霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神の正道

インフォメーション
題名:57 神の正道 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神の国」大正一四年九月八日号所収「道の栞第一巻下(二)」の抜萃・再編と思われる タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c057
001 いよいよ天からの時節が(めぐ)り来て、002世界の大戦が近づいた事は、003国祖の神示によりても明かなことである。004この大戦は、005この世始まつてから未だ無いやうな激しい大戦ひであるが、006天帝は如何なる国に勝を与へ給ふだらうか、007必ずや「誠の強き国」へ最後の勝利を給ふのである。
008 日本は神国、009神ある国であるから、010神が日本を必ず勝たせ給はむと云ふものがあるが、011日本の強いのは、012正義が相手の国よりも優つてゐるからである。013だから、014いくら神国であっても、015悪が勝ってゐるやうなことがあった場合は、016公平無私な天帝は、017必ず誠の強い国に勝を与へ給ふのである。
018 即ち国の強弱はその国民の行ひの善悪によるのである。019国民の行ひ正しき時は、020その風俗(うる)はしく、021風俗美はしき時は、022一国和合を来す、023和合して国民が一致したほど強いものはない。024風俗(みだ)れ、025国民の心一致せぬ時は幾千万の兵ありとて、026直ちに破れ亡ぶるものである。027故に兵士や兵器ばかりでは、028いざと云ふ場合何の役にも立たぬ。029国民の神を篤く信ずる心とその品行の美はしさが国の繁栄を来すのである。030神の道を信ぜざる国は遂に亡び、031神を信ぜざる家は断滅するのである。
032 神の畏るべきを知り、033誠の心を持つて善を行ふ、034一人かくの如く、035一家またかくの如く、036一国またかくの如くするにおいては、037天下泰平にして、038穏かなる風、039(いつくし)みの雨、040時を(たが)へず降りそそぎ、041喜びの雲、042清涼の気、043天地四方に充ちて、044目出度きことのみ世界に起るのである。
045 しかして天に二つの日なきが如く、046地にも一つの王者でなければ、047断じて治まるものではない。048わが日の本の現人神は、049この世界の司宰に(まし)まして、050地上二十億生民の親であらせられる。051これは天帝よりのお定めである。
052 わが国一度(ひとたび)戦端を切る時は、053神の正道によって進むべきである。054かくすれば如何なる悪魔も恐るる事なし、055神は正道を進むものに道づれとなりて守り給ふからである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。