霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月二五日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月25日(旧12月24日)
神霊界掲載号:第80号 -1頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 157頁 八幡書店版伊都能売神諭:85頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正(たいせう)八年一月二十五日
002 三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)003(ひら)いて()りて()(むす)び、004スの(たね)までも蒔配(まくば)りて、005三千世界(さんぜんせかい)(ひと)つに(まる)めて、006至仁至愛(みろく)神政(かみよ)立直(たてなを)経綸(しぐみ)であるから、007()大本(おほもと)立寄(たちよ)役員(やくいん)は、008(みな)(むかし)神代(かみよ)太初(はじめ)から、009身魂(みたま)(ふか)因縁(いんねん)()りて、010()つても()れぬ親子(をやこ)兄弟(けうだい)()れども、011現界(このよ)(あま)体主霊従(あく)行方(やりかた)()()りて()るから、012御魂(みたま)(とも)にくもりて(しも)ふて、013親兄弟(をやけうだい)(かほ)(あわ)して()ながら、014薩張(さつぱり)(わか)らんやうに()りて、015()らず()らずに(かみ)(つな)引寄(ひきよ)せられ、016(ひさ)(ぶり)親子(をやこ)兄弟(けうだい)対面(たいめん)()るから、017(たがい)仲良(なかよ)(いた)して、018神界(しんかい)御用(ごよう)(いた)して、019天地(てんち)先祖(せんぞ)御用(ごよう)(つと)めて、020今度(こんど)二度目(にどめ)岩戸(いわと)(ひら)いて(くだ)されよ。021(かみ)人民(じんみん)道具(だうぐ)使(つか)ふて(いた)さねば、022(かみ)姿(すがた)のままでは現界(このよ)立直(たてなを)しは出来(でき)んから、023(かみ)(うつ)りて(いた)すから、024()大本(おほもと)引寄(ひきよ)せられた人民(じんみん)素直(すなを)(いた)して、025(かみ)申付(もうしつ)ける(こと)チツト無理(むり)じやと(おも)ふても人民(じんみん)では(わか)らぬ経綸(しぐみ)()るから、026(かみ)(をや)であるから、027無理(むり)いふ(をや)(つか)へると(おも)ふて辛抱(しんぼう)して御用(ごよう)()いて(くだ)されたら、028(あと)でコンナ結構(けつこう)(こと)であつたかと(もう)して雀躍(こをど)りを(いた)さして、029()()れに手柄(てがら)をさして、030御魂(みたま)世界(せかい)守護神(しゆごうじん)(まつ)りて()るなり、031肉体(にくたい)()(この)()()結構(けつこう)(こと)(いた)して、032万劫末代(まんごうまつだい)()(のこ)さして御礼(おれい)(もう)すぞよ。
033 燈火(ともしび)()ゆる()(なか)(いま)なるぞ、034差添(さしそへ)(いた)(たね)(こひ)しきと(もう)して、035明治(めいじ)三十三年に筆先(ふでさき)()して()(かね)()りたが、036変性女子(へんぜうによし)明治(めいじ)四十二年になりて、037大本(おほもと)(かみ)経綸(しぐみ)(わか)りかけて()たから、038時節(じせつ)(おう)じて差添(さしそへ)(たね)引寄(ひきよ)したが、039(みな)一心(いつしん)御用(ごよう)いたして(くだ)さりて、040追々(をいをい)大本(おほもと)経綸(しぐみ)が、041人民(じんみん)にもチツトは見当(けんとう)()れるやうに()りて()たから、042モウ大分(だいぶ)(そろ)ふたから、043(これ)から(みが)ひて(まこと)御用(ごよう)にかかりて(くだ)され。044(むかし)から()(この)()には()りた(こと)()いた(こと)もない大神業(たいもう)であるぞよ。