霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

真理の三階級

インフォメーション
題名:70 真理の三階級 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:霊界物語第五〇巻第一章の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c070
001 真理には三つの階級がある。
002 政治法律の大本を過たず、003能く現実に処し、004最善を尽し得るを称して、005低級の真理に居るものと云ふ。
006 君臣、007夫婦、008父子、009兄弟、010朋友並びに社会に対し、011五倫五常の完全なる実を挙げ得る時は、012これを中ほどの真理に居るものと云ふのである。
013 しかしながら、014いかに法律を解し、015政治を説き、016或ひは五倫五常を詳細に説示し了得するといへども、017これを実践躬行し得ざる者はいはゆる偽善者にして、018無智の賤人にも劣る者と霊界において定めらるるのである。
019 愛の善と信の真に居り、020大神の直接内流を受け、021神と和合し、022外的観念を去り、023万事内的に住し得るものを称して、024最高の真理に居る者と云ふのである。
025 故に、026現代において聖人君子と称へられ、027或ひは智者識者と称せられ、028高位高官とあがめられる人物といへども、029最高の真理に居らざる者は、030霊界においては実に賤しく醜く、031かつ中有界または地獄界に群居せざるを得ざる者である。032霊界に行つて、033現界に時めく政治家、034智者、035学者または有力者といはるる者の精霊に出会し、036その情況を見れば、037何れも魯鈍痴呆(ろどんちはう)の相を現はし、038身体の動作全く不正にして四肢(おのの)き慄ひ、039少しの風にも吹き散りさうになつてゐる。040これ凡てが理性的ならざるが故である。
041 現代の人間が、042理性的とか理智的とか物知り顔に云つてゐるその言説や、043博士学士などの著書を見ると一として理性的なるものはない。044何れも不完全なる先賢古哲の所説や教義を基礎とし、045古今東西の書籍をあさり、046これを記憶に存し、047その記憶を基として種々の自然的知識を発育せしめたるものである。048故にただ記憶のみにして、049決して理性的知識ではない。
050 現代の総ての学者は主の大神の直接または間接の内流を受け入るること能はず、051何れも地獄界より来る自愛及び世間愛に基く、052(いつは)りの知識によつて薫陶されたるものなれば、053彼らは霊体分離(死)の関門を経て精霊界に到る時は、054生前における虚偽的知識や学問の記憶は全部剥奪され、055残るはただ恐怖と悲哀と暗黒のみである。
056 凡て自愛より出づる学識智能は何れも暗黒面に向つて居るが故に、057神のまします天界の光明に日に夜に遠ざかり、058精霊界に入りし時は霊的及び神的生涯の準備は一もなく、059魯鈍無智の人間に劣ること数等である。060魯鈍無智なる者は常に朧気ながらも霊界を信じかつ恐るるが故に、061驕慢の心なく、062心中常に従順の徳に居りしが故に、063霊界に入りし後は、064神の光明に浴し、065神の愛を受くるものである。