霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年一二月二二日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1918(大正7)年12月22日(旧11月19日)
神霊界掲載号:第77号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 13頁 八幡書店版伊都能売神諭:20頁
概要: 備考:神示の中には旧11/20と出てくるが実際には旧11/19(日没後か?) タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国常立(くにとこたち)(みこと)御魂(みたま)が、002竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)(あら)はれて、003()立替(たてかへ)立直(たてなを)しの筆先(ふでさき)()きおくぞよ。004三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)御用(ごよう)(いた)さす(ため)に、005変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)大出口(おほでぐち)(なを)(なが)らく苦労(くろう)をさしてあるぞよ。006天保(てんぽう)七年十二月十六日、007天照皇太神宮(てんせうこうだいじんぐう)殿(どの)御誕生日(ごたんぜうび)斯世(このよ)()してから二十七年の(あいだ)008(なを)結構(けつこう)気楽(きらく)(くら)さしてあるぞよ。009さう(もう)しても世間並(せけんなみ)気楽(きらく)さでは()いぞよ。010中々(なかなか)いろいろと肉体(にくたい)(つい)(ひと)(かわ)りた(こと)がさしてありたぞよ。011二十八歳の(ふゆ)から五十七歳まで三十年の(あいだ)012人民界(じんみんかい)では(だれ)()(こば)らん艱難(かんなん)苦労(くろう)をさして、013現世(このよ)(きぬ)()がして御用(ごよう)()てたぞよ。014五十七歳の正月(せうがつ)元日(ぐわんじつ)から、015(うしとら)金神(こんじん)体内(たいない)這入(はい)りて、016今年(こんねん)で二十七年の(あいだ)神界(しんかい)経綸(しぐみ)筆先(ふでさき)()かせ、017(くち)()立替(たてかへ)()らしたぞよ。018何時(いつ)も三十年で()立替(たてかへ)(いた)すと(もう)して()らした(こと)が、019モウ一分(いちぶ)になりて、020(あと)三年(のこ)りたなれど、021(みづ)()らさぬ仕組(しぐみ)であるから、022三年の(あいだ)変性女子(へんぜうによし)()()りて立替(たてかへ)立直(たてなを)しの御用(ごよう)(いた)すから、023(これ)からは一日(いちにち)ましに世界(せかい)から(わか)りて()るから、024何程(なにほど)鼻高(はなだか)でも成程(なるほど)往生(をうぜう)をいたすやうになりて(しも)ふぞよ。025変性女子(へんぜうによし)神界(しんかい)経綸(しぐみ)明治(めいじ)四年の七月の十二日に斯世(このよ)()して、026二十七年の(あいだ)(これ)普通(ひととうり)人民(じんみん)では出来(でき)苦労(くろう)(いた)させ、027二十八歳の二月九日から、028(かみ)高熊山(たかくまやま)()(まい)りて、029身魂(みたま)(みが)かして、030()立直(たてなを)しの御用(ごよう)経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。031二十八の(ねん)から()大本(おほもと)引寄(ひきよ)して、032()るにあられん気苦労(きぐろう)(いた)さして、033いよいよ身魂(みたま)(みが)きかけたから、034三十九歳からボツボツと大本(おほもと)経綸(しぐみ)にかからしてあるが、035()(さき)まだ十年の気苦労(きぐろう)(いた)さすから、036(その)(つも)りで()りて(くだ)されよ。037三年さきになりたら余程(よほど)()()けて(くだ)さらぬと、038ドエライ悪魔(あくま)()()れるぞよ。039(かのと)(とり)(とし)は、040変性女子(へんぜうによし)()りては、041(あと)にも(さき)にも()いやうな(かわ)りた(こと)出来(でき)()るから、042(まへ)()()けて()くぞよ。043外国(がいこく)から(いま)(むつ)(しい)難題(なんだい)(もち)かけて()るが、044(いま)番頭(ばんとう)弱腰(よわごし)では到底(とうてい)()(つら)ぬかんぞよ。045(これ)時節(じせつ)であるから、046何程(なにほど)智慧(ちゑ)(がく)がありても今度(こんど)一文(いちもん)価値(ねうち)()いから、047日本(にほん)人民(じんみん)(そろ)ふて改心(かいしん)いたせば()し、048到底(とうてい)改心(かいしん)出来(でき)ぬなら()むを()()(どく)出来(しゆつたい)いたすぞよ。049世界(せかい)九分九厘(くぶくりん)(ちか)よりて()たぞよ。050一厘(いちりん)仕組(しぐみ)三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)すのは、051綾部(あやべ)大本(おほもと)より(ほか)には()いぞよ。052(いま)この仕組(しぐみ)日本(にほん)人民(じんみん)(わか)りたら、053三千年(さんぜんねん)神界(しんかい)仕組(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたさんから、054(いま)(いま)までは(まこと)(もと)一厘(いちりん)(ところ)(もう)さんから、055(うたが)人民(じんみん)()()()るぞよ。
