霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月一一日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月11日(旧12月10日)
神霊界掲載号:第79号 9頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 111頁 八幡書店版伊都能売神諭:60頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is12
001 大正八年一月十一日 旧同七年十二月十日
002 (うしとら)金神(こんじん)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、003時節(じせつ)(まい)りて天晴(あつぱ)世界(せかい)(あら)はれて、004三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(いた)すに(つい)て、005()()高天原(たかあまはら)から立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(はじ)めるから、006大本(おほもと)役員(やくいん)腹帯(はらをび)(しつか)(しめ)()らぬと吃驚(びつくり)仰天(ぎやうてん)007あいた(くち)(ふさ)がらぬ(やう)(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。008(なに)()神界(しんかい)では経綸(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたして、009何時(いつ)でも物事(ものごと)(はじ)められるやうに、010結構(けつこう)(こと)になりて()るなれど、011肝心(かんじん)大本(おほもと)内部(なか)のものに(まこと)(こと)(ひと)つも(わか)らん人民(じんみん)(まぜ)りて()るから、012()()かして早速(さつそく)(わか)身魂(みたま)なら、013供々(ともども)()()()ふて、014神界(しんかい)御用(ごよう)(いた)させるなり、015(わか)らねば()(どく)でも可愛相(かあいそう)でも、016(かみ)経綸(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたす(まで)017各自(めいめい)(なん)なりと(いた)して、018時節(じせつ)()つが神国(しんこく)(ため)であるぞよ。019(なに)(わか)らぬ身魂(みたま)(あさ)(かんが)えで種々(いろいろ)(こと)(もう)すと、020神界(しんかい)大変(たいへん)邪魔(じやま)になるから、021邪魔(じやま)いたして神慮(かみごころ)(かな)はん(こと)出来(しゆつたい)いたすと、022(かみ)(こま)らねど其人(そのひと)()(どく)であるから、023(かみ)排斥(のけ)(いた)すのでは()い、024(たす)けてやりて可成(なるべく)御用(ごよう)()たいので()れど、025()むを()ずの(こと)であるぞよ。026(かみ)(こころ)もチツトは推量(すいれう)いたして(くだ)され。027(あと)取返(とりかへ)しが出来(でき)んから、028(いま)一大事(いちだいじ)場合(ばあい)であるから、029何辺(なんべん)でも(はら)()つほどクドウ()()けておくぞよ。030()大本(おほもと)至誠(しせい)(ひと)つの(かみ)(をしへ)()(かた)()るから、031世界(せかい)から何物(なにもの)()(まい)りて反対(はんたい)(いた)しても、032微躯(びく)ともせぬ世界(せかい)大本(おほもと)であれども、033何時(いつ)筆先(ふでさき)()して()らしてある(とほ)りに、034(ほか)からは(ゆび)一本(いつぽん)さす(こと)出来(でき)ぬなれど、035内部(なか)役員(やくいん)信者(しんじや)言葉(ことば)行状(をこない)神慮(かみごころ)(かな)はんやうな(こと)()りたら、036(なか)から破裂(はれつ)するやうな(こと)になるから、037折角(せつかく)(いま)まで(かみ)苦労(くろう)いたした(こと)(みづ)(あわ)には出来(でき)んから、038大本(おほもと)(なか)から一番(いちばん)(こころ)立替(たてかへ)039役員(やくいん)立直(たてなを)しを(いた)して(しも)ふから、040それまでに身魂(みたま)(きよ)らかに(いた)して、041(かみ)()()行為(をこない)(いた)されよ。042モウ(てん)からの時節(じせつ)(めぐ)りて()て、043一日(いちにち)猶予(ゆうよ)出来(でき)(こと)差迫(さしせま)りて()るぞよ。