霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

十曜の神紋

インフォメーション
題名:十曜の神紋 著者:
ページ:181 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1522
 一八九九(明治三二)年七月五日には、本町の中村竹蔵の家を借りて、そこを金明会の広前とし、裏町の土蔵の二階から移転した。同月一〇日(旧六月三日)遷座祭を行なったが、祭典用に注文した高張提灯ができあがってくると、これまで用いられていた九曜の紋に指定したはずの神紋が、十曜の紋になっていた。役員は当惑したが、これについて、さっそくつぎのような筆先がでた。
上田喜三郎どの大もうなお世話ようできたぞよ。そなたが綾部へまいりたのは、神の仕組がいたしてあること、九曜の紋を一つふやしたのは都合のあることざぞよ。今は言われぬ。このこと成就いたしたら、お礼に結構いたさすぞよ。この人が誠の世話をいたして下さるのざぞよ。
 この時から、大本の神紋は十曜の紋と定まった。そして、のちに裏紋は㊉と定められた。九曜の紋は、綾部藩主の九鬼家の家紋でもあったが、大本でいつごろから用いられたかは、いまのところ不明である。しかし、一九〇一(明治三四)年二月二四日の筆先には「九鬼大隅の守九つの鬼の首九つの首を九曜の紋、九つが十曜に開いてしほれん花の咲く大本であるから、ちとむつかしきぞよ」とあって、その意義にふれられている。なお、出口家の定紋は抱茗荷(だきみょうが)であった。
〔写真〕
○十曜の神紋 p182
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら