霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一六 不思議な道づれ

インフォメーション
題名:16 不思議な道づれ 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 八木(やぎ)の虎之助さんから──ひさが大病になりたゆえ、002すぐにお越し下され──という手紙が綾部の教祖さまのところへ参りたのは、003明治二十三年七月十八日でありましたので、004明けて十九日、005暁立(あさだ)ちで教祖さまは八木(やぎ)へ急がれました。006手紙では大病とあるだけで詳しいことは分からず、007教祖さまは人の子の母として産着(うぶぎ)も届けてやれなかったこと、008産後の病いの恐いことを想われながら、009心を痛めつつ道を急がれたそうです。
010 八木(やぎ)も間近くなり、011八木(やぎ)(しま)の手前にこられると、012男の声がして、013
014「あんた、015えろう急いで、016どこへ行きなさる」と声をかける人があるので、017後をふりむかれると、018四十七、019八と思われる、020どことなく品のある男の方が追いついてこられるので、021
022「私は八木(やぎ)にいる娘が病気じゃという手紙がきましたので急いどりますじゃ」と教祖さまが答えられますと、023
024「それはお気の毒な!ワシも急ぎますので、025道伴(みちづ)れになりましょうかい」と言いながら、026その品のよい男の方がズット教祖様のそばにより、027教祖さまの顔をジイッと見ていましたが、028驚いたように、029
030「何とソナタは不思議な女人(かた)でござるのう……目は男性(おとこしょう)の目なり、031今は婦人(おんな)であるがソナタは本来男でござるがのう。032めずらしき女人(かた)ざ。033そなたは七人の女でござるのう」と言うので教祖さまは、034これはまた、035妙なお方と道伴(みちづ)れになったものだと思いながら、036
037「あなたは(えき)でもみられる方ですか」と聞かれると、038
039「ワシは易は見ぬ」とぽっつりと言うので、040それにしても不思議な方と、041
042「あなたにちょっと(うかが)いますが、043私には八人の子供がありますが、044そのうち長男が家出をして、045未だに行方が判らず、046心配しております。047その子もいつかは戻ってきましょうか。048私はそのことが心配で、049その子は大変酒の好きな子供ですので、050戻ってきたらタントタント酒を呑ましてやりたいと思っています。051それで私のおりょうという女の子に今から酒屋をさして長男が戻ってきたら、052好きな酒を飲ましてやりたいと思っています」
053と言われると、054その男の方は無雑作に、055
056「その男の子は、057そんなことは嫌いじゃわい。058それから言うておくが、059ソナタは嫁の世話にはならぬ女じゃわい、060(いっ)ぱい嫁からは汲んでもらえん女子(おなご)じゃ」
061とこんな風に言われ、062教祖さまは、063その頃まだ自分の因縁性来(しょうらい)については何もご存知ないころで、064「自分はなぜにそのような(ごう)の深い女なのだろう」とつくづく自分が恥ずかしく、065肩身のせまい思いをしたということを、066私に話されたことがあります。
067 それから、068しばらく行かれると、069その男は
070「今日はこれで失礼するが、071ソナタにはまだゆっくりと話したいことが、072山ほどある」
073と別の広い道に一人でスタスタと進んで別れたかと思うと見えなくなったと言うことです。
074 後年(こうねん)075教祖さまが、076その男の方の進んでゆかれた道はどこであったかと探されましたが、077そのような道はその辺りにはどこにもなく、078全く不思議な道伴(みちづ)れであったと申されていました。
079 福島の家のそばまで来られると、080ひさ子姉さんの大声で叫ぶ声がきこえてきたと言うことです。081私はその時の教祖さまの驚きと深い悲しみはどのようであったかと、082母の胸のうちを想わずにはおれません。
083 教祖さまが福島虎之助の家にたどりつかれると、084発狂した姉は、085座敷牢(ざしきろう)に入れてありました。
086 姉はその時のことを私に言ってくれたところでは、087
088「あの時、089ワタシの耳のそばで神様同志が話される声が聞こえ、090また目には立派な装束をつけた神様やら、091髪の長い気高(けだか)い神様が見えて、092そこへ王子からこと()(註=教祖さまの第二女栗山(くりやま)こと子)が亀岡の金光教の先生を()れてきて、093その先生が天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)094日の大神、095月の大神などとご神名を唱えだしたのを聞いて、096ああ自分が見ていた神様がそう言う方であったのかと感じた」
097ということでした。
098 八木(やぎ)のひさ子姉の神憑(かんがか)りは教祖さまとしても初めての体験で、099非常に驚かれたようであります。
100 明治三十三年(うるう)八月二日の教祖様の直筆に、101
102「出口の因縁は中々(むつ)(しき)なれど、103元からの因縁は昔からなり、104この世の因縁も元は八人の血筋で手分け致して間配(まくば)りて、105仕組(しぐみ)()て有るぞよ。106明治二十三年の七月十九日に八木(やぎ)の福島のひさが大病で、107暁立(あさだち)でなおが参りて八木(やぎ)(しま)の手前で出口に追付いて、108お前は珍しき婦人(おんな)じゃと申したのは人民では無かりたぞよ。109お前は婦人(おんな)()りて来ては居れど婦人(おんな)ではない男子(おとこ)じゃと申してあろうがな。110七人の女じゃと申してあろうがな。111その因縁も分かりてくるぞよ」
112とありますが、113この不思議な道伴(みちづ)れは教祖さまのこころによほど深いものをのこしましたようです。
114 その後、115西町のおよね姉さんが神憑(かんがか)りになったというので、116教祖さまが見舞いにゆかれた時、117教祖さまご自身の腹の中から、118
119「オーこの女、120この女、121八木(やぎ)(しま)であったのはソナタであったわい」
122という声がでてきて、123教祖さまは何じゃ判らず心配されて、124
125「アナタは一体どなたですか」
126と尋ねられると、127
128「この(ほう)は三千年世に落ちていた艮の金神じゃワイ」と、129また腹の中から声が出て来たので、130教祖さまは、131これはいよいよ自分も大変なことになった、132困ったことになったものじゃ、133艮の金神さんと言えば悪神(あくがみ)(たた)(がみ)と言われているどえらい神さんじゃが、134どうしてこう言うことになったのだろうか、135どうしたらよいのであろうか、136と途方にくれたと言うことであります。137そうしてこの時も、138八木(やぎ)(しま)で会われた上品な男の言葉がハッキリと頭に浮かんできたと言われました。
139 ズッと(のち)になって信者さんに、140「ワタシの目は七人の女の目じゃと神様がおっしゃるが、141どんな目をしとりますかい」と話されながらホンヤリ笑われて、142非常に(なつ)っこい(した)わしい目をされました。143教祖さまの眼は優しい眼でありましたが、144またある人には、145ジッと見つめられると恐い眼であったそうです。
146 ひさ子姉さんの神憑(かんがか)りも、147教祖さまがゆかれて二三日するとすっかり鎮まりましたので、148教祖さまも安心して綾部に帰られました。
149 その後、150虎之助さんは大病をされ難儀されたということですが、151丁度百日目におかげを頂かれて治られました。