044グヅグヅ(いた)して()ると、045(あと)(からす)(さき)になると(もう)して、046毎度(まいど)()らして()いたが、047モハヤ(いま)大本(おほもと)(あと)(からす)(さき)になりて()るから、048今迄(いままで)役員(やくいん)(ここ)(しつ)かり腹帯(はらをび)(しめ)覚悟(かくご)(いた)さんと、049()(うへ)追越(をひこ)されるやうな(こと)では、050(はや)うから大本(おほもと)(まい)りて苦労(くろう)いたした甲斐(かひ)()くなるぞよ。051()(むね)()(あて)(かんが)へて(くだ)さりたら、052(かみ)のクドウ(もう)すこの至仁至愛(みろく)(かみ)精神(せいしん)明白(ありやか)(わか)りて()て、053有難(ありがた)勿体(もつたい)ないと(もう)して(なみだ)()まらぬ(やう)()るので()れど、054肝心(かんじん)精神(せいしん)間違(まちが)ふて()るから、055日々(にちにち)不足(ふそく)(もう)さな()らぬ(こと)になるので()るぞよ。056(こころ)(ひと)つの大本(おほもと)(もう)すのは(ここ)(こと)であるぞよ。
057
058 (いま)世界(せかい)人民(じんみん)は、059真正(まこと)(かみ)から賦与(さづか)りた智慧(ちゑ)神徳(しんとく)(くも)らして(しも)ふて、060体主霊従(あく)()(かた)(よろ)こび、061色々(いろいろ)身欲(みよく)ばかりを(かんが)へて、062(ちい)さい(よく)(まよ)ひ、063()(ひろ)天地(てんち)()まく(ちぢ)めて、064身魂(みたま)安心(あんしん)()肝心(かんじん)天賦(てんぷ)(たから)()(かへり)みぬ、065(まこと)(かみ)から()れば(よく)()らぬ可愛相(かあいそう)人民(じんみん)(ばか)りであるから、066一日(いちにち)片時(かたとき)(いま)人民(じんみん)(こころ)(そこ)から安楽(あんらく)()(あじ)()らんのであるぞよ。067神界(しんかい)からは(なに)()とつ人民(じんみん)不自由(ふじゆう)なきやうに(いた)して()りてあれど、068肝心(かんじん)身魂(みたま)(くも)りて()るから、069そこら一面(いちめん)()ちて()結構(けつこう)神徳(しんとく)(あし)()んで()つても()(ひろ)はんので(おも)ふやうに()かんと(もう)して、070天地(てんち)(かみ)にまで不足(ふそく)(もう)すのであるぞよ。071霊主体従(ひのもと)行為(おこない)さえ(いた)したら、072三千世界(さんぜんせかい)(ひろ)(うつ)くしく(たの)しく()えるのであれども、073外国(がいこく)八尾八頭大蛇(やつを)(れい)金毛九尾白面悪狐(よつあし)(れい)とに自由自在(じゆうじざい)弄物(をもちや)()られて、074守護神(しゆごうじん)肉体(にくたい)体主霊従(あく)になり()りて(しも)ふて()るから、075()結構(けつこう)天地(てんち)(おも)ふやうに()かぬので()るぞよ。076天地(てんち)(もと)生神(いきがみ)神慮(きかん)(かな)守護神(しゆごうじん)肉体(にくたい)でありたら、077(いま)()うな暗黒(くらやみ)()(なか)()りても、078霊主体従(ひのもと)()(かた)いたすから、079()んな結構(けつこう)()()()いと讃美(よろこび)をいたして、080何時(いつ)もニコニコとして(いさ)んで(くら)せるのであるぞよ。081三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)しは出来(でき)()らぬ(まへ)でも、082(かみ)(こころ)(かな)ふた人民(じんみん)はモハヤ身魂(みたま)立直(たてなを)りて()るので()るから、083世界(せかい)何事(なにごと)出来(しゆつたい)いたしても、084我身(わがみ)(ちり)ほども(くる)しいとは(おも)はぬやうの神徳(しんとく)(いただ)きて、085高見(たかみ)から見物(けんぶつ)するやうな(こころ)になりて、086天地(てんち)震動(しんどう)いたしても如何(どんな)大変(たいへん)突発(とつぱつ)いたしても(をどろ)かぬ神徳(しんとく)(そな)はるので()るから(いま)世界(せかい)人民(じんみん)(くる)しみて()るのは、087(われ)我手(わがて)(くるし)みの(たね)()いて、088(また)自身(われ)(くるし)みの()()()りて()るので()るぞよ。089(こころ)さへ(みが)けて(まこと)(わか)りて()たら、090()んな(たの)もしき(ひろ)結構(けつこう)神世(かみよ)()いので()れども、091一寸(ちよつと)でも(こころ)持方(もちかた)間違(まちが)ふたら、092()(ひろ)天地(てんち)(せま)くなりて(くる)しく()るぞよ。093(いま)世界(せかい)人民(じんみん)は、094(くる)しまいでも(たの)しみて(くら)せる(こと)を、095(われ)から(もと)めて(くる)しみて()るのであるから、096(かみ)可愛相(かあいそう)()()るに(しの)びんから、097(なが)らくの(あいだ)出口(でぐち)(なを)御苦労(ごくろう)になりて、098神世(かみよ)(をしへ)がさしてあるなれど、099盲目(めくら)(つんぼ)ばかりで、100(いま)(なに)(わか)らん守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)(ばか)り、101()(どく)なもの(ばか)りであるぞよ。