霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月一日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月1日(旧11月29日)
神霊界掲載号:第78号 9頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 63頁 八幡書店版伊都能売神諭:46頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is07
001 大正(たいせう)八年一月一日 (きう)大正(たいせう)七年十一月二十九日 水曜日癸の丑四方拝の日
002 (うしとら)金神(こんじん)大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)筆先(ふでさき)()るぞよ。003()()世界(せかい)(きう)()ければ作物(さくもつ)一切(いつさい)見当(けんとう)()れんので()れど、004新暦(しんれき)(いた)した(ため)に十五日にも(しん)(やみ)()りたり、005一日(いちじつ)満月(まんげつ)()りて、006天地(てんち)(むかし)から(さだ)まりた規則(きそく)(やぶ)りて()るから、007()(うへ)(つく)(もの)(みな)(むし)這入(はい)りたり、008(あめ)()るべき(とき)()らなんだり、009(かぜ)(くる)ふたり、010(なに)(ひと)(ろく)(こと)出来(でき)(いた)さんぞよ。011(いま)日本(にほん)人民(じんみん)年頭(ねんとう)(もう)して祝酒(いわいざけ)()んだり、012(もち)()いたり、013松竹梅(せうちくばい)(かど)()目出度(めでた)がりて()れども、014肝腎(かんじん)天地(てんち)巡行(めぐり)(さから)ふて()るから、015天地(てんち)神々(かみがみ)(あま)(よろこ)びは(いた)されんぞよ。016()(もと)(かみ)()(かた)は、017(つき)神様(かみさま)(もと)(いた)した(もと)月日(つきひ)でないと、018(まこと)(よろ)こびと(いさ)みは()いのであるが、019(いま)人民(じんみん)(なに)(わか)らぬから()んな(こと)天地(てんち)調和(ちやうわ)出来(でき)ると(おも)ふて()るのか、020(これ)暗黒(くらがり)()(もう)すのであるぞよ。021(きう)正月(せうがつ)元日(ぐわんじつ)六合拝(りくごうはい)(いた)すのであるぞよ。022六合拝(りくごうはい)(もう)すのは(てん)()との祖神(をやがみ)(はじ)め、023東西南北(とうざいなんぼく)神々(かみがみ)礼拝(れいはい)し、024上御一人(いきがみさま)御礼(おれい)申上(もうしあ)げる神事(かみごと)であるぞよ。025()大本(おほもと)(をしへ)どほりに日本(にほん)人民(じんみん)(いた)すやうに()らぬと、026(まこと)神国(しんこく)にはならんぞよ。027(これ)でも時節(じせつ)(まい)りたら天地(てんち)(かみ)(もと)(むかし)神代(かみよ)行事(をこない)立直(たてなを)して()せてやるぞよ。028(わる)(やまい)流行(はや)るのも豊作(ほうさく)()れぬのも、029(みな)日本(にほん)上下(うへした)守護神(しゆごうじん)が、030天地(てんち)(うご)かぬ規則(きそく)反対(はんたい)いたして()るからの(こと)であるぞよ。031(あさ)(ゆき)()れても人民(じんみん)(こころ)(つも)(つめ)たい(ゆき)()けねば、032()(うへ)結構(けつこう)にはならむぞよ。033大正(たいせう)忠臣蔵(ちうしんぐら)四十八(れい)(こころ)(ゆき)()()けぬぞよ。034()(なぞ)(はや)()けねば三千世界(さんぜんせかい)はユキ(つま)りツマツて(つま)らん(こと)出来(でき)るぞよ。
035 神国(かみぐに)(まつ)神代(かみよ)近寄(ちかよ)りて、036一の(とど)めは(くに)(みや)037御国(みくに)(まも)八重垣(やえがき)の、038(かみ)(やしろ)(しづ)まりし、039豊国主(とよくにぬし)大神(おほかみ)と、040神素盞嗚(かむすさのを)二柱(ふたはしら)041禁闕要(きんかつかね)大神(おほかみ)も、042大地(だいち)(そこ)から(あら)はれて、043木花咲耶姫神(このはなさくやひめがみ)の、044天地(てんち)和合(わがう)御守護(ごしゆご)で、045弥々(いよいよ)()かき火々出見(ほほでみ)の、046(かみ)御言(みこと)()()れば、047五日(いつか)(かぜ)十日(とをか)(あめ)も、048(そろ)ひて(にぎ)はしく、049(ひと)(こころ)清滝(きよたき)の、050(みづ)(なが)れも(うる)はしく、051(をさ)まる神代(みよ)目出度(めでた)さは、052()神国(かみぐに)天照(あまて)(とほ)り、053(たす)(さちは)生国(いくぐに)と、054上下(かみしも)(そろ)ふて(うめ)(はな)055一度(いちど)(ひら)(たの)もしき、056(なが)神代(かみよ)(まつ)()に、057(つき)()(わた)天津日(あまつひ)の、058(かげ)(ゆた)かに(あかね)底本では「晒」さす、059内外(うちと)(くに)神人(かみびと)が、060(こころ)(をに)打和(うちなご)め、061世界(せかい)(ひと)つに(をさ)まりて、062天津日嗣(あまつひつぎ)御稜威(ごりようい)を、063(あふ)(うやま)(よろ)こびつ、064千歳(ちとせ)(つる)万世(よろづよ)の、065(かめ)()ひつつ丹波路(たんばじ)の、066(あや)高天(たかま)参集(まいつど)ふ、067(かみ)経綸(しぐみ)(とほ)とけれ。
068 大正(たいせう)八年新一月一日 (みづ)御魂(みたま)