霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

敬神の観念

インフォメーション
題名:62 敬神の観念 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正九年一月一五日号所収「随筆」の抜萃・再編 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 「蓬莱に聞かばや伊勢の初便り」
002 皇祖天照皇大神の永遠に鎮り坐ます伊勢大神宮は実に我が国体の中心である。
003 「何事のおはしますかは知らねども(かたじけ)なさに涙こぼるる」
004と詠じた古人の歌は、005すなはち臣子(しんし)の至情であつて、006我が国民としては実に当然の事である。007古来我が日本国の儀式典礼等は総てにおいて敬神尊皇の大道を基礎とし、008古往今来かつて変らざる所である。009中世以来仏教渡来して幾分かの影響は蒙つたけれども敬神の基礎は決して動揺してゐない。010古代にあつては敬神はすなはち政道であり、011祭政一致の政体であつた。012ここで云ふ敬神とは一部宗教家の云ふが如きただ単に「神を崇敬せよ」と云ふのではない。013「皇祖皇宗の大神即ち実在の神々を崇敬せよ」と云ふのである。014今日の世界思潮の大勢と、015この敬神の観念とは全くその根本から相違してゐるのである。016世界の大勢に順応する事はある一角から見て結構かも知れぬ。017しかしそれが為に尊厳無比なる我が国体を覆へすやうなことは断じて不可である。018神聖無比なる我が日本の国体については、019何物といへどもこれを云為することは許されぬ。020これ我が神国の世界に冠絶せる所以であって「元日や親の譲りの大刀()かむ」とは、021我が国体精華の反映である。022祖先以来家宝として伝へられる神剣を佩いて(うやうや)しく新春を迎ふる、023その意気軒昂(けんかう)として千丈の光焔を吐く。024これぞ祖先崇拝を示現するもので、025大義は外国にその例を見ざる所である。
026 我が国の神は一部宗教家の唱ふる神とは大いに相違し、027現実の祖先を祭るのである。028一家の祖先、029一国の祖先、030天の祖先、031地の祖先を敬祭するのである。032故に敬神の観念と祖先崇拝心とは合致してゐる。033これが即ち日本神国の精華であつて、034万国に比類なき点である。035この精華が世界に卓越したる我が国体を創造したとも云へるが、036天地開闢の太初から特に天地の祖神より神定されたる大義明分に外ならぬ次第である。
037 故に日本神国の臣民は一日も祖先崇拝と敬神の道を忘れてはならぬ。038ことに新年の歳頭に際しては宗教の如何を問はず、039都会も田舎も押しなベて神祗を祭り、040祖先を礼拝するといふ事は日本人の当然の行事で、041永遠無窮に神を敬ふの大義を遺忘せざらむが為であり、042この森厳にして神々しき元旦の気分を平生に念頭に置く事は我が国民の切に留意せねばならぬところである。