霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月五日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月5日(旧12月4日)
神霊界掲載号:第78号 17頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 71頁 八幡書店版伊都能売神諭:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正八年一月五日 旧七年十二月四日
002 (うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)が、003三千世界(さんぜんせかい)五六七(みろく)神代(かみよ)立直(たてなを)すに(つい)て、004変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)世界(せかい)一切(いつさい)調査(あらため)いたして()れば、005(あま)(おほ)きな間違(まちが)いと誤解(とりちがい)で、006(かみ)(あき)れるより(ほか)()いぞよ。007(いま)政治(せいじ)()ひ、008教育(きやういく)()ひ、009宗教(しうきやう)()ひ、010実業(じつげう)()ひ、011軍事(ぐんじ)()ひ、012(なに)から(なに)まで日本(にほん)精神(せいしん)(みな)()けて()るから、013逆様(さかさま)ばかりで(かみ)()()(やう)()いから、014矢張(やは)(もと)神世(かみよ)からの経綸(しぐみ)どほりに、015(らち)()(いた)して立替(たてかへ)(しま)はねば、016到底(とうてい)この間々(まま)にして立直(たてなを)すと()(わけ)には()かぬから、017世界(せかい)何事(なにごと)出来(しゆつたい)いたしてもモウ(かみ)不足(ふそく)(もう)されまいぞよ。018(いま)(くに)大難(だいなん)突発(わい)()たら(いま)外国魂(がいこくだましい)守護神(しゆごうじん)は、019(みな)(われ)故郷(こきやう)外国(がいこく)()(かた)()いて(しも)ふもの(ばか)りで、020(まこと)のものは千人(せんにん)一人(いちにん)より()りは(いた)さん、021(むご)(こと)()りて()るぞよ。
022 ()立替(たてかへ)(つい)ては(むかし)(もと)生神(いきがみ)神力(ちから)つくしの()(かぎ)りしまい、023()()(あが)りて天地(てんち)一度(いちど)()(うご)くぞよ。024一度(いちど)(ひら)(うめ)(つぼ)みも(さくら)しま。025何時(いつ)破裂(はれつ)いたすやら人民(じんみん)には(わか)るまいが、026モウ時節(じせつ)(せま)りて()たから、027チツトの油断(ゆだん)出来(でき)ぬぞよ。028人民(じんみん)改心(かいしん)一日(いちにち)(をく)れても、029天地(てんち)大変(たいへん)(ちが)ひであるぞよ。030()れで一日(いちにち)(はや)()大本(おほもと)(なか)から(はや)立直(たてなを)さぬと、031世界(せかい)から(さき)()りて、032綾部(あやべ)大本(おほもと)(なが)らくの(あいだ)阿房(あほう)(なに)()()りたのじやと、033世界(せかい)から(わら)はれて面目(めんぼく)ない(こと)出来(でき)るから、034(かみ)がクドウ(もう)すので()れども、035(いま)人民(じんみん)何程(なにほど)(かみ)()()かしても、036シブトウて(ひと)つも(みみ)這入(はい)らず、037行状(をこない)(なを)らず、038(かみ)(たす)けかけが出来(でき)んなり、039(たす)けて()らねば()(かみ)不足(ふそく)(もう)すなり、040(まこと)(こま)()てたもので()るぞよ。041何時(いつ)(はじ)まるか()れんが、042(はじ)まりたら何彼(なにか)(こと)()(つづ)いて湧起(わい)てくるから(その)覚悟(かくご)をなされよ。043日本(にほん)神国(しんこく)(もう)して(むかし)から至精至浄(きよき)専一(いち)(いた)して(かみ)(つか)へ、044政治(せいじ)(をこな)ふた(くに)であるから、045()(けが)れたり死穢(しにけがれ)踏合(ふみあ)ふたり、046身体(からだ)不具(かたわ)なもの、047肉食(にくしよく)をしたものは(かみ)御前(みまへ)出仕事(でること)(ゆる)さぬ(くに)であるから、048日本人(にほんじん)何処(どこ)までも五穀(ごこく)野菜(やさい)鮮魚(うみざかな)より(ほか)のものは(くち)()れる(こと)(ゆる)して()いので()れども、049(いま)日本(にほん)人民(じんみん)(みな)外国人(がいこくじん)真似(まね)(いた)して、050牛馬(うしうま)(にく)()い、051(いのしし)鹿(しか)(いぬ)(ねこ)(なん)でも(かま)はず、052()(あし)()たら共喰(ともぐ)(いた)すやうになり、053たまたま(つつし)みて四足獣(よつあし)()はぬ人民(じんみん)があれば、054時勢(じせい)(をく)れの馬鹿(ばか)(もう)して嘲笑(わら)ふやうに()りて(しも)ふて、055()神州清潔(きよらか)国土(くに)も、056神聖至浄(きよらか)神民(しんみん)(みな)(よご)れて(しも)ふて、057今日(けふ)国家(くに)状態(ありさま)058(かみ)住居(すまゐ)(いた)すべき場所(ばしよ)が、059()(うへ)には(きり)一本(いつぽん)()()()(とこ)まで(くも)りて(しも)ふて()るぞよ。