霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

日本人の信仰

インフォメーション
題名:96 日本人の信仰 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 今日の宗教家達は、002かかる点において耶蘇は偉いとか、003かかる方面において釈迦が優れてゐるとかを盛んに論争して寧日なき有様である。
004 耶蘇にしても釈迦にしても、005人類が生んだ最も偉大なる聖者であることに何ら疑ひの余地はない。006しかしかかる偉人の優劣を比較論争してゐる暇があったら、007どちらでも良い、008その百分の一の人格にでも自己を磨き上げることがより尊いことである。009二千年も三千年も昔に世を去った人々の思想を色々と詮索することが無用だとは云はないが、010それよりも目の前にある少しでも立派な人の美点を学んで自分自身の魂を向上させることが、011より一層大切なことである。012自分の魂を磨くことを忘れて大聖人の(おしへ)をかれこれ論ずるのは天を恐れざる不虔(ふけん)の行為である。
013 信仰なるものを偉人崇拝と同一に考へてはならない。014吾々が親を慕ふのは、015親が偉いからといふのでもなく、016親から恩を受けてゐるといふ理窟から来るものでもない。017人の心の奥底から湧いて来るやむにやまれぬ純情の発露なのである。018信仰とは生れ赤子の乳房を慕ふ自然の情動そのものなのである。
019 人間が神様を信仰するのに、020神様が偉いからとか、021神様に恩を受けてゐるとか論じなければならぬやうになったら、022その信仰は本当のものではない。023また日本人が天子様に忠を尽すのも、024かかる理窟によるのではないのである。025人間が一切かかる理論を抜きにして、026自然ながらに神を崇め、027民として君を敬ひ、028また子にして親を慕ふやうになったなら、029天下は既に治まり地に楽土が自ら出現するものである。
030 然るにこの美しい心情に段々と汚れが生じて来て、031始めてここに世の乱れが兆し、032遂に聖人君子が仁義の道を説かざるを得ざる状態となるのである。033親を忘れ君を忘れまた祖神を忘れて異国の聖人を仰ぐ本末転倒またはなはだしい。034自分の親よりも人格的に如何に立派な人があっても、035親を捨ててその人に孝を尽すのは誤ったことである。036これは誰が考へても至極平凡な真理である。037それだのに今日の宗教家達にこの理が判らない人々がなかなか多い。038基督教徒の中には、039耶蘇が「カイザルのものはカイザルに、040神のものは神に……」といった言葉に基づいて、041神と君とを対立させるやうな考へ方をしてゐる人が往々ある。042耶蘇は猶太人である。043カイザルはその猶太の国を亡ぼして同胞を虐げてゐる羅馬の王である。044猶太人である耶蘇がその羅馬の王に対して反抗的な考へを持つのは当然すぎるほど当然である。045然るに何ぞや、046耶蘇の精神内容をも解し得ずして、047幾千年の久しき間、048吾々の祖先が血を以て護りし祖国を忘れ、049一切を捧げてつかへ奉りし天津日嗣天皇を畏れ多くも神と対立的に考へるとは何たる浅見であらうか。
050 今日の宗教家の説いてゐる信仰はことごとく(もと)を忘れた末葉哲学である。051信仰とはそんな難しい別世界ではない。052草木が太陽に向って伸びて行き、053水が低きに流れるが如くに、054あるがままの自然の姿が信仰なのである。055聖書を読まねば救はれないとか、056八万四千の経文を読まなければ悟れないとか、057信仰の世界はそんな狭い道ではないのである。058日本人の信仰は、059遠く祖先から子々孫々に、060広く国家から家庭及び個人に、061神ながらの生活にしっくりと融け込んでゐる信仰である。062信仰を離れて祖先もなく国家もなく、063政治もなく、064法律もない。065難しい理窟を捨てて、066本当の日本人になれ。067然らば天国に昇るはいと易く、068地獄に陥るは駱駝が針の穴を通るよりも至難の業となる。