霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一〇 母の背

インフォメーション
題名:10 母の背 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 母は栗柄(くりから)の糸ひきがすむと、002綾部に帰ってきてくださいました。003そうして屑買いをつづけられました。
004 私はそのころ上町(かんまち)ひょうじさんという茶の製造をしているところにいって働きました。005子供にでもできる茶()りをさしてもらって、006いくらもらっていたのかは忘れましたが、007日当をもらってかえりました。008母さんは夜になって家に帰ってこられますと、009よく私を(せな)におんぶして歩いて下さいました。010近所の人に、011「昼は茶()りにやらしますので、012夜にこうして負うてやりますんじゃ」と言われていました。013そのころは母さんと私の二人暮らしでしたし、014私はおッきくなってもこうして、015しじゅうおんぶしてもらって歩いてもらいました。
016 これは母が帰神(かむがかり)におなりになるまえでありました。017糸とりの仕事もないころで、018商売も思わしくなく、019教祖さまも収入がないので困っておいでの時でした。020ある日(はかま)をはいた人が家にはいってきました。021役場の人であります。022そのころの町役場の役人は洋服をきている人はなく、023みんな(はかま)をはいていました。024私の家にきた役人は家中(かちゅう)(士族やしき)のひらわさんという爺さんで町の上納係りで税金の督促にきたのでありました。025その人を見ると教祖さまは小さな私の蔭にかくれるようにして、026そっと奥にゆかれました。
027 しばらくして出てこられ「今できませんから」といって断わっていられました。028その時の母さんの顔を私はおばえています。029教祖さまはこの時のことを(のち)に警察で申されています。030「今日生活(くらし)ができぬ者に上納がおくれたと言って三銭ずつ足代(あしだい)をとって、031それで酒を飲んでうまかったか」とえらいけんまくで役人のやり方を怒られたのであります。032また「下の者をいじめるより、033大きなところに(ぞく)がいるではないか」と言われたのも、034その日のことがあって世の中のことを考えられたからでありましょう。035教祖さまが帰神(かむがかり)になられますまえは、036なにか一つ大へん強いものが、037あのやさしかった母さんからチラチラと見え初めていたように思います。
038 教祖さまはふだんは屑買いにはげまれ、039ある時は糸ひきにでかけられました。040また下駄の鼻緒の内職をされていることもありました。
041 教祖さまのなされた糸くりも鼻緒の仕事も紙屑を集められたことも、042みな神界から見れば大きな意味があったのであります。
043 ことに教祖さまの“紙屑集め”と清吉(せいきち)兄さんの“紙()き”は神界からの大きなお仕組みでありました。