霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二二 教祖と大槻鹿造

インフォメーション
題名:22 教祖と大槻鹿造 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 ご開祖の一代(いちだい)に常に教祖を()めた男が居ります。002初めにおよね姉さんを力づくでさらっていった大槻(おおつき)鹿造(しかぞう)であります。003この男は侠客(きょうかく)のような男で、004弁舌(べんぜつ)は達者で今でいう弁護士のような話術の達者なものでした。
005 教祖は特別、006この西町がきらいで、007ことに西町に集まる三人の町の顔役は一番きらいでした。008それは教祖は日本の純粋の神であり、009三人は外国の悪い神の系統(ひっぽう)というわけで、010教祖にかかられた神をきらってあらゆるボウガイをしたのであります。011それで教祖も鹿造たちを改心させなければならぬので、012毎日西町に行かれ、013およね姉さんと鹿造に天地の道理を説かれました。
014 大本の歴史にあったことと、015日本および世界に実地におこったことを比べてみると、016大本は世界の型をするところであるということが分かるのでありますが、017教祖と鹿造の型、018私とおこと姉さんの型も、019神さまの啓示として理解できるのであります。020そのことが分からんと、021ただのつまらぬ話でありましょう。
022 大本の歴史におこったことは、023どんな小さいことでも、024一つ一つ意味がありまして、025後で世間に大きく映ってから、026神さまからさせられていた型であることがわかるのであります。
027 西町の近くまで教祖がゆかれますと、028西町に寝ているおよね姉さんは「また、029新宮(しんぐう)から来るッ」と叫んで炬燵(こたつ)の中にもぐり込んでしまい、030蒲団(ふとん)の中から目ばかりむいていました。031そうして教祖を誰よりもこわがりました。
032 教祖はおよね姉さんの見舞いに来られると、033自然に腹の中から声が出て、034
035「およねよ、036改心いたされよ、037○○は強いものがちの神、038これからは世が変わるぞよ」と申されました。039それを聞くと、040およね姉さんは、041苦しんで、042よけいに荒れていました。
043 大槻鹿造はそのうち教祖の、044本宮(ほんぐう)の元屋敷を売ってしまいましたので、045教祖は一時、046住むところもなくなりました。047私が八木(やぎ)にやられたのはそのころです。