056 富士(ふじ)鳴戸(なると)(むかし)からの経綸(しぐみ)(わか)りて()たら、057世界(せかい)(はげ)しく()りて、058外国(がいこく)薩張(さつぱ)帰順(おうぜう)いたして日本(にほん)末代(まつだい)(したが)ふやうに()るぞよ。059東京(とうきよう)経綸(しぐみ)はミノヲハリ、060尾張(をはり)経綸(しぐみ)()(をは)り、061伊勢(いせ)丹波(たんば)丹波(たんば)神都(みやこ)062みやこの経綸(しぐみ)万古末代(まんごまつだい)つづくぞよ。063(つづ)血筋(ちすじ)()(もと)(てん)()との直系(ぢきぢき)()大神(おほかみ)()(かみ)064天地(てんち)(そろ)ふて水晶(すいしよう)(まこと)()とつの末永(すへなが)結構(けつこう)神代(かみよ)(いた)すぞよ。065神代(かみよ)()りたら人民(じんみん)身魂(みたま)にも御光(おひかり)()すぞよ。066(あつ)(しの)いで(あき)()(かぜ)()てど、067世界(せかい)(さび)しくなるぞよと、068今迄(いままで)出口(でぐち)(なを)筆先(ふでさき)()らして()いたが、069(いま)(その)時節(じせつ)であるぞよ。070()()世界(せかい)安心(あんしん)(ところ)へは()かぬぞよ。071(これ)からが彦火々出見(ひこほほでみ)(はじま)りであるぞよ。072目無堅間(めなしかたま)神船(みふね)はこれから()()るぞよ。073水火地(しほつち)大名(おほな)何処(どこ)(あらは)れて()るか、074これを()りた人民(じんみん)(いま)一人(いちにん)()いが、075燈台元暗(とうだいもとくらし)(たと)えの(とお)りの()であるぞよ。
076 (うしとら)金神(こんじん)明治(めいじ)二十五年に、077竜宮館(りうぐうやかた)出口(でぐち)(かみ)(あら)はれた(をり)初発(しよつぱつ)に、078竜宮(りうぐう)乙姫殿(をとひめどの)御越(おこし)なされて、079今日(こんにち)御祝儀(おしゆぎ)目出度(めでたう)(そん)じますると(おつ)しやつて、080(いま)まで(うみ)(そこ)()めて()かれた御宝(みたから)を、081(あげ)竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)持運(もちはこ)びて、082(うしとら)金神様(こんじんさま)にお(わた)(もう)すと(あふ)せになりたが、083(うみ)(なか)には(きん)幾何程(いくなにほど)でもあるから、084竜宮様(りうぐうさま)御改心(ごかいしん)今度(こんど)はいよいよ受取(うけと)りて、085(さら)つの(きん)()時節(じせつ)(まい)りたぞよ。086斯世(このよ)一切(いつさい)(こと)(みな)(かみ)自由(じゆう)であるから、087何程(なにほど)人民(じんみん)智慧(ちゑ)(がく)(かんが)えても、088(かみ)(ゆる)()(こと)には、089肝腎(かんじん)(とど)めを()すといふ(こと)は、090何時(いつ)になりても出来(でき)(いた)さんぞよ。091竜宮(りうぐう)乙姫殿(をとひめどの)(まこと)(よく)(ふか)御神様(おんかみさま)()りたなれど、092今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)のある(こと)を、093()初発(しよつぱつ)から()御存知(ごぞんじ)であるから、094第一番(だいいちばん)御改心(ごかいしん)出来(でき)て、095(うしとら)金神(こんじん)片腕(かたうで)となりて御働(おはたら)(あそ)ばすから、096(これ)からはこの大本(おほもと)内部(なか)も、097世界(せかい)日増(ひまし)大変(おほがわ)りを(いた)すぞよ。098三千世界(さんぜんせかい)(たから)(みな)国常立尊(くにとこたちのみこと)(こし)らえたもの(ばか)りで()るから、099()(もと)(もど)りて、100(なに)()(うしとら)金神(こんじん)自由(じゆう)(いた)時節(じせつ)(まい)りたから、101今迄(いままで)(こと)(おも)ふて頑張(がんば)りて()るとスコタンを()(こと)になりたぞよ。102人民(じんみん)(ちから)()れるなら()()して(なん)なりと()りて()よれ、103(はじ)めはチト()きやうに()るが、104(さき)()(ほど)つまりて(みち)()くなりて、105()きも(かへ)りも()らぬやうに(いた)されるぞよ。106(これ)今迄(いままで)()とは(ちが)ふと(もう)すのであるぞよ。107(めづ)らしき(こと)(いた)して、108三千世界(さんぜんせかい)(ぜん)(かがみ)(あく)(かがみ)とを()世界(せかい)大本(おほもと)は、109何彼(なにか)(こと)(きび)しくなるぞよと(もう)してあろうがな。110キカねばキクやうにして改心(かいしん)さすと(もう)してあるが、111(いま)大事(だいじ)性念場(せうねんば)であるから、112(こころ)(あた)人民(じんみん)一日(いちにち)(はや)(われ)(よく)()て、113神界(しんかい)御用(ごよう)第一(だいいち)(いた)すか結構(けつこう)であるぞよ。114(かみ)()まらねど其人(そのひと)可愛(かあい)さうなから、115(かみ)がクドウ()()けておくぞよ。