霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇道の輝くところ

インフォメーション
題名:85 皇道の輝くところ 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:- タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c085
001 吾々日本人はあくまで天祖国祖の御神勅を遵奉し、002かつ実行して祖先の遺風を顕彰すべき天賦の職責あることを片時も忘れてはならぬ。
003 余が先年皇道宣伝の旅に出た時、004ある漁村に宿泊した事があったが、005土地の漁夫はここ十数年間不漁つづきのためにこの村は窮乏の淵に沈んでゐると歎く。006そこでお前たちの崇拝してゐるものは何かと問へば、007吾が家をはじめ一村こぞって仏教の信者ですと云ふ。008余は直ちに漁夫に向って曰く、009不漁なのは当然だ、010何故なれば殺生を戒めなまぐさいものがお嫌ひな阿弥陀様を本尊として朝夕(ぬか)づいてゐるものに漁猟がないのは決して不思議でない、011汝らにして豊漁を得たいと思ふならば海藻のお好きな天祖国祖をお祀りして謹んで祈願せよと諭した。012漁夫は余の教へを村内一般に触れ歩き村民こぞって神祭を行ったところ、013その翌日よりは二十年来かつて無かりしほどの豊漁を得たとて、014余に村中の者が大きい鯛や鰹を持って礼に来たことがあった。
015 以上はただ一例に過ぎないが、016日本は神国である以上、017日本人はどこまでも神国の民としての道をふんで行かねばならぬ、018即ち皇道をさへ歩んで行けば決して行き詰るといふことは無いのである。
019 然るに今や未曾有の非常時に直面し、020上下をあげて混乱の極に達せるは、021この皇道を忘れ、022誤れる外来思想に迷って日本の真の姿を見失ったからである。023日本人たるものはこの際本来の日本人に立ち還り、024この先いかなる思想が蔓延して来ても、025またいかなる事件が頻出しても皇祖大神の御神勅と一天万乗の大君の大御心は夢寐にも忘却することは出来ぬのである。026万々一にもこの事を忘れて外来の思想に迷ったならば日本神国の人民とは云はれぬ、027神界に対し奉り天地容れざる逆臣逆賊である。
028 今や昭和維新、029皇道維新の声は各方面より挙げられてゐるが、030声のみでは何事も成し得ぬのである。031またその中には皇道の何たるかをさへ知らずして、032いたづらに維新の叫びのみ挙げてゐる者もあるやうである。033余が昭和神聖運動を起して天下を遊説しつつあるのは、034道をふみ迷ふ多くの人々に真の大道即ち皇道を教へ、035皇国大使命のいかに重大であり、036かつ栄光に満てるものなるかを闡明するためである。037即ち済世済民の皇道は天理人道を明らかにし、038祭政一致の教政は国体の精華を発揚し、039国威は四海を風靡して天下の無道を糺明し、040世界の無明を光被するのである。
041 天津日嗣天皇が皇憲を世界に宣布し玉ひ、042以てその御天職を実践し玉ふや、043ここに国際的競争はたちまち文明の競争と化し、044生活の不安は直ちに鼓腹和楽と化すのである。045皇道の輝くところ、046驕慢怠惰(けうまんたいだ)奢侈淫邪(しゃしいんじゃ)は殲滅し社会は刷新して、047永遠の世界大平和が成就するのである。