霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

敬称の精神

インフォメーション
題名:58 敬称の精神 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正八年一一月一日号所収「随筆」の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c058
001 日本は古来言霊の天照国と称へ、002上下共に善言美詞を使用し、003(がう)も悪言暴語する事なく、004実に至善至真至美の国体が確立してあつたのである。
005 畏くも天祖天照大神様が皇孫二々岐尊を豊葦原水穂国の主として天降し賜ひし時の御言葉に、006(あが)皇御孫命は云々と仰られてあります。007も全部敬称である。008当世外国思想の侵入した人民の耳には、009何故に謙譲なる大神の御口から、010現在自分の孫様をマゴと仰せられずに、011沢山に頭にも足にも敬称を附けられるのであらうかと、012疑ふでありませうが、013これが即ち日本神国の神国たる所以で、014外国の如くに虚偽空式を使用されず、015天地の神則に(したが)つて、016かくは仰せ遊ばしたのであります。
017 要するに、018神も人もみな天地の分霊分体である以上は、019霊魂は天之御中主大神の分霊であり、020肉体そのものは大国常立尊の分体であって、021霊体共に天地の先祖様の直々の尊いものであるから、022たとへ自分の生んだ子といへども、023決して自分の力で出来たものではない、024みな天地の神の御経綸(おしぐみ)によつて、025一時の形式を採つて、026人体を生成遊ばしたのである。027だからこれを敬ひ尊ばねばならぬのが当然であるからであります。
028 実に天地の真理に合致した(うる)はしい国体であると云ふ事は、029大神のこの神勅の一片にも明白に現れて居るのであります。030誠に四海同胞、031神人一如にして、032外国の如く自他の区別が無い、033天ケ下に他人も無ければ外国人も無い、034天地間の生物は、035たとへ禽獣虫魚といへども、036天地の神の宮たる吾々と同じ分霊分体を、037その分に応じて賦与されて居るといふ真相を知悉した以上は、038他人視したり、039劣等動物視しては、040天地の神に対して実に不敬の罪を重ねるのであります。
041 しかるに中世、042儒仏の渡来してより、043国民の風俗は日に月に悪化し、044虚礼、045虚式等盛んに行はれ、046つひには飾言偽語(しょくげんぎご)を以て一種の礼式と心得るやうになつてしまつて、047国家はますます乱れ、048神国の精神は何処へか飛び去つてしまうたのである。049故に平素の言語は虚偽ばかりになつて、050友人や下僕を呼ぶにも君と称し、051またクンと軽く唱へ、052自分を称するに僕とか拙者とか、053坊主なら愚僧とか称して、054普通の事と思ふやうに堕落して来たのである。055君主にあらざるものを君と称し、056僕婢(ぼくひ)にあらざる自分を僕と称する等は、057実に虚偽の骨頂にして、058人の天賦的職掌を忘却した不敬といはねばならぬ。059また他人の妻を称して御賢室、060御内室、061御令室など称しながら、062自分の妻を称して荊妻(けいさい)063愚妻などといふは、064今日の習慣であつて、065何れも知つて嘘を()いて居るのであります。066日本人は神の選民であるから、067ひとしほ吾が身の霊魂肉体を敬ひ奉ると共に、068他人も同様に敬ふこと神明の如くに致さねばならぬのである。