霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(年月日不明)

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:0(大正0)年0月0日(旧0月0日)
神霊界掲載号:第76号 12頁 神霊界八幡書店復刻版:第3巻 408頁 八幡書店版伊都能売神諭:15頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)が、002(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、003三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)(いた)すに(つい)ては、004ミロクの大神様(おほかみさま)御加護(ごかご)(いただ)かねば物事(ものごと)成就(ぜうじゆ)いたさんから、005因縁(いんねん)のある身魂(みたま)変性女子(へんぜうによし)(あら)はして、006大正(たいせう)五年(たつ)(とし)(きう)三月三日に、007大和国(やまとのくに)畝火(うねび)(やま)踏〆(ふみしめ)さして、008世界(せかい)立直(たてなを)しの守護(しゆごう)(いた)してあるぞよ。009畝火(うねび)(やま)出口(でぐち)因縁(いんねん)(ふか)神山(かみやま)であるから、010(むかし)から土米(つちごめ)竜神(りゆうじん)守護(しゆごう)生出(わか)して()りたなれど、011神界(しんかい)都合(つごう)()りて変性女子(へんぜうによし)守護(しゆごう)()して、012肝川(きもがわ)深山(ふかやま)八大(はちだい)竜神(りうじん)土米(つちごめ)御用(ごよう)(あふ)()けたので()るぞよ。013沢山(たくさん)土米(つちごめ)出来(でき)ると(もう)して一粒(ひとつぶ)でも粗末(そまつ)(いた)されぬぞよ。014大本(おほもと)(ゆる)()きことには、015一粒(ひとつぶ)でも勝手(かつて)(ひろ)(こと)()らんから、016()()りて(ひろ)ふなら(ひろ)ふて()やれ、017神界(しんかい)仕組(しぐみ)土米(つちごめ)であるから、018(これ)からは(きび)しき(いまし)めを(いた)すぞよ。019(むかし)から元伊勢(もといせ)020丹後(たんご)比沼真奈為(ひぬまない)(みや)生出(わか)してありたなれど、021明治(めいじ)四十五年の三月八日に出口(でぐち)(なを)が、022伊勢(いせ)内宮(ないぐう)023外宮(げぐう)024加良洲(からす)(みや)御神霊(おみたま)御迎(おむか)(いた)してから、025丹後(たんご)には今迄(いままで)のやうには生出(わか)ぬやうに()りたぞよ。026チツト(ばか)(たね)(のこ)してあれど、027土米(つちごめ)神力(しんりき)はモウ()くなりて()るぞよ。028(これ)(ふか)神界(しんかい)仕組(しぐみ)であるから、029人間界(にんげんかい)では(わか)(こと)()いぞよ。
030 大正(たいせう)五年の(きう)五月五日には、031変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)に、032(むかし)から(なが)らく()(かく)れて守護(しゆごう)(いた)して()りた、033(ひつじさる)金神(こんじん)住居(すまゐ)(いた)した播州(ばんしう)神島(かみじま)(ひら)かしてあるが、034人民(じんみん)からは左程(さほど)にも()御用(ごよう)()うにあれども、035神界(しんかい)では大変(たいへん)神業(こと)でありたぞよ。036朝日(あさひ)直刺(たださ)夕日(ゆうひ)日照(ひてら)高砂沖(たかさごおき)一島(ひとつじま)(ひと)(まつ)037(まつ)根本(ねもと)三千世界(さんぜんせかい)(たから)いけおくと、038(むかし)から言伝(いひづた)へさして()りたが、039今度(こんど)(みづ)御魂(みたま)肉体(にくたい)使(つか)ふて、040三千世界(さんぜんせかい)(たから)掘上(ほりあ)げさしたぞよ。041その(たから)(もう)すのは、042斯世(このよ)水晶(すいしよう)(まつ)()043神世(かみよ)として(をさ)(あそ)ばすミロクの大神様(おほかみさま)(こと)()りたぞよ。