霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

ぼっかぶりの夫婦

インフォメーション
題名:ぼっかぶりの夫婦 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 未決では洗面も排便も監房の中ですますことになっています。
002 狭い監房の部屋のすみに水道のセンをひねって水を出し、003暗い光の中で朝の顔を洗うのです。
004 それは、005しばらく経ってからのある朝、006顔を洗うところに、007黒いものがチョロチョロと動いているのに気がつきました。008黒い虫が二匹遊んでいるのであります。
009「まあ、010有りがたい、011虫がいるわ」と思って近よると二匹の“ぼっかぶり”でした。
012「まあ、013お前どこから来たんじゃ、014こんなところへ。015ここはな、016虫一匹来るところじゃないのに……お前何しに来たんじゃ」
017 私は喜びのあまり思わず、018大きな声で話しかけますと、019ボッカブリは両手をひざの上に置くような格好をして、020首を傾けて、021私の顔をじっと見ていました。
022 それから決って朝の八時になると、023毎日洗面のところに来てチョロチョロと遊んでゆきました。024それで私も毎日々々の弁当のご馳走をとっておき、025ボッカブリにもやることにしました。026ボッカブリは私のやるご馳走を嬉しそうに二匹並んで食べてゆきました。027初めのうちは、028はにかんでいましたが、029だんだん私に馴れなじんで、030ご馳走がすんでも私の坐っている周囲をぐるぐる廻ったり、031膝の上に(のぼ)ってきたりしました。032ボッカブリは大へん行儀作法のよいもので、033私がポッカプリに話しかけると、034いつもきちんと前足をそろえて、035首をちょっとかたむけて、036私の話を聞きます。037ボッカブリのその格好はいまだに忘れることのできん印象の深い懐かしいものです。038今でも時々思い出しては、039あの時のボッカブリはどうしているやろう、040いちど訪ねてみたいものだと思うのです。
041 ボッカブリは又、042頭の上に登ったりします。043壁を自由自在に走り歩き天井をはいまわり、044時には空中で遊んだり自由自在の虫です。045私は毎日ボッカブリと遊んでいるうちにボッカブリの芸のうまさに感心させられました。046ボッカブリは得意になって演じてくれるので、047
048「おゝ、049お前はえらいのう、050そんなことも出来るのか」と()めてやると、051意気ようようと、052また私の(ひざ)の上に来て、053二人で一服しています。054しばらくすると又、055変わった曲芸をして見せてくれます。
056 虫も人も心の通じ合うことでは同じです。057ある時、058私は二人のボッカブリが夫婦であることを知りました。059二匹は天井に(あが)って交わっていました。060それが長い時間でありました。061二十分間もつるんでいたと思います。062私はちょっと見た時つるんでいるので、063待っていてやりましたが、064いつまでも上を見るたび同じところにじっとしていました。065しばらくして二匹が酔うたようになって、066ぽろりんと落ちてきて、067まだ酔うたようになって、068落ちたまま動きもしません。069しんどうてかなわんようにじっとしています。070それは面白いものです。
071 初め、072顔を洗うところの水溜(みずたま)りに遊んでいるのを私が、073
074「こっちへ来い、075こっちへ来て遊べ」と頭をなぜてやったので、076ちょいちょいと近寄って来たボッカブリは今はすっかり馴れて、077私の部屋に私の同居人のようでありました。078ボッカブリはことさらに果物が好きで、079私も、080果物をご馳走して話をするのが楽しみでした。081私が、082
083「ボッカブリ、084ボッカブリ」と呼ぶと、085いつでも私の顔をのぞきに来ました。086私はボッカブリに唄を歌ってきかせました。087歌を唄ってやると、088ボッカブリは何時(いつ)でもキチンと両手をそろえて、089つつましげに、090いっかどスマシこんで聴いてくれました。091その生真面目な様子がおかしくて、092私は笑いこけたことがあります。093ボッカブリは行儀のよいものでした。094規則正しく、095毎日やって来る時間もきまっていました。
096「人間はなあ、097お前たちを馬鹿にしているが、098お前はなかなか偉いのう」といってやると、099ちょっと恥ずかしげにうつむいていましたが、100また得意になって、101元気よう部屋中を走りまわって遊びました。102感心なことに、103まことに夫婦仲のよいもので、104いつも一しょにつれだっています。105食べものなども、106()り合って食べることがなく、107いつも上品に楽しんで食べているのは、108見ていて気持ちのよいものでありました。
109 ところが或る日、110いつも夫婦で元気よくでかけてくるのに、111一匹だけ来て、112いかにもションボリとしています。113いっこう後の一匹が来る様子がありません。114どこを()がしてもおりません。115私は、116
117「お前は、118今日は一匹だけか、119どうかしたのか、120えらい元気がないやないか」と言うと、121ちょろちょろと私の前に歩みよって来ました。122見ると婿(むこ)さんのボッカブリです。
123「お前の嫁さんは今日はどうしたのや」と聞いてみましたが、124しょぼしょぼとしているばかりです。125いつも二匹で遊びに来ていたので、126後の一匹を連れずに一匹だけが、127しょぼしょぼとしているのを見ると、128私も淋しくてなりません。129それにボッカブリにとっては嫁さんのことですから、130私は心配になりました。
131「どうしたんやいな、132ほんまに」と、133いくら尋ねてみても、134こういう時には不自由なものでハッキリしたことは分かりません。135また次の日もボッカブリは一匹だけで、136元気なげにやってきました。137これは今でも目に浮かびますが、138見ておられるものではありません。139二、140三日して担当の看守が廻ってきました時、141
