霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇国の言霊

インフォメーション
題名:73 皇国の言霊 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「人類愛善新聞」昭和六年九月二三日号所収「言霊の幸わう国」を再編したものと思われる タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 総て言葉といふものは、002われわれの生活上にも政治的にも、003最も必要なものである。004また皇国日本の昔からの教にも、005日本は言霊の幸ふ国、006言霊の助くる国、007言霊の生ける国、008或ひは言霊の天照国と云って、009日本に生まれ出でた人々は何れも七十五声の正音のみを自由自在に応用し、010かつ全く円満精朗で、011言葉に権威を伴って居り、012魂が入ってゐるのである。
013  森羅万象ことごとくみな言霊の助けによりて生まれたるなり
014 例へば日本の言葉で「山」といふ事を云へば、015すぐ山を連想し得るやうに「ヤ」と「マ」の言葉の中に、016その意味と力が含まれてゐる。017それで言霊の幸ふ国と云ふのである。
018 これに反し、019外国人の声音はその数少なく、020かつ濁、021半濁、022拗、023促、024鼻音等はなはだ多く、025不正不規律である。026この頃の日本の言葉には、027漢語が交じったり、028英語や仏語等が入ったりして、029何処の言葉が解らぬやうに乱れてゐる。030それが為に日本の思想が乱れ、031政治が乱れ、032宗教が乱れ、033風俗が紊れ、034一切のものがみな混乱状態となり、035中心といふものが無くなったのである。
036  主の神の生言霊の大原理知らずば天地の成り立ち解らず
037 総て宇宙にはアイウエオの五大母音があって、038間断なく鳴り鳴りて鳴り止まず、039天地の造化に任じつつあるのであるが、040大声は耳裡(じり)に入らず、041一般人にはこれを聞知(ぶんち)し得ないのである。042もし神霊学を極め、043鎮魂と帰神の神術に通じ、044言霊の妙用を知るときは、045この五大母音を明瞭に聞く事を得るのである。
046  言霊の正しき人は久方の天の恵みを満たせる神なり
047 神は万物普遍の霊であって、048言霊であり、049霊である。050しかして宇宙に充ち満つるが故にミチ(道)とも云ふのである。051人は天地経綸の司宰者として生を享けたものであるから、052この言霊の妙用を解してこれを実地に応用する時は、053天地万物を自在に動かす事を得べく、054地震、055風雨、056雷電を駆使するが如きは実に易々たる業である。057然るに、058言霊の助け幸ひ天照る国に生まれて来て、059天下修斎の天職ある我が国民がこれを解しないと云ふことは実に歎かはしい次第である。060新約全書の、061
062太初(はじめ)(ことば)あり、063道は神と(とも)にあり、064道は即ち神なり、065この道は太初に神と偕にありき、066万の物これによりて造らる、067造られたるものに一つとしてこれによらで造られしはなし、068これに(いのち)あり、069この生は人の光なり、070光は(くらき)に照り、071暗はこれを(さと)らざりき云々」
072と云ふ章は、073この皇国言霊の消息を漏らしたもので、074この一章を見ても如何に言霊の至貴至重であって、075万有の根本たるかを窺知することが出来る。
076 現在の日本及び世界の混乱不統一は、077要するに言霊の混乱不統一にその源を発してゐるのであるから、078日本から先づ言葉をすっかり統一し、079海外諸国にまで正しい日本語を宣伝し、080それによって世界一家の基礎を固めねばならぬ。