霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

応病施薬

インフォメーション
題名:102 応病施薬 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c102
001 腹が減ると飯が食べたくなる。002それは経験によって人間が修得するものでなく、003生まれながらに神から与へられた本能である。004この本能はただに肉体方面に働くのみでなく精神方面にも働くものである。005即ち人間の精神が健全であると、006物の正邪善悪は、007ちゃうど腹の中から空腹を訴へると同様に、008心の中から私語(ささや)く声によって判断することが出来るものである。
009 人として神を崇め君を尊びまた親を敬はねばならないといふくらゐのことは、010精神的本能の基本であって、011腹が減って飯が食べたくなる程度のものである。012ところが文明になるに従って段々胃腸患者が増加して、013欲望ばかりは無暗に募りながら、014しかも何を食っても美味くなく、015いつも青い顔をして吐息をついてゐる人間がウヨウヨしてゐるが、016それと同様に敬神忠孝の道すら判らない精神病患者が余りにも多い今の世の中である。017人として君に忠を尽し、018親に孝をなさねばならぬくらゐのことは、019何ら理窟を列べなくても自ら判らなければならぬはずである。
020 しかし、021君に忠を尽すことに苦痛を感じ親に孝を行ふことを嫌悪する人間は、022その汚れた自分の魂を隠すために「なぜ君に忠を尽さねばならぬか、023なぜ親に孝を行はなねばならぬか」と反問し議論する。024だが、025そんなことを論ずる人間は既にその魂の汚れてゐる証拠であって、026一種の精神上の病的現象なることに気がつかねばならない。
027 しかして地上に現はれた幾多の聖賢はかかる病人を医す為に天より降された医者であって、028その教理はちゃうど医薬に相当するものである。029故に今日までにかかる精神的病者の最も多かった国に多数の聖賢が現はれ、030この病気の最も猛威を逞しうした時代に種々雑多の教理が説かれてゐるのである。
031 ところが「良薬口に苦し」で胃病患者は甘い薬を要求し、032肺病患者は文化療法を喜ぶものである。033故に如何なる時代においても名医の投ずる神薬は退けられ、034雀は常に藪にのみ蝟集(ゐしふ)するものである。035即ち日本の昔に言挙げの教理が無かったことは、036吾らの祖先が空気を呼吸する如く神を崇め、037水を飲む如く君を敬ひ、038飯を食ふ如く親を尊んでゐた証拠であって、039それによってのみこの金甌無欠(きんおうむけつ)の国体が維持されたものである。
040 然るに精神病患者の充満してゐる今の世の中は、041無暗に皇道の理論が尊ばれ八万四千の経文が有り難がられる。042だがものの道理は今も昔も変りは無く、043名医の神薬はいつも患者の口に苦いものである。044種々雑多な宗教が次々に現はれ、045色々な教理が各方面から説かれるのは、046一面時代の要求ではあるがまた末世の一現象と見ることが出来る。
047 故に真の健康体を養ふためには、048どうしても神より与へられた精神的本能に目醒めることが大切であって、049教理なるものは第二義的の医薬に相当するものなることに気付かねばならぬ。050しかして今日の世の中は、051なるほど医薬そのものはなかなか立派なものがあるが、052応病施薬の名医が無いのが遺憾である。053もし真に仏教が復興するのなら釈迦に匹敵する人物が顕れなければ嘘である。054また基督教が更生するためには耶蘇が今、055再臨しなくては駄目である。
056 ともかく今日の宗教復興は、057胃病患者に肺病の妙薬を与へ、058脳病人に心臓薬を与へてゐるやうなものであって、059一時の安心底本は「安神」は得られるかも知れないが、060病魔の根本的治療は恐らく不可能事であらう。