霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

昭和10年12月9日 附録

インフォメーション
題名:昭和10年12月9日 附録 著者:
ページ:1 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :NPTNc19351209A1
大本教第二次大弾圧の跡
綾部本部と天恩郷に果然・封鎖の厳命下る
今後信徒の出入を禁止
近く旅費を与へて帰郷さす
【京都発】八日払暁突如として第二次大弾圧を加へられた大本教大検挙に際し綾部署に検挙された信徒は百四十余名のうちなほ引続き留置取調べの必要ある六十七名(男四十四名、女卅三名)を除ゐた他の者は八日夕刻永岡京都府保安課長、五十嵐綾部署長が訊問取調べを行つた上一先づ帰宅せしめた、警保局保安課警務官補古賀強氏は亀岡署の検挙状態を視察した後八日午後一時綾部に来り同夜の検挙状況を視察して京都に向つた、なほ京都府特高課では同日午後七時亀岡町天恩郷並に綾部長本部に修行者、奉仕者の出入を一切禁止し事実上両町の大本教は封鎖されるに至つた、これがため現在両町に居住する奉仕者、修行者数百名には府警察部の特別の計らひで旅費を支給し数日中に帰郷せしむることとなつてゐる、右につき薄田警察部長は語る「両町の大本教を封鎖して一切の出入を禁止することは手入れ当初からの方針でこれによつて今後の弊害を除きたい考へである」
断乎!抹殺の方針
一部には治維法適用説
今回の弾圧を受けた大本教の裏面には日本国民としては考へられぬ大不敬事件が潜んでをり、内務省一部におゐて刑法第百十四条の厳罪により処罰すべきものとの見解をもつてゐるが、また一部におゐては今後の押収した証拠品の結果如何によつては治安維持法が適用されるべきとの見解を有してゐる、したがつて刑法の不敬罪によれば五年以下の懲役となるが万一治安維持法の適用となれば無期懲役か死刑となるわけである、いづれにしても内務省としては大本教の存在を絶対に認めず日本から根本的に払拭する見込みで今後の証拠固めを行つてゐる
解散処分免れず
内務省、邪教と断定
大本教の徹底的撲滅に最高方針を決定し、八日同教に対し一大弾圧を加へた内務省警保局は、同日深更まで、教主出口王仁三郎氏以下最高幹部卅名の取調べを行ひ、かつ押収した多数の証拠物件により大本教が今日まで、表面皇道精神を説き皇室中心主義を唱導しながら、裏面には数十万と称せられる信徒を欺瞞し、奇怪にも皇室の尊厳を極度に冒涜せんとする不敬罪の潜在する事実が明確となつたため、今後、邪教と断定するとに決定した、よつて内務、司法両省協議の上近く同教の解散、禁止処分等の処置に出るものの如く、また、教主出口王仁三郎氏に対しては、断じて容赦すべからざるものとして強硬方針で臨み、刑法第七十四条皇室に対する罪
天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又ハ皇太孫ニ対シ不敬ノ行為アリタル者ハ三月以上五年以下ノ懲役ニ処ス神宮又ハ皇陵ニ対シ不敬ノ行為アリタル者亦同ジ
の国法を適用することに決定した模様である
不敬教義の検察が目的
唐沢警保局長の談
今度の検挙は大本教の教義中に不敬にわたるものありといふ断定に基づゐてやつたもので出口王仁三郎が最近大分政治的に乗り出してゐるとか政界方面で押してゐるものがあるとかいふことをキツカケにやつたものではない、そんな政策的の意味は毫も含んでゐない、大正十年の検挙によつても有罪と遮断されたのであるが大赦の恩命に浴してゐる、然るにその後の出口一派のやり口をみるに少しも第一次検挙当時と変らぬ不敬の言動を敢てしてゐるので昨年あたりからひそかに内偵を進めて今回の検挙となつたのである、教義のうちに不敬の個所ありといふので未だ教義全体が然るかその一部か何とも言明出来兼ねる、従つて大本教そのものを禁止するか否かも言明の限りでない、昭和神聖会をやつたのは中心人物が相通じてゐるからやつたまでで神聖会そのものに手を下したのではない、あくまでも教義自体宗教そのものの剔抉(てきけつ)が中心点だ、他の類似の大衆的宗教団体にまで及ぶか否かはいまのところ考へていない
