霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇国の姿に還れ

インフォメーション
題名:88 皇国の姿に還れ 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大日本皇国は、002畏くも伊邪那岐、003伊邪那美二柱の神、004この漂へる地球(くに)修理固成(つくりかためな)し給ふ時、005先づ最初に創造(うみな)し給へる豊葦原中津根別の国にして、006皇孫命(すめみまのみこと)永久(とことは)に統を垂れ、007天下統一の経綸を進め給ふ地の高御座なり。008されば平田篤胤翁も『霊能真柱(たまのまはしら)』に
009「我が天皇命(すめらみこと)はしも産霊大神、010天照大御神の御孫(みすゑ)()すが上に、011かかる(いはれ)の坐すなれば、012青海原(あおうなばら)(しほ)()八百重(やほへ)(とど)まる限り、013この国土(くに)にありとある百八十(ももやそ)の国々を(ことごと)所知(しろし)すべき大君(おほぎみ)に坐すこと弥々益々(いよいよますます)灼熱(いちじる)し。014見よ見よ、015今はなほ外国々(とつくにぐに)酋長(かしら)ども、016王がほこ支配(うしはぎ)し居れども、017(つひ)(ことはり)の如く百八十船の棹舵(さをかぢ)干さず、018(みち)つらなめて貢物(みつぎもの)(たてまつ)り、019畏み仕へ(たてまつ)るべき(ことはり)明かなるものぞ。020あなあはれ楽しきかも、021(よろこ)ばしきかも、022時の往きければ、023その(きざし)の既に(もえ)来ぬるを、024あなあはれ人は知らずも」
025と曰へり。
026 かくて悠久三千年、027皇国の光を和げ塵に(まじは)り、028全世界の文化をことごとく引寄せて、029天機熟するを待ち給ひしは実に神路幽厳(しんろいうげん)の一大経綸にほかならざりしなり。030すべて他を化せむとする者は先づ自らの心の鏡に他を映さざるべからず。031されど己が心をうつろひて他に移し行くは、032すでにすでに他に征服されたるものと云ふべし。033映す心は持つべし。034されど心は移すべからず。
035 明治維新、036開国進取の皇謨(くわうぼ)は「智識ヲ世界ニ求メ大イニ皇基ヲ振起スヘシ」との明治天皇の大御心に基づきしにも拘はらず、037その後の為政者、038学徒達はいたづらに外国思想求入にのみ是れ努め、039皇国本来の大精神を忘却するにいたれり。040かくて明治天皇は移り行く民の心を歎かせ給ひ、041或ひは御製に或ひは聖諭、042御詔勅に、043民草(たみぐさ)の心を戒め給ひしこといくばくぞや。
044 然るを時の流れとや云はむか、045物質文明に惑溺したる国民は、046つひに光輝ある神州をしてかくのごとき冷酷無惨なる国土となさしめたり。047ああ! 吾ら何の(かんばせ)ありて明治天皇の聖霊に復命(かへりごと)申さむや。
048 されど我が国は神の護らす神国なり。049諸々の枉事(まがこと)罪穢れを祓ひ清むるは御禊(みそぎ)神業(かむわざ)なり。050()に昭和六年九月十八日、051満洲事変の突発は長夜の国民的惰眠を覚醒せしむる天の叫びなりしなり。052かくて肇国の大精神に立ち還り、053日本本来の真姿に目醒めたる皇国は昭和八年三月廿七日、054満洲帝国の独立を尊重し、055その健全なる発達を促すを以て東亜の禍根を除き世界の平和を保つ(もとゐ)なりとし、056遂に国際連盟脱退の通告を発したり。
057 そもそも国際連盟は世界平和、058国際協調の美名の下に、059白色人種の既得権をのみ擁護し、060いよいよこれを伸張せむとする陰謀の府にして、061皇国天賦の使命達成のためには、062これと必然的衝撃を免れ得ざる所なり。063いはんやその背後には世界の国境を抹消せむとする野望を抱く猶太民族の蟠居(ばんきょ)せるをや。
064 当る三月廿七日(昭和十年)はいよいよ名実共に皇国が連盟の羈絆(きはん)より離脱して神聖なる皇御国(すめらみくに)の真姿に立還る記念すべき日なり。065この時に当り、066吾ら日本の臣民たる者は、067神代より一貫せる皇国の大指導精神に立脚し、068列聖の聖詔を奉戴して億兆心を一にし、069宇内皇化の天業に勇往邁進すべきなり。
070 然れども方今世界の状勢ますます紛糾の極に達し、071我が国また非常の時艱に遭遇す。072これまさに没落せむとする西欧文明最後の悶えにして、073また新たに生み出されむとする皇道文明の産褥の悩みたらずむばあらず。074天のまさに大使命をその国に降さむとするや、075必ずやその試練は熾烈なり。076吾らは祖先が一死奉公、077以て金甌無欠の国体を守護し奉りし忠誠を神習ひ、078進んでこの非常時を突破し、079遂には万里の波濤を越えて国威を四方に宣布し天下を富岳の安きに置き、080以て聖慮に応へ奉らむことを祈念するものなり。