霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年一二月二六日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1918(大正7)年12月26日(旧11月23日)
神霊界掲載号:第77号 16頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 26頁 八幡書店版伊都能売神諭:41頁
概要: 備考:神示の中には旧11/24と出てくるが実際には旧11/23(日没後か?) タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is06
001 (ひつじさる)金神(こんじん)豊国主之命(とよくにぬしのみこと)変性女子(へんぜうによし)()()りて()立替(たてかへ)立直(たてなほし)神言(こと)()きおくが今度(こんど)二度目(にどめ)天之岩戸(あまのいはと)(びら)きは神界(しんかい)でも大事業(たいもう)()るぞよ。002何事(なにごと)神界(しんかい)(ばか)りでは地上(ちじやう)立直(たてなほ)しは出来(でき)ぬから、003阿直(あぢき)王仁(おに)身魂(みたま)斯世(このよ)(あら)はして三千世界(さんぜんせかい)修理(つくり)かえて(さら)つの(まつ)五六七(みろく)神政()(いた)すに(つい)ては、004大出口(おほでぐち)(なほ)若姫君(わかひめぎみ)(みこと)御魂(みたま)(ひと)つに()りて、005上天(くにがへ)(いた)して、006(てん)大方(おほかた)(おさ)め、007()()へも()りて()()(うへ)立替(たてかへ)(かか)るなり、008変性女子(へんぜうによし)()高天原(たかあまはら)(しづ)まりて出口(でぐち)王仁(おに)肉体(にくたい)使(つか)ふて()世界(せかい)立直(たてなほ)しに(かか)らすぞよ。009それに(つい)ては女子(によし)身魂(みたま)に七(さい)(とき)から坤之金神(ひつじさるのこんじん)引添(ひつそ)ふて世界(せかい)塩踏(しほふみ)がさして()るぞよ。010十壹(さい)七月(しちがつ)十二(にち)(はじ)めて帰神(かみががり)(いた)して天眼通(てんがんつう)011天言通(てんごんつう)(さづ)けて、012十三(さい)七月(しちがつ)十二(にち)から言霊(ことたま)応用(はたらき)(をし)へて(かみ)色々(いろいろ)不思議(ふしぎ)()して()せたなれど、013丹波(たんば)穴太(あなを)()ふやうな草深(くさぶか)田舎(いなか)(こと)()るから、014(たれ)()(うへ)()けて()れるものは()く、015()(むら)人民(じんみん)不思議(ふしぎ)少年(こども)じやと(うわ)さをいたす(ばか)りで、016女子(によし)両親(りようしん)神界(しんかい)(こと)(もう)すと大変(たいへん)立腹(りつぷく)いたして(いへ)には()かぬと(もう)して、017幾度(いくたび)()()した(こと)()るぞよ。018仏法(ぶつぽう)隆盛(さかん)土地(とち)()るから、019親族(しんぞく)株内(かぶうち)近所(きんじよ)人々(ひとびと)大変(たいへん)心配(しんぱい)いたして、020()れほど神様(かみさま)(きちが)ひに()りて(しま)ふては先祖(せんぞ)(あと)()げぬ。021我村(わがむら)には神道(しんどう)一戸(いつけん)()いのに、022(むら)反対(はんたい)神道(しんどう)()るなら()(むら)には()りては(もら)えんからと(もう)して四方八方(しほうはつぽう)から()()てられ、023()むを()小学校(せうがつかう)助教師(じよきやうし)(つと)めさされたのは、024女子(によし)が十四(さい)(とき)()りたぞよ。025十四(さい)(とき)026小学校(せうがつこう)教員室(きやういんしつ)一生懸命(いつせうけんめい)神道(しんどう)(はなし)(いた)して()りたら、027上級(じやうきゆう)教員(きやういん)山本(やまもと)(もう)亀岡(もめをか)ママ(うま)れの僧侶(ぼうず)教員(きやういん)(おほ)きな衝突(せうとつ)出来(でき)て、028()れが(ため)小学校(せうがつかう)退()(こと)()り、029十五(さい)(あき)から隣家(となり)奉公人(ほうこうにん)()(さが)り、030(いつ)(ねん)(あま)無事(ぶじ)(つと)めた(おり)031村人(むらびと)百三十五()女子(によし)(ちち)032上田(うへだ)吉松(よしまつ)公事(こうじ)突発(とつぱ)いたして九死一生(きうしいつせう)(ちち)難義(なんぎ)(すく)ふために