霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

ダニエルの予言と神国日本

インフォメーション
題名:91 ダニエルの予言と神国日本 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正七年四月一五日号所収「国教樹立に就て(承前)」の中に似たような文章がある タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 二六〇〇年の昔バビロンの王ネブカドネザルがある夜巨人の像を夢みた。002その像は首は金で、003胸と両腕は銀、004その腹と(もも)とは銅で、005その(はぎ)は鉄、006しかして脚と(ゆび)とは一部は鉄で一部は泥で出来てゐた。007しかして一個の石が人手を()らずして山より()れ落ち、008その巨像の足を撃ったと思ふと、009たちまち巨像は夏の禾場(うちば)(ぬか)の如く粉砕して風に吹払はれ、010これを撃った石は大なる山となって全地に充ち拡がったといふのである。
011 この時、012神を信ずる青年ダニエルはその夢の密意を解いて、013その巨象こそ治乱興亡の世界歴史を示すものであって、014最後に人手を藉らずしてある国が現はれて、015諸々の国を打砕き世界を統一するものなることを予言したのである。
016 果たせるかな、017金の国バビロン、018銀の国ペルシヤ、019銅の国ギリシヤに相次いで倒れ、020鉄の国ローマもまた北方より侵入したる泥の国ゲルマンに滅ぼされ、021今や欧羅巴(ヨーロッパ)(あしゆび)の如く、022鉄と泥との小国に分離して互ひに相争ひ、023混沌として帰一する所を知らざる状態に陥ってゐるのである。
024 かくしてその予言は今日までことごとく的中して来たのであるが、025然らばダニエルの言った「この王らの日に、026天の神一つの国を建て給はむ、027()はいつまでも亡ぶる事なからむ、028この国は他の民に帰せず、029かへってこの諸々の国を打破りてこれを滅ぼさむ、030()は立ちて永遠に至らむ」とある世界統治の大使命を課せられたる国家、031即ち人手を藉らずして成りし一個の石は、032果してどこの国を指示するものであらうか。
033 視よ! 今日の欧羅巴はまさに奈落の底に転落せむとするものの最後の(もが)きである。034しかしてかく欧羅巴が滅び行く苦悩に呻吟してゐるその時、035桜咲く東方日出(ひので)の国では、036新興満洲国皇帝陛下を御迎へして、037国を挙げて感激に浸り、038両国の親和契盟はいよいよ鞏固を加へた。039これこそ没落欧羅巴と黎明亜細亜の姿を如実に描き出してゐるものでなくして何であらうか。
040 この際吾々日本人は何物にも囚はれない活眼を開いて世界の形勢を洞察し、041吾々の為さねばならぬ使命を天の声に聴くべきである。042亡び行く欧羅巴を模倣するものに破綻が来たり、043伸び行く日本精神に生きるものに光明の世界が展開する。044それは誰にでも解る至極平凡なる真理である。
045 人手を藉らずして建てられたる国とは、046天祖天照大神の開き給ひし神国日本である。047しかして人手を藉らずして造られた道とは、048人の智をもって築かれた欧米の理論哲学でもなく、049人によって説かれた道徳や宗教でもなく、050実に天地剖判の時より吾らの魂の中に伝へられたる「神ながらの大道」なのである。051しかし世界がかくの如く旧き殻を打破って新たなる生に活きむと悩んでゐる如く、052日本もまた欧米模倣の旧殻を脱して新日本文明の建設に苦闘してゐるのである。053しかしてもし日本が一日でも早くこの大道に覚醒して国内の立直しを完成したならば、054それはただに我が国の為に慶賀すべき所以たるにとどまらず、055全人類のこの苦悩を一日でも早く(なほ)す所以であって世界の為に祝福さるべきことである。
056 だがもしも神から課せられたるこの大使命を日本が怠るやうなことがあったならば、057功罪共にその(せめ)の重大なるをもとより覚悟しておかねばならぬ。
058 皇道の大精神に叛くものは、059あだかも夏の禾場(うちば)の糠の如く風に吹き払はれる。060それは国の外と内とを問はない。061政治も経済も宗教も道徳もことごとく八咫の鏡に照らされて(さば)かれる日が来たのである。062そしてダニエルの予言が、063いよいよ神国日本の飛躍によって完成される時が来たのである。