霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

政治の大本

インフォメーション
題名:64 政治の大本 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c064
001 現代の政治家は政治の大本(たいほん)を知らず、002教育家は教育の真髄を覚らず、003宗教家また宗教の何ものたるかさへ(わきま)へず、004その他世の指導的立場にある者ことごとく天地の大本を知らず、005自己の小智小才をもって総てを律せむとす、006誤れるのもはなはだしきものである。
007 「政治」とは祭事(まつりごと)の事である。008円満無上の天国の(かたち)を地上に移し、009天国の御作業を地上に行はせ給ふ「祭事(まつりごと)」で「天上地上の真釣(まつり)ごと」である。010真釣とは、011ちやうど度量衡(はかり)に物をかけて釣り合はす如く、012釣り合はす意義の国語である。013故に完全円満具足の天国を識るにあらざれば、014地上国土の経綸は覚束ない、015天国自然の大御経綸を知らなければ一身一家は(ととの)はない。016ようするに、017天国を知るは国家経綸の根基、018一身一家修斎の大本(たいほん)であり、019日本国大道の根底は実にここにあるのである。
020 「祭」を単に祖神を祭祀する意味とのみ思ふのは大なる誤りである。021しかして政事の本意義はなほこれに(とど)まらず、022この本理を融解して、023弘くこれを宣り伝ふる事が必要である、024これを「(のり)」と云ふ。025(すぢ)」を融解して宣り伝ふる意味である。
026 更にこの(のり)したるものを一切の諸々に結び合す必要がある、027これを「(ゐや)」と云ふ。028ここにおいて一切の諸々は、029その大本理を身に体して、030これを少しも放たぬやうに拳々服膺(けんけんふくよう)して身にしめおく、031これを「道」といふのである。032道といふ国語は、033身に血が満つるやうに少しも離るる事なくひしとしめおく事である。034道は離るべからず、035離るべきは道ではない。036日本の大道は実に厳乎(げんこ)として永遠である。037しかして民は道に住し、038小臣(をみ)(ゐや)を宣べ、039大臣(おほみ)(のり)を行ひ、040君は(すぢ)に住し玉ふが故に、041君、042大臣、043小臣、044民の四階級が必然に生ずる。045全大至尊の極徳が自然に分れてかかる四大分身を生じたもので、046偶然にこの世に出来たものではなく、047天理の然らしむるところである。048現今の人々の中には、049君も大臣も小臣も民も人が勢力の優劣より作り出したるものの如く思ひ居るものもあるが、050これは大なる誤りである。051(ただし外国は然らず)故に一般世上にて称へ居る所の道は真の道ではない。
052 (すぢ)と云ふものがよく諒解せられたる上に(のり)があり、053法が明確になりし上に真の(ゐや)があり、054礼が確立して後に道は天下に行はるるのである。055されば道を説くものは必ずまづ礼を説かねばならず、056礼を説く者は法を説き、057法を説く者は理を知らねばならぬ。058理を究むるは神に基づくべきである。059即ち(まつり)(政治)の本義を営み行ふべきである。
060 故に君の最も貴びます御職掌は祭事(まつりごと)(政治)であり、061大臣は君の命を受けて事を致せど、062同じくその最も貴き職掌は祭事である。063小臣、064民も同様の義理にて祭事が最貴の職掌である。065農業を為すも工業を為すも、066これ即ち祭事と見るが最も根本的の見方である。067宇宙一切をあげて、068一の祭事あるのみ也といふも差し支へない。069ただし君の政事(まつりごと)と、070大臣、071小臣、072民の祭事とは、073その種類自ら異なる所以を善く了得して、074決してその間に一毫も他を犯すところあってはならぬ。