霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六節 いろは歌

インフォメーション
題名:第六節 いろは歌 著者:
ページ:535 目次メモ:
概要:明治36年9月10日 小松林命が王仁三郎に懸かって下した神示。 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-15 02:07:12 OBC :B195501c2106
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正6年11月1日号(第53号) > 裏の神諭
[#『神霊界』ではここに次の一文が入る。「変性女子の御魂に、坤の金神を初め、数多の神霊懸り玉ひて、予言なり、警告なり、教理など書き誌されしもの数千冊ありけるが、明治三十六年と同三十八年の二回に渡りて、大本の役員等、変性女子の書きし物は、残らず乱世の根本なりと誤解し、一所に山の如く集め火を放ちて焼棄したるを以て、今は只々一二人の確実なる人の手に在りし小部分の遺れるのみ。其中より所々抜粋して茲に記載する事とせり。]
〔旧〕明治三十六年九月十日
小松林命作
いろは歌
 いまは斯世の、落ぶれものよ。人に笑はれ、罵しられて、誠の道を辿りつつ。末にや夜光の、玉を得る。
○ろこく斗りか亜米利加迄が、末に日本を奪る企画。金と便利に任しつつ。
○はやく勝負を極めん事にや、枕を高く休めない。神政成就遂ぐるまで。
○にしに亜米利加、北には露西亜、前と後に敵ひかえ、四方海なる日本国。
○ほくそ笑ひを、為しつつ聞きし、神の教えの現はれて、今じや頭が上らない。
○べんくだらりと、談判延ばし、深い巧みをする夷国、太平洋のまん中に。
○とくを貰うも又た落すのも、心次第の大本ぞ。天の岩戸の御戸開らき。
○ちしん雷鳴。火の雨降らし、人の心を戒しめる、天地の神の御経綸。
○りくつ斗りを、エラソウに言ふて、腹に誠の無いものは、今の世界の流行物。
○ぬくいふところ八髭生やし、神も仏も要るものか、金が神じやと鰌鯰、一寸先きは泥の暗み。
○るすじや留守じやと、何時来て見ても、奥に主人は居る癖に、不思議と門に立留り、能くく思案をして見れば、何時も嘘つくこの家に、神が御不在といふ事か。
○をにも十八番茶も出花、時が過ぎたら間に合はぬ。世界の立替あるまでに、身魂研いて置くが良い、後の改心間に合はぬ。
○わしは備前の岡山育ち、米の生る木は未だ知らぬ。綾部に生れた人でさえ、世の大本を未だ知らぬ・燈台下は真の暗。
○かえせ戻せと扇を揚げて、招くは熊谷須磨の浦、モ一度斯世を持たんとて、呼べど招けど白波の、おきの毒でも、此度の二度目の世界は、返やしやせぬ。鬼門の金神在る限り、世に出て居れた守護神、早く心を入れ直し変性男子に従ひて、今度の御役に立つが宜い。
○よ言どころか確言ばかり、一分一厘違がやせぬ。誠の心で開くなれば、ヒヤリヒヤリと汗が出る。何程邪見な身魂でも、改心せずには居られない。
皇大神の御神諭。
○たすけ玉はれ世界の人に、如何なる罪の在りとても、暗夜の如き人民の、代りと天地ヘ御詫して、朝な夕なに変りなく、出口の守の御祈念は、世界の為と国の為。
○れん花経でも南無阿弥陀でも、今度の事には間に合は繊。木魚をどれだけたたいても、太鼓をドンドンなぐつても、妙見坊主や日蓮の一寸挺には合い兼ねる。二度目の斯世の立替は、勝手気儘の神々や生臭坊主の年の明き。
○そんじや徳じやと計算斗り、損の中にも得がある、得と思ヘば損となる。兎角この世は人民の、思案斗りで行きはせぬ。万事万端神界の教を守り行くなれば、見えぬ所から神々が、守護なされて何事も、キチリキチリと遂げらるる。思案も工夫も要りはせぬ。心研いて御教になびけよく神の子等。