116(いま)人民(じんみん)(なが)らく体主霊従(あく)(なか)(そま)()りて()りたから、117容易(なかなか)一寸(ちよつと)には改心(かいしん)出来(でき)にくいなれど、118モウ時節(じせつ)()たから、119改心(かいしん)さす()()いから、120(いま)までの(がく)智慧(ちゑ)(よこ)()りておいて、121(ただ)一心(いつしん)(かみ)(もう)すやうに(いた)されよ。122(かんが)へたり研究(けんきう)いたしたりするやうな気楽(きらく)(とき)では()いぞよ。123モウ二進(につち)三進(さつち)()らぬ(ところ)まで()差迫(さしせま)りて()()るぞよ。124何程(なにほど)(みち)(ため)じや御国(みくに)(ため)じやと(もう)しても、125誠生粋(まこときつすい)(みち)(おも)(くに)(おも)ひの人民(じんみん)(すく)ないから、126人民(じんみん)(もう)(こと)(うそ)(おほ)いから、127(かみ)中々(なかなか)油断(ゆだん)出来(でき)ぬやうに()りて()たぞよ。128(いま)人民(じんみん)盲目(めくら)(つんぼ)(よく)抜目(ぬけめ)()いのには、129(かみ)閉口(へいこう)いたして()るぞよ。130利己主義(われよし)()(かた)ばかり(いた)して()ると、131()れが()(かわ)りて()るから、132自滅自亡(われわるし)(たね)になる二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるぞよ。133()大本(おほもと)()(かた)世界(せかい)とを(くら)べて()たら(ぜん)(あく)との(かがみ)()して()るから、134改心(かいしん)せずには()れぬ(こと)()てあるぞよ。135()立替(たてかへ)(はじま)りたら、136世界(せかい)(のぼ)(くだ)りで(さわ)がしくなると(もう)してありたが、137外国(がいこく)(わう)(いま)有様(ありさま)138まだまだ()んなチヨロコイ(こと)ではないぞよ。139何処(どこ)飛火(とびひ)(いた)さうも()れんぞよ。140()れで(なが)らくの(あいだ)(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)身魂(みたま)使(つか)ふて、141脚下(あしもと)()()えるぞよ。142(とり)がたつぞよ()()けよと(もう)して()らしたが、143日本(にほん)人民(じんみん)(うへ)から(した)まで(よく)(ばか)りで()(くら)みて(しも)ふて()るから、144(いま)(わか)りて()人民(じんみん)何程(なにほど)()いが、145(いま)()りてからバタ(つい)ても、146モウ守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)(ちから)では到底(とうてい)(かな)はんから、147(うしとら)金神(こんじん)(もう)すやうに、148今迄(いままで)のやうな利己主義(われよし)精神(せいしん)立直(たてなを)して、149水晶(すいしよう)(うま)赤子(あかご)(こころ)()つて、150今度(こんど)肝腎(かんじん)御用(ごよう)(つと)めたなら、151末代(まつだい)()(のこ)結構(けつこう)(こと)出来(でき)るなり、152(いま)までの(こころ)()りて()くなら、153十人並(じうにんなみ)のお出直(でなを)(まこと)()(どく)(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。154(かみ)(もう)(こと)毛筋(けすじ)間違(まちがい)(ない)ぞよ。
155 東京(とうきよう)経綸(しぐみ)をするが()(をは)りと(もう)して()らしてありたが、156キモがアノ(とほ)りの失敗(しくじり)をいたし、157(つぎ)イヤ真似(まね)してアノ(とほ)り、158カカ(かね)()()すと(もう)して失敗(しくじ)り、159マサがまた(おも)はく()たず、160(これ)だけ(かがみ)()して()せても()キカねばキクやうに()改心(かいしん)させるなれど、161其処(そこ)()りての改心(かいしん)はモウ(おそ)いから、162一日(いちにち)(はや)(いま)(うち)行方(やりかた)薩張(さつぱ)()えて(くだ)され、163取返(とりかへ)しのならん(こと)出来(しゆつたい)いたして、164世間(せけん)顔出(かほだ)しのならん(こと)()るぞよ。165(いま)大本(おほもと)(をし)えを(ひろ)()くと(もう)して、166ソハのそはそはしひ()(かた)167()んな(よわ)(まこと)()精神(せいしん)で、168三千世界(さんぜんせかい)大神(おほかみ)御用(ごよう)(つと)まると(おも)ふて()るか。169大慢神(おほまんしん)大間違(おほまちが)いも(ほど)があるぞよ。170トモもモウ(すこ)筆先(ふでさき)調(しら)べて(くだ)さらぬと、171()きも()しも出来(でき)ぬやうな(こと)になるぞよ。172大本(おほもと)役員(やくいん)信者(しんじや)一同(いちどう)()()けるが、173(いま)(なに)より肝腎(かんじん)(かな)めの性念場(せうねんば)であるぞよ。174(はや)()(さま)して(くだ)されよ。175外国(がいこく)体主霊従金銀為本之政策(あくのやりかた)で、176何時(いつ)までも()(つづ)くやうに(おも)ふて、177一生懸命(いつせうけんめい)四脚(よつあし)守護神(しゆごうじん)操掻(からか)いで御座(ござ)るが、178モウ()()みたから、179何程(なにほど)(ほね)()りて()(ところ)で、180百日(ひやくにち)説法(せつぽう)()(ひと)つにも()らぬぞよ。