霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

蒙古語作歌辞典(一)(抄)

インフォメーション
題名:蒙古語作歌辞典(一)(抄) 著者:
ページ:417 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195305c409
蒙古語作歌辞典(一)(抄)

又しても飴貰はんと次々にペチヤンコホータ(小供)がやつて来るかな

ウツトコ(女陰)を洗つた銅の盥にて又もや面を洗ふ蒙古婦人

七人の妻を持つてふ老人のオチコ(男根)は嘸や忙しかるらん

耳に環ぶらぶら吊りてボロ着物まとふ蒙古のイフナ(娘)床しき

写字して示さば意思は明かにムッテネ(明白)とぞ笑て答ふる

牛馬と人の区別も無きやうな国の風俗吾はムットホイ(不明白)

フウチン(父)やムウチン(母)二人が可愛気にペチヤンコホータ(小供)を抱いて遊ぶ

ウル(夫)とウム(妻)為すこともなく可惜日を遊んでの暮す国の長閑さ

ダンサイ(給仕)を一人雇ひて我は今何彼の便利得つ丶暮しぬ

ウンウテラ(今日)朝起き見ればノケウテラ(昨日)降りし白雪山に残れる

マカシウテラ(明日)宿替せんと老印君心を砕きて東奔西走す

マカシウテラ宿を移さば一行もオルケウテラ(明後日)従心休まむ

古の神代の儘の土作り装飾も無き蒙古のクロ(家)哉

燐寸をばアプチル(持って来い)と云へばダンサイがマツチがひしか石鹸持て来る

此の品をアバチ(持って行け)と云へばダンサイは火鉢を周章て携へ来たる

灰泥のついたチヨモ(湯呑)に湯を入れて平気で呑み居る蒙古ホナ(人)かな

古びたるアイガ(茶碗)に支那米盛り乍ら舌皷打つ蒙古ウフナル(女)

ウル(男)よりもウフナルの方が権威ある如くに見ゆる蒙古人かな

蒙古ホナ、ウム(妻)は騎馬をば能くすれば兒を産む數の尠しと言ふ

トウシムラ(臣)數多引連れ蒙古王が管内巡視了へて歸りぬ

旅すればアツプホイラ(不用)の物はなし糞で飯焚く蒙古は殊に

セイナ(好い)モ丶テ(悪い)區別さへも無き此國は美人も餘りもてはやされぬ

財産のベーナ(有る)ウコイ(無い)に階級を立てぬ蒙古の國ぞたふとき

ナスフットオリッベイ(あなたは幾歳になったか)かと尋ぬれば八歳になつたと小供答ふる

桃南ヘボトンカチラ(幾里あるか)と尋ぬれば三百清里ありと答へぬ

淤能碁呂の島を出てゆ我プエ(身体)は日に増し強くなりにけるかな

ヌル、オウサ(洗面水)銅の盥に汲み來り顔の泥をば清めてしかな

蒙古人のペチヤンコホータ驢馬に乘りヤラウーコイ(そろそろ)と進み行くかな

アパ(父)オウヨ(母)二人の間に三人のアハ(兄)トウ(弟)イホンド(妹)生れける哉

チエチエ(姉)のあとよりイホンド泣きながら脚いためつ丶従ひて行く

ポツトコ(印汁)やポツトコロンホ無き國は萬年筆も無用なりけり

ポホラ(尻)の穴裂けるばかりの鳴り音を平氣でさせる蒙古ホナかな

蒙古馬走り乍らにブウブウと臭いオンクスアルテチ(屁を放る)可笑しさ

イルイル(来い来い)と女が呼べば豚の群先を爭ひ集ひ來るかな

豚の肉食へば脂が浮き出して顔の皮までヌル(顔)ぬるする

いかいヌータ(眼)むき出し乍ら温長興蒙古人をば叱り飛ばしぬ

實印の面の如なハムラ(鼻)して大言壯語好む趙徹
(つづく)
(「神の国」大正十三年八月二十五日号)