○つるぎの山に登るとも、千尋の荒海打ち渡り底の藻屑と成とても、ナドヤ厭はん敷嶋の、日本男子を引連れて丹後の国の無人嶋、沓島冠島を開かんと、神の御言を畏こみて、勇み進んで出て行く、出口の守の雄々しさよ。明治三十三年の、七月八日の未明、一つの神祠を建初めて、唱ふる祝祠の声清く、沖に聞ゆる浪の音も、神の御声と偲ばるる。東の空は茜射す、日の出の景色拝しつつ、神の教の神務終えて、大本さして帰らるる、出口の御親の勇ましさ。
○ねらう要所は対島に津軽、馬関海峡其次に、舞鶴軍港岸和田の間だの軍備に眼を付けて、地勢要害取り調べ又も越前敦賀より、尾張の半田に至るまで、国探を放ちて探索し、一挙に御国へ攻め寄せて、総ての活動中断し、日本を占領する企み、夢でも見てるか夷国人、日本神国の敷嶋の、神の身魂を知らないか、鰐の如うなる口開けて、只一呑みと思ふても、日本男子の魂は、胸に約りて呑めないぞ。行きも戻りも成らないぞ。
綾部の錦の大本の、十里四方は宮の内、見事覚えが在るなれば、沓島の沖まで来て見よれ、鋼鉄艦も潜艇も、丹後の海の埋め草に、一隻も残さず揺り沈め、日本兵士の忠勇と、出口の守の御威徳で、艮大神現はれて、三千世界を立直す、首途の血祭り覚悟せよ。
○なり鳴りて鳴余りたる駿河なる、富士の高峰の神霊が、まさかの時に
現はれて、三千世界に鳴り渡り、登る竜巻すさまじく、清水の港に攻め寄せし、外国船を残りなく、沈め絶やして葦原の、中津御国を鎮めます、神は木花咲耶姫、神の勲の尊とけれ。
○らん暴極まる畜生国慾に眼光を曇らせて、我神国を屠らんと、日頃巧みし軍略は、旅順、大連、韓国に、計画外づれて馬鹿を見む。石炭兵糧軍資まで、用意して置け旅順港に、今に日本が貰てやる。其返礼に日本刀、一度は切味見せてやろ、覚悟召されよスラブとも。
○むかしの神の仕組まれし最も便利な世が参り、蒸気、電気の働きで、三千世界を近よせる、交通機関も完備して、千里万里も夢の間に、是も昔の神代から、神の御裔の奇魂、奇しき力の賜ぞ。艮金神現はれて、世界一つに統べ玉ふ、天の時節の来たものを、訳の分らぬ人民が、人智や科学の活きと、誤解して居る憐れさよ。
○うそで固めて得心させて、あとでぺロリと舌を出す。今の世界の人々は上から下たまで其通り、一分も誠のものは無い、是が畜類の世の中ぞ。
○ゐつも鳴いてる烏と思ひ、神の教もウワの空、慾と慢心強くして、心の空もかけくもり、暗夜に烏の飛つ如く、何が何やら白雲の、曙の烏に近よりて、日の出の守護と成るなれば、悪の審判は眼のあたり、罪穢の深き人々よ。早く身魂を研き上げ、改心するが日本一。不二の山ほど在る罪も、直霊の御魂に清くなる。弥々日出と成るなれば、元の生神あらはれて、激しき守護ある故に、心に曇りあるものは、余り眩ゆて寄り付けぬ。竜宮館の庭までも。
○の山の奥も都路も天にも地にも押並べて、神の坐まさぬ所は無い。日輪お照し在る限り、変性男子が現はれて、常盤の松の世となれば、神の守護はあり明の、月の形ちの御簾の内。
○おもひ違ひの斯世の政治是から凡てを立替て、随意競争の弊を去り、天下公共の其為に、世界桝掛引き均らし、神も仏事も人民も、勇みて暮す神代とし、綾部を世界の中心と、定めて国々統べ守る、天津日継の御威徳と、変性男子の御守護で。
○くにの為とは口先ばかり、今の高座の番頭は我身好かれのしがくして、下タの難儀は露知らず、人車や馬車に打ち乗りて、手掛足懸色々に、然も大道の中心を、往来の妨害気にもせず、鼻高々と澄し込み、口に葉巻を銜えつつ、横柄面する見苦しさ。