181(さる)(きつね)(いぬ)(かわず)(みな)奥山(おくやま)(かく)れて(しも)ふて、182(いま)体主霊従(あく)経綸(しぐみ)真最中(まつさいちう)であるが、183()(どく)ながら日本(にほん)神国(しんこく)行方(やりかた)四脚(よつあし)()には()はぬから、184()らぬ御心配(ごしんぱい)()めて(くだ)されよ。185武蔵野(むさしの)(いま)(たぬき)腹鼓(はらつつみ)たたいて()らして、186八畳敷(はちぜうじき)まで(ひろ)げた○○の(あと)始末(しまつ)()ふする(つも)りか。187人民(じんみん)では(この)終局(おさまり)()くまいぞよ。188日本(にほん)神国(しんこく)(ここ)まで四脚(よつあし)(くも)らして()いて、189()()()らひで今日(いま)()持方(もちかた)190(かみ)はモウ肝忍袋(かんにんぶくろ)()()れたぞよ。191日本(にほん)(うへ)()ちて外国(がいこく)(した)(はた)らく四足(よつあし)守護神(しゆごうじん)よ、192()(どく)ながら、193(かみ)(もう)(うち)()かぬと、194(むかし)からの経綸(しぐみ)(どほ)りに()(どく)でも(いた)さねば、195神界(しんかい)(なが)らくの大神業(たいもう)邪魔(じやま)()るから、196(その)仕組(しぐみ)(ふた)(ひら)けるから、197(あと)から(かみ)不足(ふそく)(もう)して(くだ)さるなよ。198(かみ)()()けた(うへ)にも()()けて()るぞよ。
199 (この)大本(なか)役員(やくいん)余程(よほど)(しつか)(いた)さぬと、200()肝腎(かんじん)仕組(しぐみ)(わか)りて()らんから、201(にわか)にバタ()かねば()らん(こと)になるが、202()れで大本(おほもと)役員(やくいん)(もう)しても世界(せかい)申訳(もうしわけ)()(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。203出口(でぐち)(なを)上天(くにがえ)いたしてからは、204(この)大本(おほもと)一段(いちだん)(きび)しく()るから、205(その)覚悟(かくご)()らぬと、206トチメンボウを()らねばならぬ(こと)になるぞよ。207筆先(ふでさき)充分(じゆうぶん)(はら)()れて()消化(こな)して()らぬと、208筆先(ふでさき)()()はぬから、209一度(いちど)(ねん)()して()くぞよ。
210 (うしとら)金神(こんじん)(これ)から暫時(しばらく)(あいだ)は、211大出口(おほでぐち)(なを)(かわ)りに変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)()りて、212色々(いろいろ)()かして御用(ごよう)(いた)さすから、213余程(よほど)()()けて()らぬと(おほ)きな取違(とりちが)いを(いた)して、214(あと)(はづ)かしき(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。215三千世界(さんぜんせかい)大化物(おほばけもの)じやと(もう)して、216(これ)までの大出口(おほでぐち)(なを)筆先(ふでさき)毎度(まいど)()さして()ろうがな。217()大化物(おほばけもの)全部(すつくり)世界(せかい)(あら)はれる時節(じせつ)(ちか)ふなりて()たぞよ。218(かみ)一度(いちど)筆先(ふでさき)()したら何時(いつ)になりても(ちが)ひは(いた)さぬぞよ。219()大化物(おほばけもの)三千世界(さんぜんせかい)(さら)(もの)であるから、220(いま)普通(ひととうり)人民(じんみん)では見当(けんとう)()れんやうに(いた)して()るが、221(いま)(なに)()(みな)(わか)りて()て、222日本(にほん)人民(じんみん)がアフンと(いた)して、223眼舞(めま)いが()(もの)沢山(たくさん)(あら)はれて()るぞよ。224(めづ)らしき(こと)(わか)世界(せかい)大本(おほもと)()るぞよ。225()持切(もちき)りには(いた)させんと(もう)すのは、226今度(こんど)明白(ありやか)(わか)りて()るぞよ。227外国(がいこく)八尾八頭(やつをうやつがしら)守護神(しゆごうじん)が、228(わた)りて()られん(はず)日本(にほん)神国(しんこく)(わた)りて()て、229日本(にほん)(をんな)自由(じゆう)(いた)して、230(いま)では機械(からくり)同様(どうよう)231(かみ)(まこと)残念(ざんねん)なぞよ。232(これ)でも()()ざれよ、233(いま)善悪(ぜんあく)身魂(みたま)審判(さには)(はじ)まるぞよ。234天王台(てんわうだい)神庭会議(さには)(はじま)りたら、235何如(いか)守護神(しゆごうじん)でも薩張(さつぱり)()()して、236()けの(かわ)(あら)はすやうに()るぞよ。237そうなりては可愛想(かあいさう)なから、238其所(そこ)()るまでに改心(かいしん)をさして、239()けを(あら)はさずに此儘(このまま)(つづ)いて()らしたいと(おも)へども、240(あま)りの(こと)改心(かいしん)()せやうが()いぞよ。241(おも)ひの(ちが)人民(じんみん)(ばか)りが(あら)はれて、242世界(せかい)()いた(くち)(ふさ)がらぬ(こと)(ばか)出来(しゆつたい)するぞよ、243()(わか)りた人民(じんみん)(いま)()いぞよ。