奉公(ほうこう)()し、033(ただち)宮垣内(みやがきない)(ちち)(いへ)(かへ)り、034村人(むらびと)相手(あいて)二三日(にさんにち)対抗(たいこう)結果(すえ)035(じや)(つい)(せい)(てき)(がた)く、036上田家(うへだけ)大勝利(だいしようり)一旦(いつたん)()りたなれど、037多勢(おほぜい)反対(はんたい)()けた上田(うへだ)(いへ)(たちま)生計(くらし)大困難(おほこんなん)()たし、038親子(おやこ)七人(しちにん)路頭(ろとう)()たねば()らぬ(ところ)まで(くる)しみたなれど、039(ただ)一人(いちにん)として同情(どうぜう)する(もの)()く、040貧乏(びんぼう)一入(ひとしほ)(ひど)()り、041世間(せけん)人情(にんぜう)(かみ)よりも(うす)く、042(こほり)よりも(つめ)たきを(さと)りた変性女子(へんぜうによし)は、043(あさ)(ゆう)産土(うぶすな)(かみ)参拜(さんぱい)(いた)し、044弥々(いよいよ)信念(しんねん)(いわ)(ごと)くに(かた)まりたなれど、045其日(そのひ)(ぐら)しの上田(うへだ)(いへ)では神様(かみさま)(ばか)りに(つか)える(こと)出来(でき)ず、046父子(おやこ)荷車(にぐるま)()きと()つて其日(そのひ)(ほそ)(けむり)()てて()りたのも神界(しんかい)から変性女子(へんぜうによし)御魂(みたま)今度(こんど)二度目(にどめ)()立直(たてなほ)しの御用(ごよう)使(つか)(ため)神界(しんかい)(ふか)経綸(しぐみ)で、047(わざ)とに片田舎(かたいなか)(まづ)しい(いへ)(うま)れさして、048種々(いろいろ)艱難(かんなん)苦労(くらう)()したので()りたぞよ。049何事(なにごと)(みな)(かみ)から()らず()らず()せられるので()るぞよ。050女子(によし)が十八(さい)になりた(はる)051丹波国(たんばのくに)大枝坂(おほえださか)(なし)()(とほげ)神界(しんかい)からの経綸(しぐみ)霊学(れいがく)中興(ちうこう)偉人(ゐじん)052本田(ほんだ)九郎(くろう)親徳(ちかあつ)途中(とちう)対面(たいめん)いたさせたのも、053(みな)(かみ)経綸(しぐみ)引合(ひきあわ)せで()りたぞよ。054それから変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)にそろそろと敬神行為(かみまつり)自由(じゆう)神界(しんかい)から(ゆる)したから、055両親(りようしん)親族(しんぞく)近所(きんじよ)株内(かぶうち)も、056何時(いつ)とは()しに邪魔(じやま)(いた)さぬ(やう)()りたぞよ。057何事(なにごと)出来(でき)るのも(みな)(かみ)経綸(しぐみ)であるから、058時節(じせつ)()(うち)に、059何程(なにほど)人民(じんみん)(こころ)焦慮(あせり)()ても(なに)(ひと)(おも)ふやうに()きは(いた)さんので()るぞよ。060それから女子(によし)が二十三(さい)になりた(なつ)から、061獣医(じゆうゐ)牧畜(ぼくちく)事業(しごと)就事(かから)して身魂(みたま)(みが)かしてあるぞよ。062二十八(さい)(はる)までに、063神界(しんかい)から色々(いろいろ)苦労(くらう)艱難(かんなん)()して、064何事(なにごと)にも(をど)かぬ(やう)幾度(いくたび)生命(いのち)(あや)ぶい修行(ぎやう)()してあるから、065(いま)何事(なにごと)出来(しゆつたい)いたしても微躯(びく)とも(いた)さぬ身魂(みたま)(みが)けたから明治(めいぢ)三十一年の二(がつ)から弥々(いよいよ)神界(しんかい)(まこと)修業(ぎやう)(かか)らせたぞよ。066二十九の(ねん)から綾部(あやべ)大元(おほもと)引寄(ひきよ)して、067(また)(あらた)十年(じゆうねん)修行(しゆぎやう)()して、068身魂(みたま)水晶(すいしよう)(あら)ふて、069神界(しんかい)経綸(しぐみ)をボツボツと(もう)()けてありたが、070女子(によし)弥々(いよいよ)三十九の(とし)でありたぞよ。