそのままに保持して、024国家の元首は現津御神(あきつみかみ)として一刻たりとも岩戸篭りを遊ばされた事の無い神秘荘厳の国体である。025即ち我々の奉仕する天皇は天照大御神そのままの神におはしまし、026主師親(しゅししん)の三徳を具有し玉ひ、027無始無終の高御座(たかみくら)に居らせらるるのである。
028 かかる有難き御恩沢に浴して居る万邦無比の国民は、029一国一族であつて、030全国、031主従、032師弟、033親子のままに朝日の豊栄(とよさか)昇りと共に弥栄えに栄え、034何ら衰退の事実無く、035剛健質実、036地球の極から極まで発展して(きはま)りない現津御神(あきつみかみ)の国を建て拡げつつあるのである。037このやうな神秘が他の何国(どこ)の歴史にあらうか、038かくの如き荘厳が何国の何処にあるだらうか、039かくの如き剛健な民族が地球の何処にあつたであらうか、040と吾人は常に誇って来たのである。
041 かかる歴史的日本と現在の国状とを思ひ比べてを、042深夜密かに涙の腮辺(しへん)に伝ふるものあるは、043あへて王仁一人のみではあるまい。