霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

天地の祖神を敬祭せよ

インフォメーション
題名:54 天地の祖神を敬祭せよ 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 政治家も教育家も陸海軍軍人も、002実業家も宗教家も、003まづ天祖国祖の神霊を恵祭し、004かつ誠心誠意をもって忠実に奉仕しなくてはならぬ。
005 陸海軍の長官は自ら衆に先んじて、006天祖国祖の神霊を祀り、007部下の軍人をして神の大御心を了解せしめ陛下の聖旨に寸毫も違はざるやうに教導しなくては、008神軍の威力を発揮することは出来ぬ。009また士官学校に入学せむとするものは、010天祖国祖天皇の大御心を、011了解せるや否やを十分に調査して採否を決すべく、012学問の有無勝劣の如きはむしろ第二位の採用条件とすべきものである。
013 外務の長官は衆に先んじ、014先づ官庁に至聖所を設け、015天祖国祖を奉祀し、016各国民族の祖先の霊を祭り、017朝夕供物を献じ、018長官自ら敬礼を終りて後に国務に奉仕するのが神国の行ひである。019御国のため世界各国人の為に、020幸福ならむ事を赤誠こめて祈願し、021他民族の幸福を侵害せず、022物質の供給は彼我相通じ、023互ひに幸福を進め、024兵力を以て外交の手段とせぬことである。025また外交に奉仕する官吏は、026日本民族の正しき血液の流れたるものを採用し、027決して混血児や外人を妻に持ってゐるやうな人物は、028外交官のみならず総ての日本の官吏には採用しないやうにしなければならぬ。029また通訳官はその国において正しい血統を有し、030一家を平和に構成せる立派な紳士淑女を以てその任に当らしむるべきものである。031各国へ派遣される外交官は、032先づ第一に天祖国祖を敬祭し、033かつその国土の国魂を敬祭し、034土地の霊魂に対して至誠至情を捧ぐるのみならず、035その地の人種を尊敬し、036人種無差別の態度を持する真人たる事を条件として採用すべきである。
037 これが真の神国の外交策である。038その他各方面とも同様の精神に基づかねばならぬが、039国民一般の教化指導に関して、040大中小学校は云ふに及ばず、041全天下の新聞雑誌すべて、042皇室の尊厳と神明の御稜威を、043心の底より感得せしめなければ、044真の神国とは云はれないのである。