霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

マツリゴトの言霊解

インフォメーション
題名:61 マツリゴトの言霊解 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 天上の厳正なる御政治を、002地上に移させ給ひし神聖の国土は、003豊葦原の水穂中津国なる我が日本国であります。004天上においては、005君、006大臣(おほみ)007小臣(をみ)008民の四階級歴然として区別され、009各自霊性の位に応じて完全無欠の神政が、010永遠に樹立されてゐるのであります。011その天上の神聖なる政治を地上に移して、012天上と地上とを真釣(まつり)(まつり)合せて、013神政を布き施し玉ふは、014我が天津日嗣天皇の惟神に定まれる御天職であって、015決して臣民の夢にだも、016窺ひ奉るべき事柄ではないのであります。
017 中世、018平将門や弓削道鏡の輩が畏くも天位を窺ひ奉った事があってもたちまち天譴(てんけん)天罰の意降下、019滅亡したのも皇国天位の尊厳無比にして、020神聖犯すべからざる証拠であります。
021 このマツリゴトを言霊の妙用により略解しますと、022
023マ==一の位に当るなり、024一がこの世に(いで)たるなり、025全く備はるなり。
026ツ==強く続くなり、027大造化の極力なり、028霊々神々赫々なり、029大金剛力なり。
030リ==法の力なり、031億兆の極まりなり、032定まり極まるなり、033貫き極まるなり。
034ゴ==父母の精神なり、035極精体の脳髄なり、036中に固まるなり。
037ト==みな治まるなり、038行き届くなり、039能く産み出すなり、040一切を能く結び定むるなり。
041 更にこの一部を略解しますと、042
043一の位とは、044一は日なり、045火なり、046父なり、047天なり、048霊なり、049上御一人なり、050即ち政治は一天万乗の天立君主が一天、051一地、052一君の神政を司り玉ふべき言霊である。053万世一系、054天壌無窮に天下を統一し光華明彩八紘に光被し玉ふ、055主、056師、057親の大徳を具有し玉ふ天皇の御位に坐すと云ふ言霊であります。
058大造化の極力なりとは、059宇宙の全象を保ちて、060日月と共に無窮に天地を経綸し、061司宰し玉ふ天立君主の絶対無限の権能であります。
062法の力なりとは、063宇宙の権威、064神界の大法にして、065人民の相集まり相議りて作製したる、066現今行はるる如き不完全なる法律の力に非ず、067すべて政治は天上より出づるものなれば、068人為の法律の力にては真の太平を来す事は出来ぬのである。069惟神の憲法の力でなければ、070人民の安寧を保持すると云ふことは不可能である。071皇祖皇宗の御遺訓に基づいた政治でなくば、072如何なる完全な法律でも、073体主霊従の人為の法の力ではいかぬのであります。
074極精体の脳髄なりとは、075一身上に取りては、076臍下丹田を高天原と称し、077脳髄を政所(まんどころ)といふ。078天照大神の神勅を奉じて、079祭政一致の治平を進め玉ふは、080国の頭脳に坐します天津日嗣天皇の御天職であります。
081一切を能く結び定むるなりとは、082宗教、083教育、084実業、085芸術、086その他一切のものを結合して進展せしむるは、087神国政治の根本義にして、088日本国が世界各国に対し、089統治の大権を天賦的に具有し、090これを実行するてふ言霊であります。
091 以上のまつりごと五言霊の活用を拝し奉れば、092世界の治平は、093どうしても神選の地上唯一の君主政治でなければ、094真の平和と万民の幸福とを招来することは、095絶対に不可能なることが明かであります。096かの共和政治や合衆制度や専制政治等の到底ものに成らぬ事は当然の事であります。