霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇典と財政経済の真諦

インフォメーション
題名:93 皇典と財政経済の真諦 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c093
001 皇典古事記中巻、002帯中日子天皇(たらしなかひこのすめらみこと)仲哀天皇の段に曰く
003於是(ここに)大后(おほさき)帰神(かむがかり)して、004言教へ覚し(たま)ひつらくは、005西の(かた)に国有り、006金銀(こがねしろがね)(はじめ)と為し、007目の炎燿(かがや)種々(くさぐさ)珍宝(たから)其の国に(さは)なるを、008(あれ)今其の国を()せ賜はむとのりたまひき」
009と。010ここに慎みてその要旨を記し奉り、011大日本神国の財政経済の真諦を証せむとす。
012(一)西の(かた)に国有り
013 西の方とは言ふまでもなく極東日本国を位置より西方を示し給ふものにして、014全世界の国々を指し給へるなり。
015(二)金銀(こがねしろがね)(はじめ)と為し
016 金銀を(もと)と為すと示し給ふは即ち国家経綸の根本経済が金銀本位を基礎と為し居る国柄の事なり。017この御神勅の御言葉は現代の日本人が最も心魄(しんぱく)に徹底して拝聴し奉るべき一大事にして、018この御教覚の御一声により古今二千年間の迷夢を醒破せざるベからざるものなり。019しかも今日の世界はただに経済問題のみならず、020政治も道徳も芸術も宗教もことごとく金銀を(もと)として動きつつある観あり。021この金本主義は大日本国体の本義と絶対に矛盾せるものなる事に注意せざるべからず。
022(三)目の炎燿(かがや)種々(くさぐさ)珍宝(たから)其の国に(さは)なるを
023 この意義は物質文明の極度に発達したる(いひ)なり。024そもそも我が国を日の本と称するは言霊より説けば「精神を本とする国」の意なり。025ヒは()にして()なることは既に述べたる所なり。026これに対して外国をカラの国といふ。027(から)にして(からだ)の意なり。028即ち物質を主とするなり。
029 今日の世界混乱の根本由因を洞察せよ。030ことごとくその中心に霊を失ひ陽を得ざるが故に暗黒たるなり。031例へば今日我が国の教育や如何。032精神を無視し魂を除外して、033ただただ制度規約即ち(から)の学問の研究を以て終始せるに非ずや。034現下皇国教育の悩みは、035実にこの殻の学問に魂を与へ陽の光を点ぜむとする更生の苦悩たるなり。
036(四)(あれ)今其の国を()せ賜はむ
037 この御言葉に最も注意せざるべからず。038この「(あれ)」とは過去無限、039未来永劫に亘らせ給ふ絶対我にましますこと明かなり。040即ち皇大神の御聖徳と拝するも天津日嗣天皇の大御稜威と申し上ぐるも可なり。041またその大御稜威に(まつろ)ふ皇国日本と見るも、042皇道精神に指導されたる皇国民と解するも不可ならず。
043「其の国を()せ賜ふ」と詔り給ふは昭和現代に帰順せしめ賜ふ御事なり。
044 ここに天下を安らけく平けく統べ治むる御天職を保ち給ふ天津日嗣天皇が、045その大御稜威を発揮し給ふ時運到来して、046世界の人智は以て皇道の教化に浴するの程度に達し、047世界航運の発達を以て天津日嗣天皇の教義を宣伝流布し、048皇道を宣揚して世界を経綸し、049以て御国体の本義を顕彰するの時代に到達したり。050故にその世界各国を総攬せむが為に、051古来国華の光輝を隠し給へる神聖なる皇祖の御遺訓をここに顕彰し給ふのみならず、052昭和皇道発展の機会に帰着せしめ給ふ御神慮なる事は一点遅疑の念を挟むべき余地なきものなり。053これみな皇祖皇宗の神々の御稜威の然らしめ給ふ御事なり。054この由来は皇典古事記及び神訓の真義を拝察する時、055自然に悟了さるべし。
056 我が皇国は世界の中心にして大倭豊秋津根別の国といひ天恵の宝庫は随所に存在すれども、057現代の科学や文明は未だ以て完全の域に達せず、058宇宙に充満偏存する無尽蔵の大富源を開発することに着手する能力は絶無なり。059この天産を完全に開発し、060天恵無尽の利沢(りたく)を人生に均霑(きんてん)せしむることは、061実に日本国民の天職的責任なり。
062 然れども、063そは皇道の真義を悟らず、064祖宗の聖訓を閑却せる為政者や、065西洋の偽文明に心酔惑溺せる日本の学者輩の到底企て及ぶべからざる所なり。066宜しく皇国の指導的地位に立つ為政者や学者達は先づ皇国御国体の神聖に透徹し、067皇典古事記その他列聖の詔書を拝読して、068皇国の大使命を覚り、069内に正しき道を樹てて以て聖慮を安んじ奉り、070外万邦に皇基を振起してこの暗黒の世を救済すべきなり。071口に皇道を唱へてしかも斯道(しだう)を踏まざる者、072他に御国体を説いて自ら大道に(まつろ)はざる者は実に皇道の賊なり。073為政者たるものは(すべか)らく真誠、074英断、075恭謙、076以て皇民に光輝ある安住所を与へよ。