244 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)いたして、245()ちに()(かね)(まつ)()五六七(みろく)神代(かみよ)(めぐ)りて()たから、246今年(こんねん)からは何彼(なにか)経綸(しぐみ)(ふた)()いて、247(なに)()らぬ世界(せかい)人民(じんみん)がアフンと(いた)すやうな大事業(たいもう)完成(でけ)()るぞよ。248一番(いちばん)(この)大本(おほもと)世界(せかい)(たから)竜宮殿(りうぐうどの)御手伝(おてつだい)()()げて、249三千世界(さんぜんせかい)()らすぞよ。250(まつ)老木(おいき)(つる)()()時節(じせつ)()たぞよ。251(つる)(かめ)とが()大本(おほもと)()(くだ)るぞよ。252人民(じんみん)には(いま)では(わか)らねども、253(あと)()りたら(わか)りて()るぞよ。254十二の(たまご)()(なら)べ、255()高砂(たかさご)(ぜう)(うば)256夫婦(ふうふ)(そろ)ふて大地(だいち)掃除(そうじ)(いた)したら、257(あと)結構(けつこう)()ふに()はれぬ(たの)もしき()となるぞよ。258との御用(ごよう)(まこと)結構(けつこう)であるぞよ。259()れに()けては御用(ごよう)御苦労(ごくろう)であるぞよ。260(かみ)経綸(しぐみ)(ひら)初発(しよつぱつ)肝腎(かんじん)五六七(みろく)御用(ごよう)であるぞよ。261この大本(おほもと)因縁(いんねん)身魂(みたま)でないと、262何事(なにごと)肝腎(かんじん)御用(ごよう)(いた)させんぞよ。263二十七年も()大本(おほもと)立寄(たちよ)りて()テハ身魂(みたま)は、264(むかし)から(あく)(つよ)身魂(みたま)性来(せうらい)で、265(もと)生神(いきがみ)(うしとら)押込(おしこ)めた身魂(みたま)であるから、266(もと)からの性来(せうらい)一寸(ちよつと)やソツトには(なを)らぬから、267(いま)()りても(かげ)になり(ひなた)になり、268大本(おほもと)這入(はい)りて邪魔(じやま)(ばか)(いた)(こと)(かんが)へて()るが、269(これ)(かみ)から(かがみ)()してあるのであるから、270改心(かいしん)いたせば(たす)けて()るなれど、271何時(いつ)までも改心(かいしん)出来(でき)ねば、272天地(てんち)規則(きそく)(どほ)りに(いた)して(しも)ふぞよ。273()(どく)でも身魂(みたま)改心(かいしん)出来(でき)ねば、274天地(てんち)規則(きそく)はナンボ(かみ)でも()えると()(こと)出来(でき)んから、275(たす)(やう)()いから、276(かみ)気苦労(きぐろう)(いた)せども、277守護神(しゆごうじん)其人(そのひと)(こころ)とは()(もと)(かみ)(こころ)正反対(さかさま)であるから、278()(いた)(こと)出来(でき)ぬぞよ。
279 (あつ)(しの)いで(あき)()(かぜ)()てど、280世界(せかい)(さび)しく()るぞよと(もう)して、281毎度(まいど)警告(しら)して()いたが、282世界(せかい)大戦争(おほたたかい)一寸(ちよつと)片付(かたつ)いて、283(これ)から世界(せかい)人民(じんみん)安神(あんしん)(くら)せると(おも)ふて()れど、284(これ)から()きは段々(だんだん)(つま)りて()世界(せかい)(さび)しく、285一旦(いつたん)()()えたやうになるとの神言(こと)でありたぞよ。286戦争(せんそう)(これ)()みたのでは()いぞよ。287戦争(せんそう)(もう)しても殺合(ころしあ)ひの喧嘩(けんくわ)(ばか)りでないぞよ。288(なに)()けても大戦争(おほたたかい)であるぞよ。289(すこ)しでも食物(たべもの)用意(ようゐ)(いた)さねば、290(あと)地団太(ぢだんだ)()んでも追付(をいつ)かぬ(こと)になるぞよ。291四足(よつあし)(ゑさ)()()ひが(はじ)まりて()るぞよ。292(ひつじ)(さる)とが(はら)()らして(むご)たらしい(とり)やいが(はじ)まるぞよ。293今迄(いままで)世界(せかい)人民(じんみん)(くる)しむ大戦争(おほたたかい)(よろ)こんで、294結構(けつこう)(こと)()りて金銀(きんぎん)()んで高振(たかぶ)つて()りた人民(じんみん)()(どく)ながら、295真逆様(まつさかさま)地獄(ぢごく)のドン(そこ)()ちて(くる)しむぞよ。296我欲本意(われよし)行方(やりかた)では(なが)うは(つづ)かんと()らして()りた(こと)実地(じつち)(かみ)から()()せてやるぞよ。297(これ)()世界(せかい)人民(じんみん)一時(いちじ)(はや)改心(かいしん)(いた)されよ。298(われ)所有(もの)天地(てんち)(あいだ)()()一枚(いちまい)()いぞよ。299(あたま)()一筋(ひとすじ)でも下駄(げた)(うら)()いた(すな)(ひと)つでも、300(かみ)(つく)りたもので()るぞよ。