霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

天皇と皇帝

インフォメーション
題名:79 天皇と皇帝 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 我が神国日本は、002開闢以来の祖国にして、003万世一系の天皇これを統治し給ふ。004天皇と奉称する所以は、005天祖の御直系にましまして、006他外国の国主の如く対立すべきもの無き至尊至貴の玉体なるが故なり。007然るに古来の史策文章に神武帝、008嵯峨帝、009醍醐帝などと、010帝の字を書きたるは最も非法なるべし。011また今上皇帝などと称し奉ることも、012これまた非法なるべし。013本法にては、014つひに帝とも皇帝とも称し給ひしことを聞かず、015天皇とのみ称し給ふ。016然るを天子にてさへ坐しまさば帝と称し奉り、017皇帝と称し奉り、018王と称し奉りても良きことと思ふは大いに非なり。019支那にては、020三皇は皇と称し、021五帝は帝と称し、022周は王と称し、023秦始皇始めて皇帝と称せしより、024後世これによりて改めず、025その皇と称し、026帝と称し、027王と称し、028皇帝と称せられしことあれども、029そは支那に適用さるべき称号にして、030我が神国に用ふべきものにあらざるべし。031見よ本邦の六国史を、032未だかつて天子の御諡号をつづけて帝とも皇帝とも王とも書きしこと、033ただの一ヶ所も見当らず、034いつとても、035天皇とのみ称し奉りたり。036ただし唐様(からさま)にものされたる日本書紀に磐余彦之帝(いわれひこのてい)037水間城之王(みづまきのわう)など書きし所はあれども、038これも詔勅、039疏奏(そそう)などの文中にたまたま用ひたるばかりなり。040御諡号につづけて神武帝、041応神帝などと称せしことは決して無し。042然るに近代歴々たる博士らもこれを混称する人多く、043非礼のはなはだしきものなり。044世俗の覚えし如くに、045帝は御門、046皇はスベラキ、047王はオホキミ、048何れもみな天子の御事ゆゑに混称しても苦しからぬ事と思惟するは沙汰の限りにして、049これにましたる謬妄(びうまう)は無かるべし。
050 これを思ひこれを考ふる時は、051我が国は帝国にあらずして皇国を称ふべきなり。052天立の君主にして天皇と奉称すべく、053皇帝と奉称するは非礼なりと知るべし。