霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

天国の国体や如何

インフォメーション
題名:90 天国の国体や如何 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c090
001 予はかつて基督教の有名なる牧師達に、002天国の国体や如何(いかん)003天国の政体や如何、004を詰問したことがある。005しかし何人(なんぴと)も、006予の詰問に対して満足なる解答を与ふる者は無かった。007「天国は近づけり」と教へ「天になる如く地にも成らせ給へ」と祈るといへども、008その天国の状態が判らないでは、009おそらく地上に天国が建設された時に狼狽するであらうと思はれる。
010 治乱興亡幾千載、011総ての人類が翹望(げうばう)し、012幾多の聖賢が胸に描いた理想天国の国体は、013実に大日本皇国の神聖なる国体そのものであり、014仰ぐも畏き神の御国の政体は、015実に皇道日本マツリゴトの義にほかならない所以を覚るべきである。
016 心を空しくして神に祈り、017吾らは天孫の臣であり神国の民であるてふ自覚に生きよ、018しかしてありし日の日本、019またあらしむべき日本の真の姿を凝視せよ。020吾らは祖先に神を通じて同胞であり、021頭上に日の御子を戴いて一体であるのだ。022神は吾らの父であり皇室はその御本家にましますのである。
023「海行かば水づく(かばね)024山行かば草むす屍、025大君の()にこそ死なめ」と民歌へば「急ぐなる秋の褥衣(しとね)にこそ夜寒の民の心をも知れ」と君詠じ給ひ「たらちねの親の守りと相添ふる心ばかりは関な(とど)めそ」と親唱ふれば「父母も花にもかもや草枕旅は行くとも捧げて行かむ」と子これに和す美はしの至情、026これをしも天国といはずして何れに天国を求めむとするか。
027 これに対して諸外国の状態や如何。028君臣の義を解するに権利義務の規約を以て律し、029国家の本姿を理するに利益主義の観念を以て基とする。030かかる現実に立脚して理想の天国を求むる者が、031雲より下るメシヤを祈り待つはまた当然である。
032 しかし吾々神州の民は、033ありし日の正しき日本、034あらしむるべき真の日本を建設することによって天国を地上に移すことが出来るのである。035皇国の政体は祭政一致である。036これが即ち天国の政体なのである。037祭政一致の真意義は、038神と国と君と民との「真釣(まつり)ごと」である。039度衡(はかり)に物をかけて相等しく真釣合ふ神人合一の義である。
040 かるが故に大祓は国家治要の根本義であって、041大嘗祭はまことにその至重の祭事たるべきものである。042しかして大祓には大潔斎と中潔斎と小潔斎の三つがある。043小潔斎は一身を清め一家を清める法にして、044中潔斎は国土を払ふものにして、045大潔斎は天地の妖気を払ひ乾坤(けんこん)を清むるものをいふのである。046故に我が国のマツリゴトは最高天国の姿をそのまま移写したるものであって、047地上天国とは皇国日本惟神の国体をいふのである。
048 されば天津日嗣天皇御即位の大典は、049天地御継承の一大秘事であって、050天津金木によって研鑽されたる御儀相(おんぎさう)は、051その幽玄荘厳なる、052実に天国自然の大神秘を示させ給へるものである。053天国を説き神の国を口にする者は、054先づ皇国日本の国体を研鑽しマツリの本義を究明すべきであって、055然らざる地上天国論はことごとく蜃気の楼閣に等しきものである。