霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

勤皇報国

インフォメーション
題名:55 勤皇報国 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正九年九月二一日号所収「至聖殿落成式所感」(教主輔大先生御講演筆記)の抜萃・再編と思われる タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 日本の国民は生れながらにして、002尊皇の心を持つて居らぬものはありませぬ。003どんな人でも陛下に敵対する者は一人もなく、004皇室の尊いといふことを知つて居ります。
005 愛国といふことは、006日本人特有のものではない。007外国人もみな自分の郷土、008国家を愛するといふことは知つて居る。009この愛国といふものは世界の人類に普遍せる魂である。010尊皇といふことは日本人特有の魂であるが、011尊皇だけではいけない、012敬神勤皇報国でなければならぬ。013即ち、014一旦緩急ある時は「海行かば水漬く屍、015山行かば草むす屍、016大君の辺にこそ死なめ、017閑には死なじ、018顧みはせじ」といふやうに、019大君の馬前に屍をさらすといふ魂がなければならない。020皇室の安泰の為には生命、021財産などはものの数ではない。022之が即ち勤皇といふことである。023どうしても尊皇ではなく、024勤皇の大精神でなければ臣子の本分をよく勤めるといふことは出来ない。025日本国民たるものは、026もともと勤皇でなければならないのある。
027 前に申しました如く、028愛国は一般的のもので、029報国といふことは国恩に報ずる、030国家に報ゆるといふのであつて、031一生懸命に国家のために働き、032身命を抛たなければならない。033これでなければ敬神報国は出来ぬのである。
034 つまり愛国には生命はないが、035報国には生命があり、036働きがあるのである。037たとへば愛国が霊ならば報国は神である、038尊皇が霊ならば勤皇は神である。039霊には働きがないが神には働きがあるのである。040霊といふものは万物に普遍したるものである。041たとヘば燧石(ひうちいし)は火を含み、042打てば発火するといふ素質を持ってゐる、043これが霊である。044燧石と鋼鉄を打ち合せると火が出る、045この火の輝きといふものが神である。046愛国だけでは不充分であるから、047報国の実際まで突き進まねばならぬ。