102(これ)といふのも外国(がいこく)大蛇(をろち)()(あし)悪邪乃御魂(あくのみたま)這入(はい)(こみ)()るのであるから、103神力(しんりき)(いただ)いて、104身魂(みたま)(なか)住居(すまゐ)いたす悪魔(あくま)追出(おいだ)して(しま)はねば、105何程(なにほど)結構(けつこう)神界(しんかい)(をしえ)()かして(もら)ふても(みみ)へも這入(はい)らず、106(まこと)安心(あんしん)出来(でき)ぬのであるぞよ。107可愛相(かあいそう)でもモウ(かみ)()()けようが()(とこ)まで人民(じんみん)がくもりて(しも)ふて、108(かみ)(ひかり)りが()えんから仕方(しかた)はないぞよ。
109
110 大本(おほもと)修行(しゆげう)今迄(いままで)体主霊従(あく)()(かた)立替(たてかへ)さすので()れども、111(かみ)(をしえ)()いて、112チツト(づつ)(はら)(なか)()()()すと、113人民(じんみん)(もう)すものは勝手(かつて)なもので()るから、114(いま)まで(いた)して()事業(こと)(いや)()りたり、115阿房(あほう)らしく(おも)へたり、116(くる)しく(かん)ずるやうに()つて()るもので()るが、117()れが忍耐(こばれ)んやうな(こと)では、118事業(こと)()へても神界(しんかい)御用(ごよう)は、119人間界(にんげんかい)事業(しごと)とは(だん)(ちが)ふから、120中々(なかなか)(つと)()げられんぞよ。121大本(おほもと)(をしえ)()いて、122チツトでも神徳(しんとく)(いただ)いたら、123(その)神徳(しんとく)(もつ)(いま)までの事業(こと)大本(おほもと)(をしえ)()(かた)に、124少々(せうせう)づつなりと改良(あらため)()精神(せいしん)にならぬと、125何彼(なにか)()しに綾部(あやべ)大本(おほもと)()きて、126(ちか)くに()りさえすれば神徳(しんとく)(いただ)ける(やう)(おも)ふと、127大間違(おほまちが)いが出来(しゆつたい)いたして、128(あと)(かみ)不服(ふそく)(もう)さな()らぬやうに()るから、129(かみ)(まへ)(まへ)つに()()けておくぞよ。130大本(おほもと)(ちか)くに()りたら神徳(しんとく)(いただ)けるものなら、131()綾部(あやべ)人民(じんみん)神徳(しんとく)(いただ)いて御用(ごよう)出来(でき)(はづ)であれども、132(いま)(まこと)神徳(しんとく)(いただ)いたものは何程(なにほど)()いではないか。133大本(おほもと)(なか)這入(はい)りて、134二十五六年も(かみ)(をし)えを日夜(にちや)()たり、135()いたり(いた)して()役員(やくいん)でさえ、136(いま)神徳(しんとく)(もら)へんものが()るぞよ。137(こころ)持方(もちかた)(ひと)つで何程(なにほど)遠方(ゑんぽう)()りても神徳(しんとく)(いただ)けて、138立派(りつぱ)神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)まるので()るから、139綾部(あやべ)綾部(あやべ)(もう)して、140(いへ)まで()つて()ても、141(かみ)(まこと)(をしへ)(わか)らぬ人民(じんみん)は、142何時(いつ)まで(ちか)くに()りて、143日々(にちにち)大本(おほもと)()()りたとて(なに)(ひと)(わか)りもせず、144()()えず(みみ)()かず、145()(あし)()(やう)(わか)らぬぞよ。146(かみ)神徳(しんとく)(もう)すものは、147(とほ)(ちか)いの差別(さべつ)もないぞよ。148(あかる)(くら)いの区別(くべつ)()い、149(なに)()とつとして行渡(ゆきわた)らんといふ(こと)()いから、150何処(どこ)()りても身魂(みたま)さへ(みが)けたら、151ドンナ(おほ)きい神徳(しんとく)でも(わた)してやるぞよ。