045(かみ)(あま)(やか)ましく改心(かいしん)して(くだ)されと何時(いつ)までも(もう)すから、046(いま)役員(やくいん)(なか)には、047()うして各自(めいめい)(いま)までの結構(けつこう)地位(ちい)職掌(しよく)()めて、048(いへ)()(たから)(すて)同様(よう)御用(ごよう)()き、049(われ)(もの)衣食(いしよく)して、050月給(げつきゆう)一銭(いつせん)(いただ)くで()し、051(ちから)一杯(いつぱい)金銀(きんぎん)まで神様(かみさま)献上(けんぜう)して、052一心(いつしん)(つく)くして()るこの真心(まごころ)をまだ()つて()れぬ、053(むつ)(しい)(とこ)(わか)らぬ(かみ)じやと(おも)御方(おかた)()ろうも()れんなれど、054(なに)をいふても変性女子(へんぜうによし)大化者(おほばけもの)なり、055三代(さんだい)(わか)(をんな)(こと)なり、056(ぜん)(かがみ)()して大本(おほもと)(かみ)()()して(くだ)さるのは役員(やくいん)であるから、057(かみ)(みな)役員(やくいん)真心(まごころ)(ひやく)承知(せうち)(せん)合点(がつてん)であれど、058万一(まんいち)遠慮(ゑんりよ)いたして執念深(くどう)(はら)()つほど、059不調法(ぶちやうほう)取違(とりちが)いの()いやうに()()けるので()るぞよ。060この大本(おほもと)(たち)よる身魂(みたま)(みな)(むかし)から親子(をやこ)兄弟(けうだい)因縁(いんねん)(ふか)いのであるから、061毫末(ちつ)とも(ひか)えずに、062身内(みうち)であるから(いや)(こと)(もう)すので()るから、063(かみ)(なに)(もう)しても()にかけぬ()うに(いた)して、064我一(われいち)神界(しんかい)御用(ごよう)をいたして(くだ)されよ。065今年(ことし)(きう)の七月十二日までに、066大略(あらまし)因縁(いんねん)身魂(みたま)大本(おほもと)引寄(ひきよ)せるから、067大本(おほもと)役員(やくいん)充分(じゆうぶん)()()けて(くだ)されよ。068()れまでに肝心(かんじん)御魂(みたま)引寄(ひきよ)せるぞよ。069毎時(いつも)出口(でぐち)(なを)筆先(ふでさき)で、070(あと)(からす)羽翼(はがい)(つよ)いから、071(をく)れん()うに身魂(みたま)(みが)いて(くだ)されと(もう)して()ろうがな。072(みな)その(とほ)りになるから、073ドウゾ(をく)れんやうに(いた)して(くだ)されよ。074手長彦(てながひこ)手長姫(てながひめ)(こころ)(くば)りて(くだ)され、075()んな(きび)しき大本(おほもと)(なか)へでも這入(はい)(こん)()るぞよ。076油断(ゆだん)いたすと(しまい)には(かみ)()(けが)(こと)()るぞよ。
077
078 人民(じんみん)(もう)すものは()(みじか)いもので()るから、079(かみ)(もう)した事実(こと)一年(いちねん)(をく)れても(むつ)(しい)(かほ)(いた)すなり、080(なに)(もう)しても(むかし)から()()大神業(たいもう)であるから、081物事(ものごと)()りてはチツト(くらい)()びる(こと)()るなり、082人民(じんみん)(かみ)一人(いちにん)でも余計(よけい)改心(かいしん)さして(たす)けてやりたいから、083()ばせる()けは()ばしたいなり、084人民(じんみん)()(こと)(ばか)()(やう)(おも)ふて、085(あさ)(かんが)へを(いた)して(くび)(のば)して()つやうな(こころ)()るなり、086薩張(さつぱ)(かみ)人民(じんみん)とは(おも)ひが反対(はんたい)であるから、087(かみ)中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。088(だれ)(かれ)綾部(あやべ)綾部(あやべ)(もう)して()(まい)りても、089身魂(みたま)因縁(いんねん)だけの(こと)よりは出来(でき)んのであるから、090(かみ)(みち)(わか)りた人民(じんみん)なら何処(どこ)()りても、091神徳(しんとく)(わた)して手柄(てがら)(いた)さすから、092(あま)りあはてて(くだ)さると(かへつ)(かみ)迷惑(めいわく)(いた)すぞよ。