060()れで(もと)神代(かみよ)神政(もちかた)(いた)すに(つい)ては、061一旦(いつたん)世界(せかい)大掃除(おほそうじ)大洗濯(おほせんだく)(はじ)まるから、062日本(にほん)人民(じんみん)なら一日(いちにち)(はや)大洗濯(おほせんだく)のあるまでに身魂(みたま)(きよ)めて()かぬと、063ツツボに(をと)されて(くる)しま一頁分が落丁(p19がp15になっている)のため文が欠落している
064(やしろ)(そら)たかく飛回(とびまわ)りては、065墜落(ついらく)いたして生命(いのち)(うしな)ふのは(まこと)可愛相(かあいそう)であれども、066(いま)人民(じんみん)智慧(ちゑ)(がく)とで()()した機械(きかい)より、067大丈夫(だいぜうぶ)なものは()きやうに迷信(おもふ)()るから、068鳥船(とりふね)(くび)神霊(しんれい)(しづ)(まつ)り、069()清浄(きれい)(いた)して(そら)()(こと)(いた)さぬが、070何程(なにほど)堅固(けんご)機械(きかい)でも、071(かみ)(うへ)(とほ)りたら、072日本(にほん)人民(じんみん)大抵(たいてい)生命(いのち)()くなろうがな。073外国人(がいこくじん)日本(にほん)(そら)()(まわ)りても、074元来(もとから)身魂(みたま)畜生(ちくせう)(ちか)体主霊従(あく)性来(せうらい)であるから、075(あま)神界(しんかい)御咎(おとが)()いのであるぞよ。076(とり)(ねこ)(ねずみ)何程(なにほど)(とう)とき神社(おやしろ)(うへ)(あが)りて(くそ)尿(せうべん)()りかけても、077神罰(しんばつ)がチツトも(あた)らぬではないか。078畜生(ちくせう)霊魂(みたま)(はじ)めからそれだけの身魂(みたま)(いた)してあるからで()るが、079日本(にほん)人民(じんみん)(かみ)直々(ぢきぢき)分霊(わけみたま)080礼儀(れいぎ)()らねばならず、081敬神尊皇(けいしんそんのう)至誠(しせい)をも発揮(はつき)すべく、082(てん)から(えら)まれた(かみ)大御宝(おほみたから)であるから、083神社(おやしろ)(おほ)日本(にほん)(そら)()(こと)出来(でき)人民(じんみん)であるぞよ。084()れど御国(おくに)(ため)()むを()ぬと(もう)すなれば、085第一(だいいち)(その)鳥船(とりふね)天照皇大神宮(てんせうこうだいじんぐう)御尊霊(おんたま)奉斎(おまつり)(もう)()げ、086身魂(みたま)水晶(すいせう)(きよ)めてから、087(かみ)御許(おゆるし)()けて飛行(ひこう)(いた)せば大丈夫(だいぜうぶ)なれど、088()れが(わか)らぬやうな(こと)でありたら、089何程(なにほど)立派(りつぱ)飛行機(ひこうき)でも(しまい)墜落(ついらく)いたす道理(どうり)であるぞよ。090()んな見安(みやす)道理(どうり)日本(にほん)守護神(しゆごうじん)(わか)らぬやうに()りたのは、091薩張(さつぱり)外国魂(がいこくだましい)肝心(かんじん)日本魂(やまとだましい)(くも)らされて(しも)ふて()るからであるぞよ。092大本(おほもと)では出口(でぐち)教祖(きやうそ)奥津城(おくつき)()づく(をり)には、093役員(やくいん)信者(しんじや)御用(ごよう)使(つか)ふて御苦労(ごくろう)になりたなれど、094(みな)神霊(しんれい)頭上(づぜう)(はたら)くのであるから一々(いちいち)(からす)()りて(つち)(いし)(はこ)ばして()るぞよ。095(かみ)本宮山(ほんぐやま)(もう)して()るのも都合(つごう)のある(こと)096肝心(かんじん)経綸(しぐみ)(いま)人民(じんみん)(よく)()(くら)みて(しも)ふて()るから、097出来上(できあが)るまでは(もう)さんから、098大分(だいぶ)(をも)いが(ちが)ふて、099ヂリヂリ(まい)(いた)人民(じんみん)綾部(あやべ)にも沢山(たくさん)出来(でき)るから、100出口(でぐち)(なを)御苦労(ごくろう)になりて、101(なが)らくの(あいだ)()らして()()けてあれど、102(いま)(となり)()らずで、103身欲(みよく)(ばか)(もう)して、104(かみ)仕組(しぐみ)邪魔(じやま)(ばか)(いた)して()るが、105(いま)脚下(あしもと)から(とり)がたちて、106()むを()ずの(こと)になるぞよ。107(かみ)不足(ふそく)(あと)(もう)して(くだ)さるなよ。108(かみ)充分(じうぶん)()()けてあるぞよ。