○やがて三十七年の明治の春の四月には、斯世の滅亡と基督の、神の信徒がヒマラヤの、高地を尋ねて寄り集ひ、寺を建たり祈祷して、凡ての事を打棄てて、救ひを祈る最中に、神の御国に生れたる、日本の人が知らぬとは、燈台下は真の暗。さは去り乍ら世の人よ、周章てず騒がず一筋に、神の教に従ひて、誠を尽せば此度は、一先づ延ばす神の旨、斯世の滅亡来る事は、何れの神も知りつれど、此儘続かす経綸をば、知らざる故に色々と、騒ぐは無理も無けれ共、世界に鬼は無いとやら、鬼と言はれし艮の、隅に坐ませし生神が、斯世この儘預りて善と悪とを立別けて、世界の洗濯為し玉ひ、清きは赦し玉ふなり。早く改心一等ぞ。心次第で此度は、どんな御徳も授けられ、心の悪るい人民は、厳つき懲戒ある故に、何んにも知らぬ神の子等、凡てを捨て神界に、心捧げて祈れかし。
○まいにち新聞披ゐて見れば、魔法の斯世は目のあたり、殺人強盗窃盗に詐偽に間男大喧嘩、一つも碌な記事は無い。熟々思案をして見れば、実にもこの世は暗黒よ。畜生ばかりの住み処。思へよ思へ秋津人。日本は神の住み処、大和御魂の持主ぞ。世界に先立ち善行の、鏡を出して敷島の、水晶玉を輝かし、出口の守に従ひて、二度目の岩戸の大前に、世界の人を助くるは、日本の民の天職ぞ。日本御魂の持まいぞ。
○けん利義務じやと小理窟斗り潜りて飯を喰ふものは、我神国の土の上に、いく十万の穀潰ぶし。法律ばかりを楯と為し、情宜も義理も知らばこそ、鬼の上前へ越す悪魔、日本御国に蔓こりて、今や斯世は真の暗、仁義道徳頽敗し、誠の人はなき暮し、獣畜ばかりの住む世界、清めて元え立て復す、変性男子の斯の教。
○ふじの高峰に村雲懸り清き姿を包めども、雲立ち退けば元の不二、神代ながらの神の山、気高き姿は世界一、日本魂も其通り、心に懸れる村
雲を除けば直ぐに光り出す、元は天地の分身魂、魂を磨けよ人々よ、神の誠の御教を、畏こし謹しみ赤心に、誓ひて固く守る可し。
○こん輪奈落の底まで落ちた、腐敗堕落の世の中に、水晶御魂が只一トつ、一つの御魂を種として、日本御魂を培養し、二度目の世界の御柱と、したつ岩根の大本の、神の御役に立てんとて、心を千々に砕きつつ、血を吐く思ひの辛労を、世人の為に舐め玉ふ、変性男子の雄々しさよ。
(「神霊界」大正六年十一月号)
 
[#『神霊界』ではここに「明治三十六年九月八日」と入る。]
○えん慮笑釈も梨地の硯、齢も長き命毛の、筆を振ひて皇神は、三千世界の出来事を、示して斯世を救はんと、明治の二十五年より、出口の守は一筋に、知らせ給へど濁る世の、人の心は真の暗、悪魔の住家と成果てて、誠の言葉は聞入れず、何時も恐喝と思ひつめ、悪胴据えて動かない、訳の分らぬ人草は、地球の上に充満し、益々この世は汚れ行く。
○てんの神勅を畏こみて、泥海世界を清めんと、三千年の其の間、堪らえ玉ひし御難苦は種々雑多に身をやつし、神政成就の其為に、守り給ひし霊徳が、天運循還て歴然と、花咲き初めぬ煎豆に。
○あじや、亜弗利加、エフロツパ、南北亜米利加、太洋洲、一つに丸めて日本の、天津日嗣の神徳で、万古末代続かせる、神の出口の道開き、竜宮やかたに表現はれて、三千世界の主と成り、普天卒土を統一し、元の神世と改めて、神も仏も人民も、勇んで暮す松の世の、七福神の楽遊び。
○さん千世界の梅の花、一度に開く今や時、鬼門の金神現はれて、鬼も大蛇も帰順して、松の神代と成る上は、二度目の世界は天国ぞ。曲も醜女も消え失せて、上から下たまで神心、勇みて暮む楽しさよ。
○きもんの神は元の神、国常立の大神よ、斯世を造り固め成し、世の根の本に隠身て、善悪正邪の審判を最と厳重に立て玉ひ、この世一切守ります、尊とき神にましませり、鬼門の神は男神、経の守護と定まりて、緯の守護が裏鬼門、女神に坐して坤、変性女子の神霊ぞ、世界の悪魔や病ひ神、悪しき心の鬼どもを、払ひ清めて経緯の、夫婦の神は人民を、導びき給ふぞ尊とけれ。
○ゆめになり共セメテは一度、綾部高天の大本の、竜宮館ヘ往て見たい。
ト言ふて霊魂は泥まぶれ。何うしたら垢が落ちるやら、近所に居ながら気が揉める、教祖を一度拝したさ。