044その(とし)の九月九日に(うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)が、045変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)出口(でぐち)(なを)(うつ)りて、046二代(にだい)三代(さんだい)引連(ひきつ)(とど)めを()して(まい)りたのも、047(ふか)経綸(しぐみ)のある(こと)ぞよ。048()因縁(いんねん)もモウ少し(いた)したら()けて()せるぞよ。049大正(たいせう)五年(たつ)(とし)五月(うま)(つき)の八日に、050変性女子(へんぜうによし)全部(すつくり)(あら)はれて、051女神(によしん)姿(すがた)になりて、052大本(おほもと)(まい)りた(をり)053出口(でぐち)(なを)変性男子(へんぜうなんし)国常立尊(くにとこたちのみこと)(あら)はれ、054海潮(かいちやう)変性女子(へんぜうによし)豊雲野尊(とよくもぬのみこと)(あら)はれて、055(むかし)神代(かみよ)から沓島(めしま)神島(かみじま)(わか)れて()ちて()りた夫婦(ふうふ)(かみ)が、056竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)再会(であい)(いわい)(さかづき)がさして()らうがな。057其日(そのひ)から変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)には、058(ひつじさる)金神(こんじん)豊雲野尊(とよくもぬのみこと)守護(しゆごう)(いた)したから、059段々(だんだん)(よこ)御用(ごよう)(あら)はれて、060ボツボツと神界(しんかい)経綸(しぐみ)出来(でき)かけて()たので()るぞよ。061()大本(おほもと)明治(めいじ)二十五年から(もう)してある()うに、062男子(なんし)女子(によし)経緯(しぐみ)(そろ)はねば何事(なにごと)成就(ぜうじゆ)いたさぬのであるぞよ。063(ひつじさる)金神(こんじん)身魂(みたま)には、064変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)との御用(ごよう)(つと)めて(もら)はな()らんから、065(これ)からは今迄(いままで)とは海潮(かいちやう)(いそ)がしうなりて、066苦労(くろう)段々(だんだん)()へて()るから今迄(いままで)身魂(みたま)では()忍耐(こばら)んから七十五日の(かみ)から修行(しゆぎやう)をさしたのであるぞよ。067この()きは変性女子(へんぜうによし)教祖(きやうそ)(いた)して、068男子(なんし)直系(ぢきぢき)二代(にだい)三代(さんだい)後見(うしろみ)(いた)さすのであるから、069(ひつじさる)金神(こんじん)女子(によし)一代(いちだい)(やく)であるから、070()次第(しだい)取違(とりちが)()きやうに()()けておくぞよ。071(いま)(とど)めの肝腎(かんじん)(かな)めの大事(だいじ)場合(ばあい)であるぞよ。072(うしとら)金神(こんじん)(だれ)にも(うつ)ると()(こと)出来(でき)ぬなれど、073(てん)から守護(しゆごう)いたして海潮(かいちやう)筆先(ふでさき)をかかして()くぞよ。074(おな)筆先(ふでさき)()(やう)であるから、075(いま)までの男子(なんし)筆先(ふでさき)矢張(やは)変性女子(へんぜうによし)()いて、076男子(なんし)筆先(ふでさき)にいたして、077()りたじやろと、078(うたが)人民(じんみん)沢山(たくさん)出来(でき)るなれど、079()んな(こと)()()けて()りたら、080物事(ものごと)成就(ぜうじゆ)いたさんから、081ドシドシと女子(によし)筆先(ふでさき)(かか)して、082三千世界(さんぜんせかい)(ひら)くぞよ。083出口(でぐち)(なを)八人(はちにん)御児(おんこ)と、084(いま)までの筆先(ふでさき)()して()るのは、085八柱(やつ)金神(こんじん)大将軍(たいしやうぐん)(こと)でありたぞよ。086この八人(はちにん)御児(おんこ)今度(こんど)二度目(にどめ)天之岩戸開(あまのいわとびら)きの御用(ごよう)手柄(てがら)いたさして、087末代(まつだい)()(のこ)さして、088結構(けつこう)(かみ)(まつ)りて(もら)ふのであるぞよ。