霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

七 奉公

インフォメーション
題名:07 奉公 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B124900c09
001 私は七才の時に福知山へ奉公に行くことになりました。002福知山へは綾部から三里半もあるので、003母さんは私を福知山までつれて行けば一日の仕事を休まねばならぬので、004私の行先を手紙に代書してもらわれて、005その手紙を私の手首にくくりつけて下さいました。
006 「これを持ってな、007おすみや、008八幡さまの馬場(ばば)を通ってずっと行くと、009福知(ふくち)へ着くからな。010おすみや、011かわいそうなけど元気で行っておくれよ。012この手紙をな、013人に出会うたんびに見せるんじゃよ」と言われました。014私は「ハイ」と言って、015一人で福知をさして出掛けました。016(とり)(つぼ)あたりまで行くと、017女の人に会いましたので「おばさん、018これ読んでおくれいな」と母が手首にくくって下された手紙を見せると、019それを読んで、020「あゝ分かった、021わしも福知へ行くからな、022一緒に行こうかいな。023まあこんな小さい()をやる親もやる親じゃが、024行く子も行く子じゃ」と言いながら、025しばらく私の顔をのぞき込むように見ていました。
026 この女の人は、027おたつさんと言うてそのころ綾部でまからず屋という小間物店をひらいて、028後には綾部一という繁昌した店の奥さんでありました。029その時背中に荷を負うて仕入れに行かれるのでしたので、030福知の入口まで一緒に連れて行ってくれました。031福知の町へ入ると、032手紙を見せながら伯父さんのところへやっと行きつきました。033それから伯父さんの世話で、034どこかは忘れましたが子守に行きました。035この時はまだ間に合わなかったんですやろう、036すぐ帰って来たように思います。
037 おなじ七ツの年に、038もう一度福知へ奉公に行きました。039新町(しんまち)(まさ)さんという米屋でした。040そこで夏中(なつじゅう)を子守り奉公をして帰りにお仕着せの単衣物(ひとえもの)一枚もらって帰りましたことを、041それが初めてのこととて嬉しかったので、042よく覚えております。043昔は食べさしてもらえば給金(きゅうきん)というものはなく、044盆と正月に前掛(まえかけ)か着物をもらうことがあるくらいでした。045ある時そこの奥さんが芝居見に行かれるのに連れられました。046その頃私はまだ芝居の面白さが分かりませんので、047眠りこんでしまって、048フッと眠が覚めて気が付いてみると、049真暗(まっくら)がりの芝居小屋の中に、050私は一人で寝ていました。051それからびっくりして、052あっちへひょろひょろ、053こっちへひょろひょろと、054どうしたら此処(ここ)から出られるかと手さぐりで探し廻ってどうなりこうなり外へ出ることが出来ました。055そうして夜更(よふ)けの町を歩いて米屋(こめや)の戸をたたきました。056そのとき奥さんが戸をあけて「眼が覚めたんかい、057眠っていたからおいて帰ったのや」と言われたが、058その言葉のどこかの冷たいものがどきんときて、059私は奉公勤めのさびしさを思ったことを憶えています。060昔の人は気の強いことをしたものです。061米屋のお内儀(かみ)さんは優しさのない人でしたが、062この人にはあまり良いことはおきなかったようです。
063 私が子守りをさせられていた子には、064手の指のところに家鴨(あひる)の水かきのようなものがありました。065私がおんぶして外に出て行くと、066町の人が寄って来てしつっこく「おすみさん、067その子の手を見せてくれい」と繃帯(ほうたい)のしてあるのを解いて見るのでした。068米屋のお内儀(かみ)さんは、069その後、070米屋を離縁になり、071和知(わち)へ二度目の嫁入りに行きました。072(あと)になって私が先生(出口王仁三郎師)と結婚して中村竹蔵さんの所にいた頃、073神様にお参りに来たことがありまして、074その時「あんたは小さい時、075福知へ()りに行かれたことはありませんか」と問われたので「はい」と言って、076よく見ますと福知の米屋のお内儀(かみ)さんでした。077その時、078「こんど生まれる子に、079変な毛が一杯生えてるような気がして、080恐ろしくなってお参りに来ました」と言っていました。
081 私が福知で奉公をしていますある日のことでした。082母さんが、083私がどうしているだろうと心配されて、084わざわざ出掛けてこられました。085私は末子(おとんぼ)で可愛かったからでしょう。086私はその時は本当に嬉しくて、087私はもう母さんをはなすまいとして、088赤ちゃんを負ったまま母につきまとい、089母さんが知らぬまに逃げられてはいかぬと思うて、090母の着物のはしをつかんでいました。091うんこしたい時も出来るだけ便所に行くのも我慢して母さんについていました。
092 私は母さんにさとされ、093母と別れて、094寂しいのを我慢してやっと福知に思いとどまりました。095母さんはその頃から、096すでにやさしいもの言いの中にもお力を持っておられました。
097 私はそのうちしばらくして家にかえりました。098米屋の忙がしいときがすみますと私は帰らねばなりませんでした。099しかしこれからがいよいよわたしの苦労のはじまりであります。
100  せせらぎの音なつかしも五十(いそ)とせ(まえ)母に(いだ)かれいねたる夜半(よは)