霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

直感の力を養へ

インフォメーション
題名:100 直感の力を養へ 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:「人類愛善新聞」昭和一〇年八月二三日号所収「直観力を養へ」と同じ) タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 神とは隠身(カクリミ)といふ意味であつて、002人間の肉眼で見られない存在、003物質の尺度で測ることの出来ない世界をいふのである。
004 ところが世間にはよく余に向つて「神をこの目で見せて貰ひたい、005そしたら神の存在を信じよう」と云ふ人がある。
006 大体「信」といふ字は人扁に(ことば)と書いてあつて、007真人(しんじん)(ことば)を尊重し聖人の(ことば)に従ふ心である。008ところが今の世の人々は「目に物を見せられ」なければ、009人の言を信ずることの出来ない強情な心になつてゐるが、010その心は既に「信」ではないといふことに気付かねばならぬ。
011 それで余は常にかかる人々に次のやうに答えてゐる。
012「人々は鯨が大きな動物だといふが、013太平洋の真つただ中には脚の長さが二里もある大きな烏賊(いか)が棲んでゐる。014しかしてその脚に触れて時々船が沈没することがあるが、015人々はそれが烏賊の所為だとは気が付かない。016また西伯利亜(シベリア)の広野には、017雪や氷に(うづ)もれて二万年も三万年も眠り続けてゐる巨獣がゐる。018しかして何も知らない人間達はその上へ鉄道をつけたり要塞を築いたりして気張つてゐるが、019その巨獣が一度目を醒まして欠伸(あくび)をしたら、020どんな珍事が起きるか想像だに出来ない。021今かかる動物の頭をここに持つて来て君に見せたところが、022果して君にはそれが判るだらうか。023しかして神の御姿はモツトモツト大きなものだよ」
024と。025肉眼や尺度で神を知らうとすることは群肓象評以上の愚かなことである。026だが「信」のある人、027聖人の言を信じ聖典の教を尊ぶ人には、028野に咲いてゐる一片の草花にも、029空を飛んでゐる一羽の鳥にも、030神の力と愛を有難く感得することが出来るものである。
031 神の存在を否定する人々に難しい理屈は禁物である。032野に咲いてゐる百合の花を見せて、033もしその人が「美しい」と言つたらそれでよいのだ。034その人は充分に神の存在を知つてゐる人である。035即ちその人は理屈で神を否定しながら直感で神の存在を知り、036肉眼で神を見ないが既に魂のドン底で神の私語(ささやき)を感得してゐるのである。037しかして前に言つた如く、038神は理屈で論ずべきものでなく、039肉眼で見るべきものでなく、040直感で知り心の私語(ささやき)で感ずべき存在なのであるから、041神を否定してゐる科学者や理論家達も、042結局科学や理論では神は判らないといふことを証明してゐるに過ぎないのである。
043 昔の人間は直感即ちいはゆる第六感が鋭かつた。044だが今日の科学は最低の直観を基礎として立てられたものであるがために、045段々とその第六感をも鈍らしめて来たのである。046それは人類にとつて大変な損失であつて、047どうしても今後の学問は科学的に人間の智慧を向上せしめると共に、048神より与へられた人間の直感力をいよいよ発達せしめて、049両々相まつて人類の福祉に貢献せしめるやうに努力せねばならぬ。050たとへば近代の建築家がただただ機械の精巧のみに頼らずして我が国伝来の蟇目(ひきめ)の故実を修得して、051その両者を併用するうあうになつた暁は、052おそらく全世界を驚倒せしむべき建築界の革命をもたらすことが出来るであらう。053その他総ての方面に亘って機械の能力と共に、054我が日本人独特の直感力をますます発揮した時こそ、055初めて独自の超人的科学文明を日本から全人類に教示することが出来るのである。
056 日本の科学者達は一日も早く欧米の糟粕(さうはく)に甘んぜず、057伝統的大精神に目醒めて一大奮起すべき日に到ってゐることに気が付かねばならぬ。058これが即ち吾人の称する皇道科学なのである。