出口教主の精神状態
京大名誉教授今村博士談
【大阪発】大正十年の大検挙後出口王仁三郎氏が大審院に回付された際精神鑑定に当つた当時京大医学部教授今村新吉博士は阪急沿線岡本の自宅で語る
当時大審院で出口王仁三郎の鑑定を命ぜられて私がやりましたが鑑定の内容を私に喋らすことは勘弁して下さい、あの時出口は大赦にあつて免訴になつたのだがその言渡しの際横田大審院長が使つた言葉を私は今でも不都合だと思つてゐる、それは……精神状態が正常であつたにしろ、なかつたにしろ兎に角二度とこんなことを繰返してはいけない……といふのである、この言葉を怪しからぬと私がいへば鑑定の内容は想像がつくでせう
宇知麿以下の身柄引取り
刑事東上する
【京都発】東京で検挙された出口宇知麿他七名を受取りのため京都府刑事課片岡警部補ほか九名の刑事は八日夜九時十五分京都駅発東上、九日夜警視庁から身柄を受取つて帰洛するはず
大本教の組織系統
大本教の組織系統
[#図 大本教の組織系統]
満州で活躍の出口三千麿
【新京本社特電】(八日発)大本教大検挙の報は満州各地の同宗徒に異常な衝動を与へ何れもその成行を注目してゐるが、去月下旬旅順に開かれた同教の外郭団体である昭和神聖会に出席した出口三千麿は、その後新京、奉天の大本教支部を訪ひ、すでに朝鮮に赴き内地への帰還の途中である
不穏文章を押収
問題は〝霊界物語〟七十冊
けふから内容調査
【京都発】七日来一睡もせず綾部大本教本部の大検挙に活躍した判検事は八日午後五時一先づ同本部を引揚げ、同夜は綾部町に滞在することになつたが今朝から行はれた家宅捜索によつて意外にも教祖殿、金竜殿、教主殿からは何れも多数の不穏書籍を入れた本箱、神光舎では多数の帳簿を発見、何れも一まとめにして悉く厳重なる封印を行つて引揚げたが中にも教祖殿から発見された書籍のうちには問題の「霊界物語」七十余冊があり、また各地方別院、支部、分所等から来てゐる種々の恐るべき不穏秘密情報書類も発見したので九日からその内容を調査することになつてゐる、かくて八日は夜に入つても早朝から永岡保安課長指揮の下に活動した二百卅名の警官は前夜来の疲れいとはず不気味なまでの緊張裡に交代して徹宵待機してゐる
家宅捜査
【京都発】八日綾部より京都に護送した大本総本部の巨頭で同町に居住する綾部町上野昭和神聖会本部長桜井同吉(63)同町上野大本総本部総務岩田久太郎(62)同町本宮元昭和神聖会三丹本部長退役海軍少佐山口利隆(59)同町本部大本工芸課長瓜生謙吉(59)上野大本史実課長丹州時報記者吉野花明(55)六名の家宅捜索は同日午後一時京都府警察本部より出張した六班の警官隊により一斉に行はれたが、中にも桜井同吉宅では書籍約三百冊その他を押収したのをはじめ、各自宅より書籍書類入りの石油箱二個、柳行李二個、風呂敷包四個等を押収し同六時綾部署に引あげた
独房の内で睡眠と瞑想
署長、温情の差入れ
【京都発】松江で検挙され京都に護送中立売署に留置された出口王仁三郎氏は八日は取調べ訊問は一切行はれなかつたが長途の汽車旅行の疲労からか午後三時過ぎ独房内で日没までぐつすり睡眠し極めて温く何事か考へ通した、独房内の氏は松江から着て来たマント一枚だけが唯一の防寒具なので如何にも寒さうなその姿を見かねた篠田同署長が特別の計らひで夜具の差入れを許しこの由を亀岡の同教本部に伝へたので同夜七時すぎ三名の昭和青年会員がトラツクで出口氏邸から絹夜具、毛布などを運び込み同夜の王仁三郎氏は温かい瞑想にふけることが出来警察の厚意を感謝してゐるが氏が中立売署にあるを知つた四十歳ぐらゐの商人風の一信者が
