霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇道と人類愛善

インフォメーション
題名:104 皇道と人類愛善 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 火は水の助けによって燃え、002その気高く天に昇る。003水はまた火の力によって横に流れ、004広くこの()を潤す。005天地間における生成化育は一つとして水火の交はり陰陽の結びに()らないものはない。
006 しかして人の心が火の如く縦に働く時、007敬神、008崇祖、009尊皇、010報国の皇道精神となり、011水の如く横に流れる時、012四海同胞、013相互扶助の人類愛善の精神となるのである。014故に如何に神を敬ひ君を尊ぶといへども真に人類愛善の大精神を忘れてゐたならば、015それはあだかも既に水気を失った灰を熱するが如く遂に発火するには至らないであらう。
016 それと同様に、017如何に四海同胞を唱へ相互扶助を云々しても、018もしそれが皇道精神を基調とするものでなかったならば、019あだかも熱の無い水が氷雪となって万物の成長を阻害するやうな結果に陥るものである。
020 今や我が国にもまた世界にも、021国家主義と協調主義の対立抗争が日増しに激化しつつあるが、022如上(じよじやう)の如く愛善に基づかざる国家主義は必ず世を混沌より破壊に導き、023皇道に悖戻(はいれい)せる協調主義はつひに人類を衰退より滅亡に陥れるものである。024満州事変勃発と共に、025我が国民が永年の退嬰追従の協調主義から進取独立の自主的精神に立帰ったことはまことに結構なことであるが、026もし皇道即ち愛善の真義に徹することが出来なかったならば、027国家をして弥栄の道に進ますことは絶対に不可能である。
028 しかして余の唱ふる人類愛善の精神とは、029今日一般にいはれてゐる人類愛とははなはだしくその意義を異にするものである。030即ち人類とは人群万類の意であって、031この地上に住む二十億の人類はもちろんであるが、032進んで禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)033草木石土(さうもくせきど)に至るまで、034宇宙の万象をことごとく神より発する愛を以て抱擁する意なのである。
035 愛善は神より発する最高至大の真愛であって、036人がその至善の愛を慕ひ求むる心、037これに住する心を愛善の精神といふのである。038故に物質に内在する愛善の力を正しく利用する道が真の科学なのである。039たとへば今日の電気科学は水や火から発する愛善の力を応用したものであり、040農業や牧畜や漁業は、041動植物の愛善を人間の福利に供せむとする業なのである。042また人の心に神ながらに内在する愛善の力を発揚せしめて、043以て国家社会を正しくする道が政治であり経済であり教育である。
044 故に人類愛善とは天文、045地文、046人文の一切を正しくそのところに在らしむることであって、047余はかかる意味において人類愛善のことを「宇宙の大本(たいほん)」「皇道の大本(たいほん)」といってゐるのである。048しかして愛善を基調とせざる科学は愛悪科学であって、049かかる科学は結局人類を真の幸福に導くことが出来ず、050かへって科学文明の発達のために混乱と破壊をこの世に招来するものなのである。051愛悪政治、052愛悪経済、053愛悪教育は利己心に基調をおいていたづらに人の心に競争心を誘発せしめるものであってその(みち)は憎悪と闘争、054その終りは永遠の破滅に至るものである。
055 今の世界を見渡すのに、056平和を渇仰(かつがう)する者も闘争を礼賛する者も、057ことごとく「人類愛善」の大義に立脚してゐない。058もし世界がこのままで進んで行ったら、059恐らく愛も善もこの地上から、060永遠に消えてしまふであらうと思はれる。
061 余は十年前愛悪に沈んで行く世を座視することが出来ず、062遂に人類愛善の大旆(たいはい)を掲げて広く世界の同志の蹶起を促したが、063苦闘十年、064今や内外に多数鉄石の同志を獲得した時、065外に極端なる愛悪世界の出現を視て、066いよいよ勇躍最後の「人類愛善」の雄叫びをここになさむと欲するものである。