霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

難局打開の鍵

インフォメーション
題名:59 難局打開の鍵 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c059
001 (おそれおほ)くも天の下を平けく安らけく知ろし食し給ふ御天職を惟神に享有し給ふわが天津日嗣天皇が豊葦原の瑞穂国(全地球上)を道義的に統一せらるる機運は今や刻々に進みつつあるのである、002即ち日本国の皇道の光が八紘に輝く時が到来したのである。
003 輓近(ばんきん)人心の不安、004世路の困難はその極に達し、005(じつ)以て暗黒無明の世の中となり、006いはゆる「天の岩戸隠れ」の状態であって、007世界は経済的にも、008精神的にも全く行き詰ってしまったのである。009この行き詰りを打開し、010暗黒世界に光明を与へる唯一の鍵は、011わが日本に日月の如く、012厳として保有されてあるのである。
013 王道とは、014覇道とか、015また憲法政治とか、016共和政治とか、017デモクラシーとか、018マルクス主義とか、019その他聖人や賢哲が唱へる総ての社会経綸説やまた釈迦、020孔子、021キリスト等の道義的教義は、022ただ今日までの世界の破滅、023人心の堕落を弥縫補綴(びほうほてつ)すべく用ひられたくらゐのもので、024今後の社会政策に対しては、025何らの権力も効用もないのである。
026 孔子の生まれた支那の現状は、027あの通り闇黒で百鬼昼行の状態、028また釈迦の生まれた印度は、029この地に極楽浄土を出現せしめようとしたのに、030今は英国の支配下にあり、031極端な圧迫を受け、032わづかに人民はその命脈を保ってゐるのみである。033更にキリストの出たユダヤは、034天国を地上に樹てむと考へたけれども、035二千年を経過した今日において、036これまた闇黒無明の地獄の地獄の状態である。037要するに、038これらは世界の人心を一時緩和した利益はあったけれども、039今後の世の中は、040少しも間に合はぬものとなってしまったのである。
041 これをたとへて云へば、042月が出ると星の光が薄くなり、043太陽が出ると月も星も光を失ふのと同じである。044この星的位置にある古今諸賢哲の道義的諸説は、045今後影を没する運命にあるのである。
046 崇神天皇が和光同塵の御政策により、047これらの教を我が国に取り入れ給うたのは、048日本が世界の中心国であり、049宗主国であるから、050一先づ世界のあらゆる文明を日本に引き入れて、051これを浄化し、052精神的文明と物質的文明の調和を図り皇祖皇宗の御遺訓によりて、053世界万民を治め給ふ時機を待たせられた為である。
054 今や、055天運循環の神律によって、056日本が世界を統一すべき時機が到来したのである。057しからば日本は何によって世界を統一し、058指導して行くか。059いはく、060皇道即ち惟神の大道によるのである。061この道以外には、062現代の難局を打開し、063今後の世界を統一すべき道は断じてないのである。