御聖主様に是非これを差入れて貰ひたい
と毛布、弁当などを持ち込み悄然として立去つた
検挙は当然
変態心理学者中村古峡氏談
【千葉発】千葉市千葉寺に居住してゐる変態心理学専攻の学者で大正九年、十年にかけて大本教祖出口直さんの精神状態を調査した中村古峡氏は語る
私は元来東大で心理学を専攻した者で特に変態心理を研究し大正の初めごろ雑誌「変態心理」を出してゐましたが直ばあさんが神がかりの状態で認めたお筆先なるものが非常に問題視されてゐることを知り、綾部に行つて調査しましたところお筆先なるものはいはゆるキツネツキの状態で何等の連絡なく書き散らしたものでお直ばあさんは明かに精神病者であることを確かめ得ました、ところが王仁三郎氏はこの宗教的部分を利用し時事問題に結びつけて予言などをし、またお筆先の解説書である「大本神諭」天地人三巻を著しました、この書物とお直ばあさんの書ゐたお筆先とを比較して見ましたところ丸で違つていました「大本神諭」の中に○○○といふ伏字が沢山あり○○○に字をあてはめて読むとその部分は不敬な文字に当るので当時京都府警察部ではお筆先とともに同書をも押収し、地、人の二巻は直ちに発売を禁止しました、そのうち王仁三郎氏の原稿が出て来て○○○の文字がハツキリしてきたので不敬罪で起訴され、大審院で王仁三郎氏の精神鑑定をすることになり大審院は私を鑑定人に選びましたが王仁三郎氏が私を忌避したため杉田直樹博士が鑑定人になりましたが鑑定を行ふ前に特赦になりました、しかし王仁三郎氏は決して精神病者ではなく才人で人心収攬の妙を得てゐますが山師であるやうで特赦の後は鉾を納めてゐましたが最近またお筆先を持ち出したとか、そして矢張り不敬な文字を用ひてゐるといふことを薄々耳にしました、検挙されるのは私としては誠に当然と思つています
幹部七名京都へ
【京都発】綾部署に検挙された大本教幹部信者等百五十名のうち京都に護送した幹部七名のほかは全部工芸館に留置、九日から取調べを開始する、右幹部の七名は
大本教本部総務岩田久太郎(62)元昭和神聖会三丹本部長山口利隆(49)退役海軍少佐工芸課長杉本晋一(40)と庶務課長瓜生謙吉(59)昭和神聖会本部長桜井同吉(63)歯科医三丹時報記者吉野花明(33)及び栗原白嶺、高木鉄雄東尾吉雄のほか福知山署で検挙した茂田光蔵などである
信者は釈放
【京都発】京都府下綾部、亀岡の本拠を中心に東京、松江の両市におゐて一斉に行はれた十五年ぶりの大本教大検挙は松江市で検挙された「昭和のラスプーチン」総統出口王仁三郎氏は八日午後一時廿五分着列車で京都に護送され東京で検挙された副総統出口宇知麿氏も両三日中に京都へ護送され、また綾部、亀岡両町で検挙された三百名の信徒は亀岡、綾部両署でどしどし取調べの上、卅名の事件関係を除くほか一応全部を釈放、留置された卅名も大部分は八日中に京都へ護送され、九日中には全部護送されることになつた
俎上の大本教(1)
〝弾圧〟で大きくなる
適中した教主の予言
第一次検挙からの十五年間
再起への積極的活動
