霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一本の桐の木と蝉

インフォメーション
題名:一本の桐の木と蝉 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 こうして明け暮れを達磨(だるま)のように面壁(めんぺき)して、002(おも)うこともなく未決監房に馴れ染めようとした何日目、003私の(ひとみ)に、004一本の(きり)の木がうつり初めました。
005 それは、006かつて丹波の山野(さんや)に眺めたような、007すくすくと伸びた樹の姿ではありませんが、008監房のかたい庭の一隅(ひとすみ)に、009年々秋には枝をきられながらいたいたしく生きている一本の桐でありました。010しかしその時の私には──今、011この同じ地の上で、012常に冒と目を合わせて生きているたった一つの生き物──という懐かしい──私とお前──というような仲間を得た喜びを感じました。013ことに単調なコンクリート(いろ)四面(しめん)の小さな窓枠の間から、014青いものが見られるということは、015私の心の中からあるものを甦らせてくれるのでした。
016──とにかく心の慰めといったら、017この一本の桐の木だけで、018その木の緑の色を見るということは、019夏の日の旅人が、020清水の湧きいでる泉を見つけて走りよる時の喜びのようなものです。
021 世間におれば、022山も見られる、023川の流れに立つこともできる、024吹く風にそよぐ野草(やそう)(みち)を行こうと自由自在であります。025しかし未決監(みけつかん)というようなところに入れられると、026自分の自由意志のきかぬことは想像(おもい)の他であります。027そんな時、028この一本の桐が、029どれだけ私の心を慰めてくれたか分かりません。
030 私は毎日々々桐と話をしていました。031秋になると──桐一葉(ひとは)落ちて天下の秋を知る──という言葉のように、032大きな桐の一葉(ひとは)が風もないのに落ちるのをじっと見つめることができます。033裸木(はだかぎ)になるころは冬の枝の美しさや樹膚(きはだ)が目に染みてきます。034春になると角芽(つのめ)を吹き、035やわらかい葉が一日一日のびて、036葉の姿ができ、037形が大きく進むにつれて、038緑の色が濃くなり、039夏には、040こもごも葉を重ねて茂り合います。041こうして毎年々々(まいねんまいねん)春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)が過ぎ幾度(いくたび)か、042この感傷を繰り返したのです。043私は春になると桐の木にいいました。
044「昨年の秋、045お前の葉が散ってゆくのを見たとき、046来年は、047再びお前の新しい葉をつけて()を吸っている顔を見ることは出来ぬであろうと想っていたが、048また今年の春のお前の晴れ姿を見ることが出きてのう……」と自分の生きていることをしみじみと話しました。049夏の初めのある日、050この桐の木にも(せみ)が鳴き出していました。051幼い声の蝉が桐の木の(みき)にとまって鳴いているとシィーンとした空気がただよい、052その中で桐が自分の大きな呼吸(いき)づかいをこらしながら、053幼い蝉をとまらせているように思えていじらしく、054また自分の何十倍もある樹の幹にとまって、055無心に()いている蝉をみていると、056私も(ひと)(こころ)になって、057呼吸(いき)をしずめて聞き入り、058万物が愛し合って生きているいい知れんなぐさめを感じ喜びにひたったものであります。