霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇道の神政策

インフォメーション
題名:77 皇道の神政策 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「昭和」昭和九年八月号所収「万人が心から喜ぶ政治」一とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 皇国固有の言霊の活用を知らざる国民は、002今や外国と同様に強食弱肉の露骨な紛争に日も足らざる状態である。003国民は軽佻浮薄(けいてうふはく)なる功利主義に傾注し、004ますます社会の不安を醸成し、005自ら生活難の苦しみに没入して、006真理に基きて国家を守り繁栄を来す道程を知らず、007いたづらに世界の不景気に藉口(しやこう)して何の手段も方法をも講じない。008()して亡国の惨を見るより手のつけやうがない有様である。
009 これは要するに、010皇道の真髄に生くる事を、011国民の上下一般が認識してゐない結果である。012吾人は明治三十一年来一日も欠かさず皇国日本の使命に生くべく、013皇道を唱導して来たものである。014皇道の真髄が了得されたならば、015生活難の如き問題は自然に解消さるべきものである。
016 声調の揃はぬ不完全なる外国人の真似ばかりして来た皇国上下の民衆は、017今ややうやく眼を皇道に転ずるに到つたが、018何れも皮相の研究にして、019これを完全に生かし、020国家を泰山の安きに救ふ事は知らないのである。
021 吾人は未だ皇道政治を行はむとするには、022あまりに不利益な地位に立つてゐるので、023万人の耳には()りがたく、024又はいりても自尊主義の為政者や国民の多数に徹底しないのは、025実に遺憾千万である。026要するに皇道言霊学の普及が足らないからである。027否普及せむと日夜焦慮するも、028西洋崇拝者、029学問万能主義の人物多き現状の皇国には如何ともする方法がないのである。030二十億円や三十億円の一ヶ年間の経済に泡を吹いてゐるやうな政治家では全然駄目である。031皇道の神政策を用ふるならば、032富豪の懐中(ふところ)をあてにせなくとも百億円や一千億円の産出は易々(いい)たる茶飯事である。033吾人はすでにその経綸を蔵してゐるのである。034嗚呼(ああ)言霊の天照る国よ。
035
036 現代人生活を目撃する時、037実に神聖なる祖宗の御遺訓に悖戻(はいれい)してゐる事は最も明かな事実である。038安逸飽食して巨万の財を収め、039かつこれを増殖してますます蛮的欲望を(たくま)しうする。040一方には僅々(きんきん)少額の資財を得むとして得られず、041艱苦辛労その生を終るに至るものあり、042他方には日夜孜々(しし)として勤労し、043なほ妻子を養ふに困難せるものもある。044貧富の懸隔激甚なることかくの如く、045その状の惨然たるかくの如きは何故ぞ。046全くこれ人生悖理(はいり)上より湧起せる国家経済矛盾の因果的現象と()はねばならぬ。047然るに古今東西の学者や為政者輩は、048これを以て人生不離の必然的結果なるが如く信じゐるは、049即ち人文未開の証拠である。
050 天運循還、051ここに世運の進展は国祖国常立尊の世界の中心に顕現せられ、052神聖なる皇祖の御遺訓を顕彰し給ひ、053済世安民の鴻業(こうげふ)を大日本皇国によつて大成せしめ給ふ千載一遇の時機となつたのである。054現代世界の惨状を根本から消滅せしめ、055神国の世に復活せしめる天地神明の大経綸を、056経済的国家家族制度と為すは、057畏くも皇祖の御遺訓に垂示し給ヘる経済の根本要義である。