霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

龍門の霊夢

インフォメーション
題名:龍門の霊夢 著者:丸山法僮(丸山貫長)
誌名:神霊界 掲載号:1920/05/21号 ページ:26 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-30 01:02:22 OBC :M192919200521c07
[#適宜、句読点と送り仮名を補った。]

龍門の霊夢

 大正元年1912年九月二十一日、夢中(むちう)(いち)の童子(きた)りて言ふ。我れ善如(ぜんによ)龍王なり。師国(しこく)の為に如意宝幢(ほうどう)「宝幢」とは「宝珠で飾った幢(はた)」(大辞林第三版)建立地を志求(しきう)す。大和国中心の高鉾山(たかほこやま)(ふところ)、相応の勝地(せうち)なり。我はこれまで室生山(むろぶやま)奈良県宇陀市室生の室生山のことか?に鎮まり、居処(きよしよ)、愚痴の者()(けが)(ふち)を濁し名を()し、(おのれ)法水(はふすゐ)湿(しつ)なければ、我れこの地に移り、汝が(きた)るを待つ。(すみやか)(きたつ)相承(さうしやう)の本尊を安供(あんぐ)し、正嫡(せいちやく)真教(しんきやう)を興せよと語ると見て覚悟し、記憶すること目前(もくぜん)対在(たいざい)するが如し。(すなは)ち二十二日、大蔵(だいぞう)を経て(まき)に至り龍門寺(りうもんじ)を見る大蔵は奈良県宇陀市大宇陀栗野の大蔵寺、牧は大宇陀牧、龍門寺は古代に龍門岳中腹にあった寺院。ふと龍門岳(りうもんだけ)龍門岳(りゅうもんがだけ)は奈良県宇陀市と吉野町の境にある山。標高904メートル。の頂きに()づ。絶頂に小社あり。高鉾(たかほこ)神社と祭神(あめ)高皇産霊神(たかみむすびかみ)(しよ)岳ノ明神と呼ばれる。故に高鉾山(たかほこやま)と云ふは龍門嶽(りうもんだけ)なるを知る。
 またこの地、老神職あり。我がこの地を開くを喜び賛して云ふ。(いにしへ)高鉾山(たかほこやま)龍門寺(りうもんじ)と号すと(よつ)て更に高鉾山の名義を(くはし)うす。山中の写真、前紙(ぜんし)七枚を見て、勝地(しやうち)経説(けいせつ)経説とは「経文に記された仏説」(広辞苑)に叶ふ事を知るべし。初めてこの山に登りし日は九月十七日なり。同日東京へ行く。また十月十七日、一月(ひとつき)目なり。同年十二月三日、之を記す。

   丸山法僮丸山貫長(1843~1927年)のこと。真言宗僧侶。大和・龍門岳山麓にある大蔵寺(おおくらじ)(奈良県宇陀市)の住職などを務めた。