霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

万民和楽の神策

インフォメーション
題名:78 万民和楽の神策 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「昭和」昭和九年八月号所収「万人が心から喜ぶ政治」三とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c078
001 現今の為政者には、002皇道のコの字も判つてゐない。003だからその云ふこと為すことことごとくが国家の不利益となり、004国運の進展を害し、005国民をしてますます困窮のドン底へ陥れて、006何もかも行き詰り、007メチヤメチヤになつて行くばかりである。
008 為政者ばかりではない、009世の指導的地位にある者の頭の中は、010ほとんんど欧米の唯物的思想で満され、011金銀を以て(もと)とするその国家経綸策に心酔してゐる。012だから皇道も帝道も同じくらゐにしか考ヘてゐない。013その証拠には「日本帝国」と公然称し、014かつそれを怪しむ者が無いではないか。
015 帝道国とは立憲君主国のことである。016日本は万世一系天立君主立憲国である。017即ち皇道の国、018皇国、019皇御国(すめらみくに)である。020畏れ多くも、021我が天津日継天皇陛下は天立君主現人神にあらせられる。022外国に見るが如ぎ帝王と同一視するが如きことあらむか、023不敬もはなはだしいものである。
024 皇国は世界に日本一国のみで、025帝国と混同する事は絶対に許されない。026即ち皇国の皇は「スベル」とも「スメ」とも()む。027故に主、028師、029親の三徳を惟神に具有し玉ひ、030地球上を知食す大君を、031皇御門(すめらみかど)と申し上げ、032皇御孫命(すめみまのみこと)と申し上げ、033日本神国は道義的に世界を統治すべき天賦の大使命を有するが故に皇御国(すめらみくに)と称へまつるのである。
034 要するに世界の宗教も教育も政治も経済も、035すべて皇道によりて統一され、036清められ、037生命を与ヘられ、038進展して行くのである。039即ち地獄的世界の惨状を救ひ、040大和楽世界を建設するの道は、041皇道より他には絶対に無いのである。042これは、043畏くも天武天皇が「邦家之経緯、044王化之鴻基」と詔らせ給ひし、045皇典古事記の序文に明示されてあることで、046一言半句の私見もさしはさんでない。047しかし欧米心酔者には中々理解出来ぬであらうが、048神の分霊たる大和魂を持つ日本人なれば必ず諒解出来るはずのものである。
049 この皇道による救済策の第一歩は、050現代の金銀為本の国家経綸策を根本より改め、051御稜威を(もと)とする国家経綸を行ふことである。052即ち皇道経済を先づ運用すべきであるが、053現代の為政者らには到底出来さうもなく、054具体的に示せば狂人に正宗の名刀を持たすやうな結果になるから、055今しばらく、056その運用の具体的方策については述べないことにする。
057 私はいたづらに大言壮語するものでもなく、058独断の放言でも無い。059私には皇道経済による現社会の救済具体案が完全に出来上つて居り、060既にその試験的工作は終つてゐるのである。061前にも述べた如く、062皇道経済によれば、063富士山を崩して太平洋を埋めるやうな事をしなくとも、064富士山も太平洋もそのままにしておいて──言葉を換へて云へば、065上層階級も下層階級も、066北海道の人も台湾の人も、067インテリもルンぺンも皆一様に喜んで、068一人も不足を云ふ者はなく、069恵良々々(ゑらゑら)(ゑら)ぎ賑はひ、070永遠に栄え行く大神策である。071しかも明日からでも直ちに実行出来得る国家の大経綸策なのである。