霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月二日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月2日(旧12月1日)
神霊界掲載号:第78号 16頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 70頁 八幡書店版伊都能売神諭:58頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is10
001 釈迦(さか)照寺(てるてる)002五十鈴川(すずかは)(くも)る、003(あい)月照弥満(つるやま)朝雨(あめ)()る。004(ぶつ)(さか)えて、005何処(どこ)彼所(かしこ)(てら)ばかりで、006肝腎(かんじん)天照皇太神宮(てんせうこうだいじんぐう)御宮(おみや)まで、007一旦(いつたん)(おく)(いん)阿弥陀仏(あみだぶつ)(まつ)()み、008大神様(おほかみさま)()甲斐(かひ)なしに(いた)して、009日本(にほん)国魂(くにたま)までも(くも)らして(しも)ふて、010(その)国魂(くにたま)(せい)()けて(うま)れた神国(しんこく)人民(じんみん)は、011大神(おほかみ)御神体(ごしんたい)なる八咫御鏡(やたのみかがみ)言霊(ことたま)までが(くも)りて()たので、012()れから(うま)れた人民(じんみん)天気(てんき)小言(こごと)(もう)すやうに()りて、013段々(だんだん)天地(てんち)(くも)らして()たから、014何時(いつ)天災地変(てんさいちへん)(をこ)(つめ)であるぞよ。015天地(てんち)変災(へんさい)(みな)人民(じんみん)(こころ)言霊(ことたま)(にご)りて()るから、016一年(いちねん)()しに(おほ)くなる(ばか)りであるから、017日本(にほん)言霊(ことたま)(さちは)天照(あまて)(くに)人民(じんみん)は、018第一番(だいいちばん)(こころ)立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(いた)して言霊(ことたま)(きよ)め、019善言美詞(みやびのことば)(つか)ふて、020天地(てんち)神様(かみさま)人民(じんみん)(こころ)(やわら)げん(こと)には、021何時(いつ)(まで)天災地変(てんさいちへん)(をさ)まると()(こと)はないぞよ。022(いま)人民(じんみん)一人(いちにん)善言美詞(みやびのことば)使(つか)ふものは()(ばか)りか、023日夜(にちや)(ひと)悪口(わるくち)(ばか)(もう)して(よろ)こび(いさ)み、024()んど悪事醜行(わるいこと)新聞(しんぶん)にも()ては()んかと、025()(ばか)りを()ちて()(くも)りた人民(じんみん)(ばか)りで、026外国人(がいこくじん)よりも精神(せいしん)(わる)(よご)れて()るから、027(てん)()します大神様(おほかみさま)堪忍袋(かんにんぶくろ)()らし(あそ)ばして、028()うしても()立替(たてかへ)一度(いちど)(いた)さねば()らぬと(もう)されるのを、029(うしとら)金神(こんじん)(これ)まで(ひら)けた世界(せかい)(つぶ)されては、030(なに)にも()らぬ人民(じんみん)可愛相(かわいさう)なり、031一人(いちにん)なりとも改心(かいしん)さして(のこ)してやりたいと(おも)ふて、032(てん)御先祖様(ごせんぞさま)日時(ひにち)()ばして(いただ)き、033斯世(このよ)(つぶ)さずに大難(だいなん)小難(せうなん)(まつ)(かへ)(くだ)さるやうに、034大出口(おほでぐち)(なを)体内(たいない)(うつ)りて今迄(いままで)御詫(おわび)をいたして()りたなれど、035(いま)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)一寸(ちよつと)()いて(くだ)さらぬから、036()むを()(うしとら)金神(こんじん)変性男子(へんぜうなんし)大出口(おほでぐち)(かみ)は、037()()きて(てん)(かへ)りて守護(しゆごう)(いた)すやうに()りたから、038世界(せかい)何事(なにごと)出来(しゆつたい)(いた)しても、039(うしとら)金神(こんじん)大出口(おほでぐち)(かみ)不足(ふそく)(もう)されまいぞよ。040二十七(ねん)(わた)りてクドウ()()けておいたぞよ。041いよいよ仁愛神様(みろくさま)御出(おいで)ましに()りて、042(つき)大神様(おほかみさま)御守護(ごしゆご)(あい)()りて、043(みづ)御魂(みたま)御用(ごよう)(めぐ)りて()たから、044(つき)大神様(おほかみさま)(やみ)()隅々(すみずみ)まで御照(おてらし)(あそ)ばして、045()()守護(しゆごう)となると、046罪悪(めぐり)(ふか)国々(くにぐに)047所々(ところどころ)048家々(いへいへ)049人々(にんにん)()(あめ)()ると(もう)して、050(むかし)から(あい)土山(つちやま)(あめ)()ると(もう)して(うた)(つく)りて、051(かみ)から()()けて()りたなれど、052盲目(めくら)(つんぼ)()()りた日本(にほん)人民(じんみん)が、053()()けんから、054(うしとら)金神(こんじん)日本(にほん)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)に、055()いて()かして改心(かいしん)さして、056身魂(みたま)(たす)けてやり()いと、057一心(いつしん)(こころ)(くだ)いて、058明治(めいじ)二十五年から変性男子(へんぜうなんし)体内(たいない)()りて()らしたなれど、059(いま)一寸(ちよつと)(わか)らぬやうな守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)は、060()(どく)でも()むを()ずの惨事(こと)出来(しゆつたい)いたすなれど、061(だれ)(うら)める(やう)()(こと)()りて()るぞよ。062昨年(きよねん)の十二月二十七日には、063東京(とうきよう)(かわず)集会(しうかい)(はじ)まりたが、064今度(こんど)集会(しうかい)何年(いつも)とは(かわ)りて()ろうがな。065其日(そのひ)綾部(あやべ)大本(おほもと)へは神界(しんかい)経綸(しぐみ)世界(せかい)国魂(くにたま)(あつま)りて、066千秋万歳楽(せんしうばんざいらく)基礎(もと)(さだ)まりたのも、067五六七(みろく)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)であるぞよ。068結構(けつこう)(くに)(もと)になる十二の(たから)(あつま)りて()たから、069モウ()(さき)何彼(なにか)(こと)(はや)くなりて、070経綸(しぐみ)段々(だんだん)人民(じんみん)()にも(わか)るやうになりて()るぞよ。071(これ)から世界(せかい)は十二ケ(こく)(つづ)まりて日本(にほん)(ひと)つの(わう)(をさ)まるのであるが、072(その)(ところ)()(まで)には世界(せかい)大混雑(だいこんざつ)()いて()るから、073余程(よほど)(しつか)りと腹帯(はらをび)(しめ)ておかんと、074途中(とちう)(はら)(やぶ)れるやうな(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。
075 大正(たいせう)八年一月二日、076(きう)十二月一日、077甲寅(きのへとら)の日竜宮館(りうぐうやかた)(うしとら)金神(こんじん)変性女子(へんぜうによし)(うつ)りてしるしおく。