301(いま)人民(じんみん)(あま)結構(けつこう)すぎて冥加(みようが)()(こと)()らぬから、302()立替(たてかへ)(をり)には、303天地(てんち)からの(いまし)めに()ふて驚愕(びつくり)いたして、304(かしら)(した)(いた)して歩行(ある)かねば()らぬやうに(いま)()りて()るから、305(うしとら)金神(こんじん)()れを()()(つら)いから、306明治(めいじ)廿五年から大出口(おほでぐち)(なを)体内(たいない)()りて色々(いろいろ)苦労(くろう)をさして、307世界(せかい)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)とに()()けたので()りたぞよ、308(いま)この大本(おほもと)色々(いろいろ)世界(せかい)(こころ)になりて()りた体主霊従(あく)守護神(しゆごうじん)を、309(かみ)から引寄(ひきよ)せて()るから、310大本(おほもと)役員(やくいん)御苦労(ごくろう)であれども(むかし)(こと)から(さき)()(こと)まで()()かして改心(かいしん)さして、311神世(かみよ)(はしら)(みが)かねばならぬから、312第一(だいいち)役員(やくいん)から水晶(すいしよう)()りて(くだ)さらんと、313一寸(ちよつと)でも(にご)りが()りたら、314世界(せかい)から()()守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)改心(かいしん)さして、315(かみ)(はしら)(つか)(こと)出来(でき)んから、316片時(かたとき)()(はや)(まこと)(さと)りて(くだ)されよ。317(わか)りたと(おも)ふても()()中々(なかなか)(まこと)(こと)(わか)りては()らんぞよ。318(ここ)役員(やくいん)誤解(とりちがい)(いた)すと、319三千年(さんぜんねん)(なが)らくの経綸(しぐみ)(おく)れて()て、320世界(せかい)(おく)れた()けは(なが)らく(くる)しまねばならぬぞよ。321(この)大本(おほもと)世界(せかい)へも(うつ)世界(せかい)からも(うつ)りて()るから、322大本(おほもと)(なか)からキチンと立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(いた)して、323アレでならこそ世界(せかい)立直(たてなをし)大本(おほもと)じやと、324世間(せけん)人民(じんみん)(もう)すやうに()(ところ)まで、325各自(めいめい)身魂(みたま)(みが)ひて(くだ)されよ。326モウ時節(じせつ)(せま)りて()て、327改心(かいしん)()がないぞよ。328大地(だいち)(うへ)邪神(あくがみ)眷属(けんぞく)やら()(あし)守護神(しゆごうじん)(あし)一本(いつぽん)()(ところ)()いまで(よご)されて(しも)ふて、329(むかし)天地(てんち)(もと)生神(いきがみ)()(ところ)()いやうになりたから、330綾部(あやべ)大本(おほもと)(むかし)から(かみ)経綸(しぐみ)(かく)して()りた結構(けつこう)(ところ)であるから天地(てんち)(かみ)昇降(おりあがり)(いた)して今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(ひら)地場(ぢば)であるから、331(ちり)一本(いつぽん)でも()いやうに(きよ)らかに(いた)して(くだ)され。332(いま)までは(まこと)(もと)生神(いきがみ)は、333丹后(たんご)男島(をしま)女島(めしま)播磨(はりま)神島(かみじま)とに(かく)れて、334三千世界(さんぜんせかい)守護(しゆごう)いたして()りたぞよ。335時節(じせつ)(まい)りて(てん)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、336竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)(あら)はれて、337水晶(すいしよう)()御用(ごよう)(いた)すのであるから、338人民(じんみん)猶更(なほさら)この大本(おほもと)引寄(ひきよ)せて(もら)ふた人民(じんみん)は、339余程(よほど)(こころ)(きよ)らかに()ちて、340(ぜん)(みち)立帰(たちかへ)らぬとウカウカ大本(おほもと)(まい)りて(いた)して()りたら、341御神徳(おかげ)いただく(ところ)()(こわ)(こと)出来(でき)()るぞよ。342(これ)からは(かみ)日増(ひまし)烈敷(はげし)くなるぞよ。343人民(じんみん)改心(かいしん)せずには()られんやうに()るぞよ。344この大本(おほもと)(まこと)結構(けつこう)(ところ)(おそ)ろしい(ところ)であるぞよ。345大化物(おほばけもの)()くして()るぞよ。346この()(もの)普通(ふつう)()(もの)でないから、347(あら)はれたら(こころ)()るき守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)(こし)()けて(しも)ふて、348()()ひに()つて(くる)しむぞよ。
349 この大本(おほもと)には三千世界(さんぜんせかい)大気違(おほきちが)いやら大化物(おほばけもの)(あら)はれて、350()立替(たてかへ)立直(たてなを)しの神界(しんかい)御用(ごよう)(いた)して()るから、351普通(ただ)人民(じんみん)()からは見当(けんとう)一寸(ちよつと)()(にく)いなれど、352世界(せかい)大本(おほもと)(あら)はれた気違(きちが)いが(もう)した(こと)は、353一分(いちぶ)一厘(いちりん)間違(まちが)いのない、354チト()のある気違(きちが)いであるぞよ。355(かみ)から()れば(いま)日本(にほん)人民(じんみん)真正(せうまつ)狂人(きちがい)(ばか)りで、356()(こと)()(こと)(みな)間違(まちが)ひだらけであるぞょ。357それで(いま)人民(じんみん)(いた)(こと)はチツトも(しり)(むす)べて()らぬから、358何時(いつ)縮尻(しくじ)るので()るぞよ。