【京都発】昭和十年十二月八日午前五時──突如として起つた検察陣の大嵐は、皇道大本教本部所在地の綾部及び本部事務所のある亀岡町を中心として全国的に吹きまくり、第二次大本大検挙が決行された、第一次の大本検挙が行はれてから実に十五年目、しかも、今回の検挙は前回より遥に大がかりであつた、亀岡の事務所天恩郷、綾部の総本部の如きは、京都府警察部の武装警官隊が包囲し、東京松江と相呼応して総統出口王仁三郎氏をはじめ、一族有力信者等をすつかり検挙した、その筋では前回以上の大不敬事件と発表してゐるが、亀岡の本部事務所から連行された副総統日出麿氏は「大正十年の時は不気味な空気がただよひ、恐ろしい予感があつたが、今度はそれがなかつた、しかし前回と同じやうな活動が大本に向けられてゐることは、大本が何か政略を持つてゐるとか、危険なものでも隠匿してゐるやうに考へてゐる訳だらう」と法難を叫んでゐる、また、出口王仁三郎氏は前回大弾圧を蒙つた際「大本は警察が手を入れれば入れるほど大きくなる」と豪語して官憲を煙に巻ゐてゐたが、大赦によつて許されて帰る時は、爾今(じこん)皇室に関することは勿論、政治、外交等にも大本としては絶対に口出しせぬといふ七ケ条の誓約書を入れさせられてゐるから、大本としては手足をもがれて再起出来なかつたはずであつたので、それから僅十五年、またしても官憲がかうした大手入れを行はねばならなくなつた原因は、果して那辺に潜在してゐたのであらうか、最近の大本教はどうであるか王仁三郎氏は誓約を無視して行動の本義に基く祭政一致の確立、皇道経済、皇道外交等を論じ、その教線の上では各地に別院を立てかつては蒙古紅卍教と手を握つて北支にその手を伸ばし、また日本のエスペランチストを動員したり、ローマ字を通じて世界的進出を期して「世界を救ふものは大本である」とさへ、平気でいひふらしてゐた、更に別働隊としては人類愛善会、日本武道宣揚会、昭和青年会、昭和坤生会、昭和神聖会等を次から次へぎと作りあげ、外部的な活躍の停止を誓つた筈の王仁三郎氏が、これ等を統帥して積極的に活動し、昭和青年会は卅万、坤生会は婦人の青年会で、これまた廿万の会員を擁すると公表してをり、神聖会は会員百万を目指して昨年の春頃から全国的に羽をのばし、各府県に続々と支部を設立してゐる、更に大本農園を経営し二代教祖の澄子さん(王仁三郎氏夫人)は、鶴山織の手工芸を通じて農村問題に相当に深く食ひ入つてゐるし、青年会には兵式訓練を施してゐること等は見る人からみれば、王仁三郎氏が豪語した如く、大本は年々にそのスケールを大きくして、現在では第一次大検挙前の大本教よりも大きな団体となり、王仁三郎氏の予言が当つてゐるわけである
特高課長の一言に神妙な出口教主
島根別院検挙の光景
【松江発】大本教主出口王仁三郎氏は島根別院で寝込みを襲はれたが、この日午前四時物々しい警官隊の厳重な警戒裡に工藤特高課長を真先に決死の警官五名が別院玄関から躍り込み、やにはに昭和青年会員の監視哨二名を検束し奥の寝所に近づくや十名ばかりの監視哨を「動くな」と大喝して震へあがらせそのまま寝所に突き入つた、驚ゐて起上がらんとする出口教主を見つけるや工藤特高課長は「出口さん、京都へ帰つてもらひますぞ」との一言と共に一同は襲ひかかつてその左腕をつかんだ、すると出口氏も全く観念したものの如く「逃げやしません、逃げやしませんい」と手を差出し和服と着替へおとなしく同行されて行つた、また同四時半北松江警察署から自動車で京都に向け出発の際かたはらの澄子夫人を顧みて「出口は急に用事が出来て京都に帰つたと信徒に伝へてくれ、信徒に心配させるな」と名残の言葉をかけたが俤は悄然たるものがあつた
この日の島根の警察陣は何しろ軍事的訓練を行つてゐる昭和神聖会青年会員が多数詰め切つてゐる本部なので万一のことがあつてはといふので植野衛生課長まで動員し繃帯やら薬剤を用意して島根別院と一町と離れぬ警察部長官舎に陣取るといふ物々しさ
本部に泊り込んでゐた信者の多数はこの騒ぎに何事が起つたのかとビツクリし教主を拉致されて呆然とこれを見送つた、八日は早朝から続々と信者が五周年大祭を目指して集まつて来たが制服警官が随所に張り込んでゐるし、その上出口教主の不在といふのでまるで狐につままれたやうな形であつた