142「担当さん、143おかしいこと言いますがよう、144もうずっと、145私のところへ二匹の虫が遊びにきますのやが、146この二、147三日はどうしたわけか、148一匹より来まへんが、149あんたご存じやありまへんか」と聞いてみました。150看守は私の質問にびっくりした顔付きでいましたが、151
152「虫ってどんな虫ですか」
153「黒い虫ですがな、154綾部の方では“ぼっかぶり”といっていますが、155この(へん)ではなんと言います。156黒い小さいこがね虫のようなのです」というと担当は、157
158「なんという虫か知りませんが、159二、160三日前黒い小さい虫がこの部屋の前を二匹通るのを、161一匹私が知らずに靴の先で踏み殺してしまいました」といいました。162仕方ありません。163交通事故で亡くしたことが判りました。164一匹のヤモメのボッカブリは、165毎日訪ねてきました。166相変わらずションボリとしています。167こういう虫でも夫婦の(じょう)というものは変わらないようです。
168「ボッカブリ、169お前の嫁さんは、170人間の靴で踏まれて死んだというが、171かわいそうなことやった。172嫁さんに死なれて淋しいことやろう。173しかし、174お前は虫やでな、175ちょっとも遠慮はいらんで、176早う後添(のちぞ)えをもろうて連れてきて見せてくれ」と言うてやりました。
177 ところが、178次の日も次の日もボッカブリは一匹でやって来ました。179私は、180これは私のいうことが聞こえて居らんのだろうと思って、181同じことをくり返しいってすすめてやりましたが、182どう言うても、183一匹で訪ねてきて、184私の廻りを歩いたり、185膝の上に登ってきたりして遊んでゆきました。186私もそれ以上は無理にすすめませんでした。187そうして、188こういう淋しいボッカブリとの交遊は八カ月以上も続きました。189あるいは九カ月か、190十カ月も続いたかも知れません。
191 その或る日、192いつも来る時刻になってもボッカブリは現われません。193もう来るか、194もう来るかと思って待っていると、195しゅっしゅっと、196いつにない威勢のよい歩きぶりでボッカブリが現われました。197ああ来た来たと思ってみると、198どうです、199嫁さんを連れて来ています。200ボッカブリが嫁さんをつれて威張って来ています。201私の方を見上げて、202──嫁さんをもらいました──というような顔で、203そうして(そば)の嫁さんをちょっと見よがしに首を動かしてみせます。
204「お前さんカカアもらったのかい、205よかったなあ、206ハハハハ」とお祝いをいうてやりましたが、207私はその時ボッカブリに感心してしまいました。
208「お前はえらいのう、209……人間はのう、210万物の霊長とかいうて、211口先きでは偉そうにいうておるけれども、212嫁はんに死なれたら一人でよう居らん。213嫁はんが死んだ時はわしは一生、214一人で暮らすというているが、215言うている舌のかわかぬうちに()ぐに(ほか)の女を入れるが、216お前は人間から、217虫けら、218虫けらとさげすまれていてもお前の方がよっぽど立派やのう。219今日までよう辛棒して来たな」というと、220婿のボッカブリだけは前のように、221私の体に登ったりして遊ぶが、222一匹はちょんとしたような顔をして、223こちらを見ているばかりではにかんでいます。224私が、225
226「お前さん、227よう来てくれたな、228仲よう遊びなよ、229早うこっちへおいで」といって呼んでやると、230だんだん私の方に近づいてきて婿さんと同じように、231私のまわりでちょろちょろと遊びはじめました。
232 ボッカブリは、233朝の八時に来て、234昼間を遊んで、235夕暮れ早いうちに、236どこかへ帰ってゆきましたのに、237夜になっても帰ろうとせず、238夜通し遊びました。239私が寝てしまうと夜具の中にもぐりこんで来たりするようになりました。240ボッカブリに、241こういう変化が来たのは私に近く、242ここを出ることが起こっているのではないかと想われてなりませんでした。243いつも夕暮れには──さよなら──をして帰ってゆくボッカブリが夜になっても私のそばを離れません。244私は、245
246「お前も、247夜はねるのやろう。248わしと一しょに寝てもよいけど、249わしが夜中に寝返りして、250お前を()し殺すとこまるから、251お前は、252わしが(ねむ)ったら、253どっか、254あっちの方に離れておれよ」と言うてやりましたが、255終日、256どこもゆかず、257私の部屋の中で暮らしておりました。
258 ボッカブリには私と離れともない心がありましたので、259夜も私のところに来て、260別れを惜しんでくれました。
261 私はボッカブリの予想通り、262しばらくして弁護士が来てくれました。
263「あなたは保釈で、264出ることになりました」
265「ああ、266嬉しいことじゃ」私はそう思った次のしゅんかん、267この虫を置いて出てゆくのはカナワンことやと思いました。268そこでボッカブリにいいました。
269「お前ら、270こうして(なご)う仲よく遊んで一しょに暮してきたけれど、271わしは二、272三日のうちに帰るさかい、273わしがここを出ると、274また別の人が来るやろうし、275どんな人が来るか知らんが、276後から来る人にも可愛がってもらいなよ」
277 しかし保釈は、278ある事情で、279急に取り止めということに変わってしまいました。280私は再び同じ監房に戻ってきて、281ボッカブリとずっと暮らすことになりました。
282 こうして京都では四年もの監房生活の間、283ボッカブリと私は非常に因縁の深いものがありました。284これは神様が私を慰めて下さるために(つか)わされたものと今でも思って居ります。285私は今でも一度、286ボッカブリを訪ねて、287懐かしい当時の思い出ばなしを交わしたいものとよく思うのであります。
288  四年(よそとせ)を馴れなじんざるぼっかぶり
289  妻はまめなか子等(こら)は増えたか
290 別れてから十年も経って、291この(あいだ)もこういう歌を詠んで、292獄中の友、293ぼっかぶりを懐かしんだのであります。