霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神習の道

インフォメーション
題名:65 神習の道 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 皇典古事記は「斯乃邦家之経緯王化之鴻基」と、002天武天皇の詔り給ふ所であって、003大は以て天津日嗣天皇の天ケ下を安国と平けく知しめすべき大道であり、004小は以て臣民の修身斉家の御遺訓であり実に千古不磨の活大経典である。005その規模の神聖偉大にして無限なる、006到底人智の測度すべからざるものである。007故に後世欣慕讃仰(きんぼさんかう)のあまりこの道を神習(かむながら)の道と(まを)すのである。
008 しかるに、009物質文明のみに心酔累惑せる浅学者輩は、010皇典古事記を荒唐無稽の神話くらゐにみなし、011これを奉ずる者を嘲笑熱罵し、012皇道の如何なるものなるかを知らず、013大日本肇国の淵遠なる大御精神を解せず、014祖宗父母の国に背き、015(もと)を忘れ末に走り、016主客の位置を謬れることに気づかぬ聾盲者である。
017そもそも天神(みことのり)して、018諾冊(なぎなみ)二神に天沼矛を賜ひたるは、019漂へる国を修理固成せしむるが為であった。
020伊邪那岐の大神、021命を天に承け給うたのは、022天命を畏るるの(みなもと)を見むとする為であった。
023素盞嗚尊の航海を(はじ)め給ひしは、024九夷八蛮を統一せむがためであった。
025天照大御神の、026皇孫を地上に降し給うたは、027宇内の主権者を定めむが為であった。
028武御雷之男神、029経津主神の、030残賊を撻伐(たつばつ)するは、031神国尚武の典を伝へむが為であった。
032大国主神の、033国土部下を挙げて皇孫に譲られたは、034臣民が(かみ)に奉ずる忠良の典を表明せむが為であつた。
035中臣、036忌部二臣の祖たる、037天児屋命、038太玉命の祭祀を司り、039以て政事(まつりごと)を執ったは、040治と教とを合一せむが為であった。
041大名持命が、042外国を経営し、043かつ医薬禁厭の道を始められたは、044億兆の夭折を救ふ為であり、045蠢爾(しゆんじ)の民を教化せむが為であった。
046保食神の蚕穀(さんこく)の種を化生せしは、047万民衣食の源を開かむためであった。
048五十猛神の八十の木種を播きしは、049生を養ひ、050死を喪するの材を賜はむが為であった。
051大宮能売神の君臣の間を調和し給ふは、052道徳を万世に伝へ導かむが為であった。
053大己貴命の幽府(かくりよ)を治むるは、054人魂(じんこん)をして、055憑帰(ひょうき)する所あらしめむが為であった。
056 その他、057大歳神の年穀を利し、058天目一神の鉄工を(はじ)め、059手置帆負神、060彦狭知神の工匠を始むる、061井神の井戸を掘る、062竈神の竈を造りたる等、063みな天下蒼生の為にするに非ざるは無かったのである。
064 わが肇国(てうこく)の由来はかくの如く淵遠(えんゑん)であり、065尊厳であり、066深厚である。067しかるに夷狄(いてき)の心酔者が、068この肇国の大御精神、069皇道の教を以て無用の長物視することは、070実に言語道断である。