359毎日(まいにち)毎夜(まいよ)(うそ)つく(こと)ばかり勉強(べんきやう)いたして、360(これ)文明開化(ひらけた)()行方(やりかた)(もう)して()るが、361(いま)人民(じんみん)(いた)した(こと)は、362政治(せいじ)()らず教育(きよういく)()らず、363(なに)(ひと)つも(ろく)(こと)出来(でき)ては()ろまいがな。364()れで日本(にほん)神国(しんこく)人民(じんみん)(もう)されやうか、365(わか)らぬと(もう)しても盲目(めくら)(もう)しても(あま)りであるぞよ。366外国人(がいこくじん)自由自在(じゆうじざい)(いた)され、367眉毛(まゆげ)(かず)まで()まれて()りても、368()()()かず、369ケツのケまでも()かれて(しも)ふて()(なが)ら、370()眼尻(めじり)()げて(よろ)こんで()ると()ふ、371(いま)日本(にほん)の○○○○の体裁(ていさい)372()いた(くち)(ふさ)がらぬと(もう)すのは、373此所(ここ)(こと)であるぞよ。374(いま)脚下(あしもと)から唐土(とうど)(からす)がたつが(わか)ろまいがな。375○○の○○と(もう)しても(あま)りで()いか。376一日(いちにち)(はや)く○○いたして(くだ)されよ。377(うめ)(ひら)いて(まつ)(をさ)める、378(たけ)外国(がいこく)守護(しゆごう)(いた)して、379万古末代(まんごまつだい)世界中(せかいぢう)泰平(たいへい)(をさ)める経綸(しぐみ)(いた)してある、380神国(しんこく)の○○と人民(じんみん)(なに)(わか)らむとは、381(むご)(こと)(くも)()りたものであるぞよ。382(これ)から三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)383竜宮館(りうぐうやかた)玉手箱(たまてばこ)()けのカラスと(いた)して、384()()守護(しゆごう)(かか)るから、385日本(にほん)守護神(しゆごうじん)(うち)にも大分(だいぶ)慮見(りようけん)(ちが)御方(おんかた)出来(でき)るぞよ。386明治(めいじ)二十五年から(うしとら)金神(こんじん)無間(むげん)(かね)()()して、387()高天原(たかあまはら)変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)身魂(みたま)力限(ちからかぎ)(こん)かぎり()()らして、388世界(せかい)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)警告(しら)(ども)389(つんぼ)生倉(なまくら)一人(いちにん)(まこと)(もの)(なか)りたなれど、390大正(たいせう)五年の五月に、391五六七(みろく)大神様(おほかみさま)大本(おほもと)御降臨(をいで)あそばしてから、392余程(よほど)(わか)人民(じんみん)大本(おほもと)へボツボツ(まい)りて()るやうになりて、393(いま)では世界(せかい)大本(おほもと)(もう)しても、394(あま)(はづ)かしう()(やう)なれど、395(かみ)から()れば()()だいろはのいの片方(かたほう)までも(わか)りては()らんぞよ。396この節分(せつぶん)(さかい)といたして、397ソロソロと経綸(しぐみ)玉手箱(たまてばこ)()けるから、398浦島太郎(うらしまたろう)日本男子(にほんだんじ)よ、399腹帯(はらをび)(しつか)りと(しめ)御座(ござ)れよ。400今迄(いままで)一生懸命(いつせうけんめい)()りて(ぜん)(おも)ふて(よろ)こんで(いた)して()(こと)が、401薩張(さつぱり)(けむり)()つて()えて(しも)ふから、402了見(りやうけん)(ちが)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)大多数(たつぴつ)出現(でる)ぞよ。403(いま)人民(じんみん)精神(せいしん)持方(もちかた)では、404余程(よほど)改心(かいしん)(いた)さんと、405日本男子(にほんだんじ)桃太郎殿(ももたろうどの)も、406何程(なにほど)かしこい猿智慧(さるぢゑ)でも、407何程(なにほど)(つよ)(いぬ)使(つか)ふても、408雉子(きじ)長泣女(ななきめ)先導(みちびき)でも、409(をに)(しま)征伐(せいばつ)(むつ)(しい)いぞよ。410正反対(さかさま)(をに)征服(やら)れるやうな(こと)になるぞよ。411変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうによし)(ぜう)(うば)(もう)(こと)が、412(みみ)這入(はい)らぬやうな(こと)では、413日本(にほん)神国(しんこく)到底(とて)()ちては()かぬから、414(かみ)(むかし)から斯世(このよ)()るのが()(わか)りて()りての、415三千年(さんぜんねん)(なが)経綸(しぐみ)であるから、416()めては大本(おほもと)(をしえ)一口(ひとくち)なりと()いた守護神(しゆごうじん)は、417(その)覚悟(かくご)(いた)して、418神界(しんかい)御助(おたす)けを(いた)して(くだ)され。419(かみ)()りもぎには(いた)さんぞよ。420今度(こんど)日本(にほん)(つぶ)れたら世界中(せかいぢう)暗黒(くらやみ)となりて、421悪神(あくがみ)自由(じゆう)になるから、422()(くら)()を、423天照(あまてら)皇大御神(すめおほみかみ)(かみ)()が、424日本(にほん)(くに)(ひかり)(あら)はして世界(せかい)(てら)さねば、425天地(てんち)祖神様(おやがみさま)申訳(もうしわけ)()たぬ(こと)になるぞよ。