霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

霊の本の力

インフォメーション
題名:92 霊の本の力 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「神聖」昭和一〇年七月号所収「『神聖運動』とは何か」の「皇道外交の確立」の抜萃・再編 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c092
001 霊界とは想念の世界であつて時間空間を超越した絶対界である。002現実世界は総て神霊世界の移写でありまた縮図である。003霊界即ち(判り易くいへば)精神界の真象を写し出したのが現界即ち自然界である。004故に現界を称してウツシ世と言ふのである。
005 例へば一万三千尺の富士山の姿を小さな写真にうつし出した時、006その写真がいはゆる現界即ちウツシ世であるのである。007故にわづか一間四方くらゐの神社の内陣でも、008神霊界においては、009ほとんど現界人の標度で見たならば十里四方も二十里四方もある広大なるものである。010また一尺足らずの小さい祭壇でも、011八百万の神々や祖先の神霊が狭隘(けふあい)を感じ給はずして鎮まり給ふのは、012すべて霊界は情動想念の世界であつて自由自在に想念の延長をなし得るからである。
013 我が国を日の本と称するのは()(もと)の意なのである。014(れい)の字は産霊神(むすびのかみ)015直霊魂(なほひのみたま)の如く和訓ではヒと云ふのである。016それに対して外国のことはこれをカラの国といひ、017カラとは殻であり空であり体である。
018 この消息がハツキリと解つたならば日本と世界の関係も自ら明かとなるべきものである。019日本の国土は全世界に比較したならば小さい、020その人口も少ない。021物質的に現界的に見るならば世界のうちの一存在に過ぎない。022しかしこれを神霊界から見る時は全世界に拡大する偉大性を持つてゐるのである。023ことに満洲事変の勃発と共に我が国民が日本精神に覚醒するや、024国威の伸張はまことに素晴しいものがある。025国が小さいからと云つてまた人口が少ないからと云つて吾々は少しも臆することはない。026国民が無限の延長性を有する日本魂(やまとだましひ)に生き切る時に、027全世界は皇国の大御稜威に(まつろ)ふやうになつて来るものである。
028 今日までに我が国は東西古今の一切の文明を吸収して来た。029その為に幾多の犠牲を払つたことは史実の明示する所である。030しかしそれはあだかも心臓が汚れたる血液を浄化して再び全身に送り出して四肢五体を養つてゐるやうに、031不撓不屈(ふたうふくつ)の苦闘は日本天賦の使命なのである。
032 今日の我が国内は、033あまりにも汚れた血液を浄化しようとする、034心臓の活動さながらの状態であつて、035これが立派な血液に仕上げられた暁には、036また強圧なる力を以て毛細管にまで送り出されねばならぬのである。037それには一方(ひとかた)ならぬ努力と奮闘を必要とすることは勿論である。038しかし日本人が霊の本の精神力に生きて、039これを全世界に拡大延長する気力を得たならば、040この漂ヘるカラの国々を救ふことは決して難かしい問題ではないのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)