○めくら聾よ世界の九分は、昔の神代が巡り来て、変性男子が現はれて、世界の事を知らせども、実地見せても気が附かぬ、一度に驚愕する事が、出来ては成らぬと朝夕に、声を限りに叫べ共、何処を風が吹くらんと、言はぬ斗りに鼻の先、フフソと笑つて空向ひて、自が乗り行く火の車、実に憐れな人ばかり。
○み仙の神山に立籠り、この世の泥を清めんと、三十四年は菊の月、八日に館を立出て、神徳も高きこの山に、祈り玉ひし我教主。至誠は天地に通じけん、十五の月の有明に、尊とや神霊現はれて、世の行先きの事どもをいと懇ろに説き給ひ、教御祖の御心は、春野の雪と解け初めぬ。
され共高き神の山、木立は繁く溪深く、雲霧四方を閉籠めて、月日も為に光り浅せ、常夜の暗の如くなり。
○しん徳高き神の山、開けて茲に千四百、四十余年と成りぬれど、女人禁制の神の山、今に汚れし事も無く、神祗の集ひの神園として、清き霊地と鳴響く、浪音たかき八塩路の、女島男島と諸共に、神代の姿変へぬなり。神代の儘の神の国、瑞穂の国を守らんと、冠島沓島の神々は、弥仙の神山に神集ひ、清けき和知の河水に、世界を清め人々を、安きに救ひ助けんと、天の岩戸を押開らき、村雲四方に掻別けて、教御祖の手を通し、口を通して詳細に、諭させ玉ふぞ尊とけれ。
○ゑい耀栄花に暮して来たが、報ひは忽ち丸裸体、楽した後の糖苦労、難儀ばかりの珠数つなぎ、誠の為の苦労なら、神の助で何事も、末に萎れぬ花が咲、万古末代名を残し、斯世の神と仰がれん、勤めよつとめ人々よ、誠の道に乗り替て、松の心で励む可し。
○ひろい世界に只一柱、是を誠の神といふ。斯世つくりて万類を、育てむ為に日月を、守りの神と神定め、神の御子なる民草を、養ひ賜ふ有難さ。
○ももち万の神々が、鬼門の神に従がひて、三千世界を夫れ夫れに、持場々々を守ります、山には山の神坐まし、河には河の神居まし、草木は草木の神居まし、海には海の神います。大地は禁闕金の神、二度目の世界の守護神、陸と海との竜宮の、乙姫どのはこの砌り、綾の高天原に現はれて、日の出の神とひつそうて、斯世の守護と代りたり。天地覆りて上へ下タに、成るとの教は此事ぞ。実に尊き神代かな。
○せまい心で鼻高さんが、高天原へ出て参り、出口の守の筆先を、聞いたら嘸や困るべし。心に合ぬ事斗り、三日や十日や百日に、神の経綸は解りやせぬ。誰しも覚え在る故に、一寸様子を書くなれば、浅智慧学者の胸の内、一から百まで知れ渡る、変性男子の御身魂、出口の守の書れたる、世界の宝の神教が、心に当りて耳痛く、聞けば聞く程腹が立ち、身体がピリピリ震い出し、気分悪しくてモヂモヂと、終にや遁げて去にとなる。眼と口の間に在る、鼻が知らずに高く成り、夫れが邪魔して脚下が、見えない故に丼壷へ、落ちて難渋する迄は、ここの教は聞かれない。少しの学が邪魔になり、理窟斗りに固まりて、何時も疑念の晴間なく、心に取越苦労而已、生れ赤子に成るまでに、高い鼻めが邪魔をして、誠の教の垣をする、なさけないのは人心。
○すでに悪魔に取ひしがれて、危ふい処を差添の、誠こころに染められて、捨た思案の後戻り、洋服脱いで沓捨てて、皮のカバンも投捨てて、昔の神代の人となり、熟々思ひ回らせば、出口の守の御知らせの、通りに汚れた世界じやと、固く心を取り直し、只一筋の神の道、心も勇み気も開き、花咲く春に遇ふ思ひ、斯んな結構が又と世に、三千世界に在らうかと、初めて覚り大本に、大きな尻を末長く、綾の高天で猫と成る、オツトどつこい神様の激しき威徳に照らされて、心の底の塵芥を、白状したが情け無い、是が出口の王仁三郎。
○いちぶと九分との戦いで、三千世界を立直す、出口の守の男々しさは、日本の国の礎ぞ。
○ろんより証拠見て御座れ、今に世界が立直る。出口の守の御威徳で、変性男子が現はれて。
○はやく早くと待つのは神世、悪の斯世を立替て、人々勇み暮す世を、変性男子の御威徳で。
(「神霊界」大正六年十一月号)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)