426日本(にほん)人民(じんみん)(てん)大神様(おほかみさま)分霊(わけみたま)なり。427肉体(にくたい)国常立之尊(くにとこたちのみこと)守護(しゆごう)であるから、428人民(じんみん)(かみ)(おな)(こと)であるぞよ。429この結構(けつこう)(かみ)御宮(おみや)(たま)追出(おいだ)して、430薩張(さつぱ)悪神(あくがみ)やら四足(よつあし)住宅(すみか)(いた)されて()るのであるから、431(いま)人民(じんみん)所作柄(しよさがら)(もう)(もの)は、432サツパリ(をに)(をろち)畜生(ちくせう)にも(をと)りて()るぞよ。433()れで(いま)人民(じんみん)(いた)(こと)は、434逆様(さかさま)(ばか)りより出来(でき)(いた)さんので()るぞよ。435それで今度(こんど)(てん)()とを(こし)らえた(もと)生神(いきがみ)が、436綾部(あやべ)本宮(ほんぐう)()(もと)地場(ぢば)(あら)はれて、437今度(こんど)世界(せかい)(かま)ふて()らねば、438何時(いつ)までも天下泰平(てんかたいへい)には()らんから、439(たて)(よこ)との機織(はた)仕組(しぐみ)()(もと)から(いた)してありたのじやぞよ。
440(はた)(はじま)丹波(たんば)綾部(あやべ)441あやの神戸(かんべ)にあるわいなと、442(むかし)から(うた)(のこ)してありたのは今度(こんど)世界(せかい)立替(たてかへ)立直(たてなを)しに(つい)ての(たとへ)であるぞよ。443経糸(たていと)はモウ出来上(できあが)りて(てん)(あが)りたから、444(これ)から(さき)変性女子(へんぜうによし)御苦労(ごくろう)なれど、445緯糸(よこいと)をかけて棚機姫殿(たなばたひめどの)御用(ごよう)(いた)さすのであるぞよ。446(めづ)らしき(はた)仕組(しぐみ)であるぞよ。
447二十七年に(わた)りて、448(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)()(くち)とで()らして()いた(こと)実地(じつち)今年(ことし)から(わか)りて()るから、449()大本(おほもと)何彼(なにか)(こと)()はしく()りて、450()(まわ)(ごと)くに()るから、451モチト役員(やくいん)しつかり(いた)して、452神界(しんかい)(いそ)がしいやうに、453人間界(にんげんかい)(いそ)いで御用(ごよう)いたして(くだ)されよ。454一日(いちにち)(をろ)かでないぞよ。455片時(かたとき)(はや)人間界(にんげんかい)出来(でき)()けの仕組(しぐみ)にかかりて(くだ)されよ。456(いま)大本(おほもと)立廻(たちまわ)りの人民(じんみん)(あま)気楽(きらく)()ぎるぞよ。457()んな(こと)神界(しんかい)御用(ごよう)には()らんぞよ。458我一(われいち)(ほね)()りて(つと)()げねば(いま)立廻(たちまわ)(こころ)(ゆる)みて()るぞよ。459怠惰(ずんだら)人民(じんみん)一人(いちにん)でも()ると何彼(なにか)一切(いつさい)邪魔(じやま)になるから、460可愛相(かあいさう)でも(しば)らく成就(ぜうじゆ)する(まで)(ひか)えさして(くだ)されよ。461大本(おほもと)(うへ)(ゑだ)(たの)むぞよ。462(いま)大本(おほもと)には外国(がいこく)御魂(みたま)()せられんぞよ。463十日も大本(おほもと)()りて、464()(かみ)(こと)(わか)らいで(うたが)ふやうな人民(じんみん)(かい)らすがよいぞよ。465(かへつ)神界(しんかい)仕組(しぐみ)邪魔(じやま)()るぞよ。466一寸(ちよつと)でも邪魔(じやま)這入(はい)りた(だけ)は、467神界(しんかい)経綸(しぐみ)()立直(たてなを)しが(おく)れるから、468一日(いちにち)でも(おく)れただけは世界(せかい)(くる)しまねば()らぬから、469大本(おほもと)(うへ)(ゑだ)になりた役員(やくいん)遠慮(ゑんりよ)()らぬから、470ビシビシと筆先(ふでさき)(どほ)りに(いた)して(くだ)され。471(いま)一大事(いちだいじ)(とき)であるぞよ。472出口(でぐち)(なを)神影(すがた)金銀(きんぎん)()りては()げられんぞよ。473神界(しんかい)(うかが)ふて許可(ゆるし)()けてからで()いと、474売物(うりもの)(いた)したら(きび)しき(いましめ)があるから、475一寸(ちよつと)()()けて()くぞよ。476出口(でぐち)(なを)神影(すがた)には人民(じんみん)()()(こと)(あい)()らんぞよ。477(これ)変性女子(へんぜうによし)御用(ごよう)であるから、478神影(すがた)(かみ)(うつ)りて(かか)すなれど、479女子(によし)身魂(みたま)日増(ひまし)(いそ)がしう()るから、480因縁(いんねん)()身魂(みたま)御手伝(おてつだ)いを(ゆる)すぞよ。481(かみ)姿(すがた)何程(なにほど)大事(だいじ)役員(やくいん)でも(みだ)りに(ふで)()られんぞよ。482()心得(こころえ)()りて(くだ)され。483教監役員(いちのゑだ)()()けて()くぞよ。
484 大正(たいせう)七年十二月二十二日、485(きう)十一月の二十日、486竜宮館(りうぐうやかた)女子(によし)体内(たいない)()りて国常立尊(くにとこたちのみこと)()きおくぞよ。