霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇国の明鏡

インフォメーション
題名:皇国の明鏡 著者:王仁
誌名:神霊界 掲載号:1919/09/01号 ページ:17 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-02-20 07:56:56
[#凡例:一部の漢字を平仮名に置き換えた/改行を増やし段下げをした]

皇国の明鏡

     王仁

 皇国(くわうこく)明鏡(めいきやう)あり、これを八咫鏡(やあたかがみ)と名づけ(まつ)る。天下至宝(しほう)神鏡(しんきやう)なり。
 この宝鏡(ほうきやう)の伝はりますこと、万有万姓の至幸にして、遠津祖神(みをや)の御仁慈なり。この宝鏡は皇国に伝はりてこそ、無始無終を通じて、血脈承継の由来を知る事を得、本来の真面目を知悉する事を得るなり。宝鏡の前に一毫の虚偽あるなく、微毫(びごう)陰匿(いんとく)あるべからず。宝鏡の権威に何物か畏怖し何物か戦慄せざるものやある。霊威照々として光明無凝(むぎ)なり。古今の学者輩ども明鏡の威徳を拝せず、この宝鏡の威力を夢にだも知らざるなり。八咫(やあた)の宝鏡を知るものは誰ぞ。
 徒然草諸抄(しよしよう)大成(たいせい)御鈴(みすず)の章の頭書に曰く、
八咫鏡は神書なり、神代(かみよ)の事(ねむごろ)にして、鏡にむかふて物を見る如くに(あきらか)なれば、鏡と云ふなり。また八咫と云ふは、八方の事(あきらか)に知る故に八咫と云ふ己上(きぜう)秘説なり。
 吾人の知れる書籍の(うち)にて、斯くの如く明瞭に八咫の鏡の秘奥を探り得たる書に接したる事なし。秘説とは何物の秘説にや、()まれ(かく)まれこの秘説実に八咫の鏡の御霊徳を(もら)したり。八咫鏡は神書なり。これを一名言霊(ことたま)とも名づけ(まつ)るべし。