071今年(ことし)(また)十年目(じうねんめ)になりたから、072七月(しちがつ)の十二(にち)から七十五(にち)身魂(みたま)三度目(さんどめ)大洗濯(おほせんだく)(いた)して竜宮館(りうぐうやかた)(まこと)御用(ごよう)使(つか)ふやうになりたから、073変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)と、074変性女子(へんぜうによし)御魂(みたま)とが、075(てん)()(ふた)つに(わか)れて()立替(たてかへ)男子(なんし)天地(てんち)昇降(おりあがり)(いた)して守護(しゆごう)をするなり、076女子(によし)()高天原(たかあまはら)豊国主之命(とよくにぬしのみこと)(あら)はれて、077()世界(せかい)一切(いつさい)立直(たてなほ)しを(いた)御役(おんやく)(さだ)まりたから、078百千万億人(ひやくせんまんおくにん)(てき)でも百千万億(ひやくせんまんおく)悪魔(あくま)でも、079チツトモ(おそ)れん身魂(みたま)()りたから、080世界(せかい)何事(なにごと)出来(しゆつたい)いたしても綾部(あやべ)大本(おほもと)(ゆる)しの()(こと)は、081ドンナ(ちい)さい事業(こと)でも()では()かぬ神政()(かわ)りて()たぞよ。082()()くなら(なん)なりと人民(じんみん)(ちから)()りて()よ。083八九分(はちくぶ)までは()くなれど、084肝心(かんじん)(とど)めが()せんぞよ。085(これ)()(かわ)りて()るのであるぞよ。086天地(てんち)(あいだ)八百万(やほよろづ)金神(こんじん)守護(しゆごう)いたすなり、087天地(てんち)主宰神(とりしまり)大国常立之命(おほくにとこたちのみこと)であるぞよ。088(ひつじさる)金神(こんじん)(おく)(やく)()るから、089()一切(いつさい)主護(しゆごう)いたして、090天地(てんち)(そろ)ふて水晶(すいせう)になりたら、091(てん)御先祖様(ごせんぞうさま)御還(おかや)(もう)して、092五六七(みろく)神代(かみよ)末代(まつだい)(うご)かぬ(まつ)()(いた)して、093天上(てんじやう)天下(てんか)清浄(せいじよう)太平(たいへい)(おさ)まるので()るが、094モウ時節(じせつ)近寄(ちかよ)りて()たから、095一人(いちにん)なり(とも)(はや)改心(かいしん)いたして、096日本人(にほんじん)だけの(まこと)(おこな)ひを(いた)して(くだ)されよ。097日本(にほん)結構(けつこう)(くに)であるから、098日本(にほん)(うま)れた人民(じんみん)(かみ)御用(ごよう)出来(でき)身魂(みたま)(もと)から(こし)らえてあるので()るから、099(いさ)んで身魂(みたま)(みが)いて何彼(なにか)御用(ごよう)我一(われいち)(いた)して(くだ)され。100綾部(あやべ)大本(おほもと)には変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)女子(によし)身魂(みたま)とが(あら)はして、101世界(せかい)(かがみ)()してあるから、102()(かがみ)(われ)姿(すがた)(うつ)して、103一日(いちにち)(はや)()(ため)(くに)(ため)()()身魂(みたま)相応(そうおう)活動(はたらき)をいたして(くだ)されよ。104神界(しんかい)何事(なにごと)(みな)帳面(ちようめん)(しる)して()るから、105滅多(めつた)使(つか)(ほか)しには(いた)さぬから、106安心(あんしん)いたして、107(いま)までの体主霊従(あく)(こころ)()(かへ)て、108(なん)なりと経綸(しぐみ)(たす)けを(いた)して(くだ)され。109何時(いつ)まで鎭魂(ちんこん)帰神(きしん)修行(しゆぎやう)(いた)して()りても、110実地(じつち)(おこな)ひを(いた)さねば、111神界(しんかい)手数(てすう)()ける(ばか)りで、112()(とほ)りに()(せま)りて()()二度目(にどめ)()立替(たてかへ)邪魔(じやま)()(ばか)りであるぞよ。113(まこと)さえありて(かみ)(もう)(こと)一度(いちど)(わか)人民(じんみん)御魂(みたま)でありたなら、114鎭魂(ちんこん)帰神(きしん)修行(しゆぎよう)()らぬので()れども、115一度(いちど)(わか)らぬ(うたが)ひの(ふか)人民(じんみん)(ため)に、116この大本(おほもと)(かみ)手数(てすう)()けて()るのであるぞよ。117(いま)人民(じんみん)(ほど)(こま)りたものは()いぞよ。118天地(てんち)先祖(せんぞ)生神(いきがみ)でも(いま)人民(じんみん)(わか)らぬ身魂(みたま)には(こま)りて()るぞよ。
119 大正(たいせう)七年十二月二十六日 (きう)の十一月二十四日 (ひつじさる)金神(こんじん)竜宮館(りうぐうやかた)(あら)はれて、120変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)使(つか)ふて()()るしおくぞよ。