霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

麻柱の道

インフォメーション
題名:63 麻柱の道 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 近来「日本精神運動」が各方面の人々によって起されてゐるが、002その目的に達するの道はただ一つしかない。003即ち惟神の道、004麻柱(あななひ)の大道あるのみである。
005 麻柱と云ふのは、006至誠の全力を君に捧げて、007わが功あるは直ちに君の功とし、008わが一切をことごとく君御一人の御所有と為し、009更に吾を誇らず、010天下に君一人をのみ、011光々と照臨し玉ふべく祈り奉る事を申すのである。012大臣(おほみ)小臣(をみ)も民もみなことごとく御皇室の分身として、013大君(おほぎみ)の手足となり、014全身の部分部分となって、015君御一人御皇室御一家を照り顕はし奉り、016君も大臣も小臣も民もみな、017全一大御至尊に麻柱奉るのが麻柱の本義であり、018全体である。
019 かかる大義は、020わが日本国の如く万世一系の御血統を継がせ玉ふ、021千古不易の国柄でなければ諒解出来難いやうに、022天上の大荘厳国は日本を通じて見なければこれを正観することは出来ないのである。
023 麻柱の道を守る者の心の(うち)には、024報恩の念のみ盛んであって、025この一念以外には何らの存念もないのである。026この報恩謝徳の念を忘却する時は、027直ちに我慢、028邪慢、029増長慢と名づくる我執が出て来て自由妙果の霊身を堕落せしめ、030全く罪悪の奴隷となり下がってしまふのである。031清浄に身を持し、032麻柱の中に安住するを得たならば、033これ神の宮殿の中に住み、034神の御衣を服とし、035神の神室(みへや)に坐し、036総て神と倶にあるのであるから、037これが誠の忠臣であり孝子(かうし)である。038もし少しでも、039(おのれ)したり顔に我が儘心を出すならば、040たちまちその(おさ)まりある所の位は消え失せて、041世の罪屋(ざいおく)となり、042心くらみて人に見捨てらるるに到る。043真に慎み慎むべきことである。
044 神の御光が玉の如く、045鏡の如く、046剣の如く照りますが如く、047この道に住する人の身よりは、048この三徳が白光となって発してゐる。049しかし、050これことごとく神力の応現であって、051自己そのものには一分の力なきことを忘れてはならぬのである。
052 日本人がこの道に向ひ、053この道に住するに立ち至った時、054日本の光は赫々として全世界を照破し、055この地上に天国を招来するのである。056即ち日本の世界統一は武力や金力等によるものではなく、057御皇室の御稜威により、058麻柱の大道によって統べられるのである。