152大本(おほもと)(なが)らく這入(はい)りて()りて、153(いま)(かみ)御用(ごよう)(ひと)()(こと)出来(でき)人民(じんみん)沢山(たくさん)にウジヤリて()るが、154(みな)身魂(みたま)(くも)りが(はげ)しうて罪障(めぐり)(ふか)いから、155折角(せつかく)この結構(けつこう)()高天原(たかあまはら)引寄(ひきよ)して(もら)ふて、156日々(にちにち)(かみ)(まこと)行状(をこない)変性男子(へんぜうなんし)(かがみ)()せて(いただ)いて()(なが)ら、157(いま)(ひと)つも改心(かいしん)出来(でき)ず、158段々(だんだん)慢神(まんしん)いたして、159()んでも()(よう)申付(もうしつ)けても、160(かみ)御用(ごよう)()てやると()ふやうな精神(せいしん)で、161(かみ)(おん)()せるやうな(わけ)(わか)らぬ精神(せいしん)であるから、162(むかし)からの(ふか)罪穢(めぐり)()りて(たす)けて()りた(その)(うへ)で、163神界(しんかい)御用(ごよう)使(つか)ふて、164手柄(てがら)()して(よろ)こばしたいと(おも)へども、165元来(もとから)(おも)ひが間違(まちが)ふて()るから、166(かみ)もドウ(いた)(こと)出来(でき)ぬから、167(いま)()(はや)(こころ)立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(いた)さんと、168(あと)残念(ざんねん)でヂリヂリ(まひ)(いた)さな()らん(こと)(いま)出来(しゆつたい)いたすから、169(かみ)はどうぞどうぞと(おも)ふて、170()(もの)(かか)へるやうに(こころ)使(つか)ふて()るから、171チツトは推量(すいれう)いたすが()かろうぞよ。
172
173 世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けたさに、174(うしとら)金神(こんじん)因縁(いんねん)御魂(みたま)出口(でぐち)(なを)殿(どの)体内(たいない)()りて、175(なが)らくの(あいだ)変性男子(へんぜうなんし)苦労(くろう)(いた)さした、176神政(しんせい)開祖(かいそ)奥津城(をくつき)は、177変性女子(へんぜうによし)役員(やくいん)赤心(まごころ)立派(りつぱ)(いた)して(くだ)されて、178(かみ)満足(まんぞく)であるぞよ。179(これ)からは神界(しんかい)肝心(かんじん)御用(ごよう)(とき)は、180天王台(てんわうだい)変性女子(へんぜうのし)引寄(ひきよ)して、181何彼(なにか)相談(さうだん)(いた)さねば()らぬから、182一日(いちにち)(はや)経綸(しぐみ)完成(いた)して(もら)はんと、183(いま)()有様(ありさま)184沢山(たくさん)役員(やくいん)信者(しんじや)参拝(さんぱい)いたして(くだ)さるは結構(けつこう)なれど、185(われ)()(まへ)()んな(こと)をして(すて)てあるのに、186()()人民(じんみん)(いま)一人(いちにん)()いとは(むご)いものであるぞよ。187()大本(おほもと)御用(ごよう)いたす人民(じんみん)は、188一を()いて十を(さと)(くらい)()いと、189(まこと)()には()はぬのじやと(もう)して、190毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らして()るが、191()(まへ)(だれ)にも()える不始末(ふしまつ)()んとも()いやうな(こと)であるから、192(かみ)中々(なかなか)(ほね)()れる(こと)であるぞよ。193(これ)でも(いま)世界(せかい)(くも)りた人民(じんみん)よりも何段(なんだん)(うへ)身魂(みたま)()()きが()せて()るのでさえも()(とほ)りで()るから、194三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)しは大事業(たいもう)(もう)すので()るぞよ。195(なに)()もキチンと秩序(ちつじよ)(たて)()くのが(かみ)()(かた)196人民(じんみん)(かみ)道具(だうぐ)(こし)らえてある、197(かみ)分身魂(わけみたま)であるぞよ。198(いま)天王台(てんわうだい)のアノずんだらな()(かた)(もう)すものは、199普通(なみ)人民(じんみん)()にも()(こと)であるのに、200大本(おほもと)(をしえ)日々(にちにち)()いて()れる御方(おかた)()()かんとは、201不思議(ふしぎ)(もう)すより(ほか)()いぞよ。202(なか)には()()いた役員(やくいん)信者(しんじや)()るでは()ろうなれど、203()とつ(まこと)()(こと)()らぬから、204ツイ(わす)れて(しも)ふのであろう。205肝心(かんじん)(くに)(をしへ)(をや)奥津城(をくつき)206日参(につさん)(いた)したり通夜(つや)いたす(ばか)りが(まこと)ではないぞよ。207(これ)からの筆先(ふでさき)段々(だんだん)(きび)しく()るから、208女子(によし)(いや)がれども世界(せかい)とは()えられんから、209一寸(ちよつと)(かみ)(ほう)遠慮(ゑんりよ)はいたさぬから、210何彼(なにか)(こと)(これ)からは心配(こころくば)気配(きくば)りを(いた)して(くだ)されよ。211()(かみ)(みち)実意(じつい)丁寧(ていねい)(まこと)正直(せうじき)心配(こころくば)りが()いやうな(こと)では、212神界(しんかい)御役(おやく)には()たんぞよ。