089八人(はちにん)御子(おんこ)(はたら)きは(これ)からボツボツと(あら)はれて()るぞよ。090人民(じんみん)(おも)ひとは大変(たいへん)(ちが)いであるぞよ。091()()立替(たてかへ)には、092(うしとら)金神(こんじん)九万九億(くまんくをく)眷属(けんぞく)使(つか)ふて、093天地(てんち)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)経綸(しぐみ)(むかし)神代(かみよ)から(いた)してありての(こと)であるぞよ。094()()()れる神様(かみさま)にも、095守護神(しゆごうじん)にも、096人民(じんみん)にも、097見当(けんとう)()れん仕組(しぐみ)がいたしてあるから、098(いま)(いま)まで(わか)りは(いた)さんぞよ。099(ひと)より(はや)手柄(てがら)(いた)さうと(おも)ふて、100焦慮(あせ)りて縮尻(しくじ)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)(これ)からは出来(でき)()るから、101大本(おほもと)役員(やくいん)余程(よほど)しつかり筆先(ふでさき)(はら)()れておかんと、102経綸(しぐみ)邪魔(じやま)になりて立直(たてなを)しが(をそ)くなるから、103(ねん)(ねん)()して()()けて()くぞよ。104大本(おほもと)経綸(しぐみ)(かみ)(みや)()てるのは、105沓島(めしま)神島(かみじま)嵯峨(さが)(おく)(さん)(しよ)より(ほか)には()らんぞよ。106肝川(きもがわ)八大(はちだい)竜神(りゆうじん)守護(しゆごう)があるから、107大本(おほもと)分社(でやしろ)(いた)してあるので()るから、108肝川(きもがわ)には()しびな神業(こと)()せてあろうがな。109()立直(たてなを)しが()みたら、110国々(くにぐに)所々(ところどころ)大本(おほもと)御宮(おみや)(たて)て、111()()れの守護神(しゆごうじん)(しづ)めて御用(ごよう)(いた)さすから、112それ(まで)には御宮形(おみやがた)()てられんぞよ。113広間(ひろま)大本(おほもと)経綸(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたして、114天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)まる(まで)は、115()たらしう()てる(こと)出来(でき)ぬぞよ。116今迄(いままで)(かがみ)()して()ろうがな。117京都(きやうと)(さら)広間(ひろま)(たて)(かみ)から(つぶ)され、118伏見(ふしみ)(たて)てまたその(とお)り、119肝川(きもがわ)()てても(やく)()つまいがな。120大本(おほもと)根本(こんぽん)()まらぬ(うち)に、121守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)勝手(かつて)(いた)した(こと)は、122九分九厘(くぶくりん)(かへ)りて(しも)ふぞよと、123何時(いつ)筆先(ふでさき)()()けてありたなれど、124(かみ)(もう)(こと)(そむ)いて(いた)した(こと)は、125何遍(なんぺん)でも跡戻(あともど)(ばか)(いた)すぞよ。126大本(おほもと)(つぎ)(いた)して、127園部(そのべ)広間(ひろま)(たて)ようと(いた)して、128材木(ざいもく)()せてサア(これ)から建前(たてまへ)()ふやうに()りた(とこ)で、129(にわか)大雨(おほあめ)材木(ざいもく)(かげ)(かたち)()いやうに(なが)れた(こと)があらうがな。130(みな)神界(しんかい)から善悪(ぜんあく)(かがみ)()して、131大本(おほもと)(なか)実地(じつち)()せてあるぞよ。132明治(めいじ)廿五年から、133(もと)退()けて(すえ)(つづ)くとは(おも)ふなよ、134(もと)ありての(ゑだ)もあれば(すえ)もあるぞよ。135(もと)退()きたら(すえ)()れるぞよと(もう)して、136出口(でぐち)(なを)()毎度(まいど)()()けてあるぞよ。
137 明治(めいじ)二十五年から(もう)した(こと)は、138何時(いつ)になりても毛筋(けすじ)横巾(よこはば)(ちが)はん(こと)ばかりであるぞよ。