093大本(おほもと)(なか)役員(やくいん)(まこと)(こと)六七分(ろくしちぶ)まで(わか)りて()て、094充分(じゆうぶん)身魂(みたま)(みが)ける(まで)は、095()立替(たてかへ)(はじ)まると、096(かへ)つて(かみ)役員(やくいん)(こま)るから、097三千年(さんぜんねん)仕組(しぐみ)(みづ)(あわ)には出来(でき)んから、098地固(ぢがた)めには充分(じゆうぶん)(ほね)()れるから、099チツト(くらい)(をく)れたと(もう)して(こころ)(かわ)るやうな(こと)では、100()んな大望(たいもう)到底(とうてい)(つと)まらんぞよ。101一人(いちにん)でも因縁(いんねん)身魂(みたま)余計(よけい)改心(かいしん)さしたいのは(かみ)至仁至愛(みろく)精神(せいしん)であるぞよ。102()れで大本(おほもと)(なか)から(かみ)(おな)(こころ)()りて()れよと、103クドウ(もう)すのであるぞよ。104神界(しんかい)経綸(しぐみ)が一二年も()びたとすれば、105(いま)人民(じんみん)(あく)()()えて()らぬから、106()(かみ)不足(ふそく)(もう)すなり、107()(もど)して()(むすめ)(かへ)せと(もう)すものも出来(でき)るかも()れぬが、108其所(そこ)惟神(かんながら)(まか)して、109ヂツト(こら)えて()つだけの度胸(どきやう)がないと、110肝腎(かんじん)御蔭(おかげ)()づれて(しも)ふぞよ。111(あと)悔悟(こうかい)()()はぬから、112充分(じゆうぶん)腹帯(はらをび)(しめ)()らんと、113百日(ひやくにち)説法(せつぽう)()(ひと)つにも()らん(こと)()りて、114世界(せかい)から(わら)はれて、115地団太(ぢだんだ)()んでも追付(をいつ)かぬ(やう)になるぞよ。116三千年(さんぜんねん)苦労(くろう)いたした経綸(しぐみ)(はな)()くので()るから、117人民(じんみん)(おも)ふて()(やう)容易(やすい)仕組(しぐみ)でないから、118(おも)(ちが)いの()きやうに(いた)して(くだ)されよ。119筆先(ふでさき)(うら)まで()()うす(やう)でないと中々(なかなか)(わか)りは(いた)さんぞよ。120世界(せかい)大峠(おほとほげ)()(まで)にこの大本(おほもと)(なか)大峠(おほとほげ)があるぞよ。121大本(おほもと)(こと)神界(しんかい)仕組(しぐみ)であるから世界中(せかいぢう)(うつ)るぞよ。122世界(せかい)(こと)(また)大本(おほもと)(うつ)るから、123(この)大本(おほもと)内部(なか)()(かた)()てさえ()りたら、124(まこと)のものには(なに)()(わか)仕組(しぐみ)であると、125明治(めいじ)三十二年から出口(でぐち)(なを)()(さき)何遍(なんぺん)()らして()るぞよ。
126
127 三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)128(うしとら)金神(こんじん)()()りたぞよ。129(かみ)仏事(ぶつじ)人民(じんみん)(いさ)んで(くら)()になるぞよと明治(めいじ)二十五年から()らして()るぞよ。130それで()大本(おほもと)は、131外国(がいこく)のヤソの(かみ)(をしへ)や、132(ほとけ)(をしえ)(わる)(もう)されんぞよ。133ヤソも(ほとけ)(じゆ)(その)国々(くにぐに)国魂(くにたま)相応(さうをう)(をしへ)がさして()るので()るから、134()大本(おほもと)大本(おほもと)(をしへ)さえ(いた)して()りたら(ほか)宗教(しゆうけう)()つと()(こと)(いた)されんぞよ。135()(もう)すと()鼻高(はなだか)が、136(うしとら)金神(こんじん)でさえも外国(がいこく)(をしへ)や、137(ぶつ)()るく(もう)すで()いかと、138理窟(りくつ)(もう)すで()ろうが、139外国(がいこく)(をしえ)(かみ)(もう)すのは、140宗教(しうきやう)やヤソ(きやう)(かみ)(こと)では()い、141物質主義金銀為本(あくのやりかた)政治(せいじ)(こと)(もう)すので()るぞよ。142(まこと)純粋(きつすい)日本魂(やまとだましい)人民(じんみん)には、143外国(がいこく)宗教(しうきやう)()らぬなれど、144()其処(そこ)まで身魂(みたま)(みが)けて()らぬ、145(ちう)()との身魂(みたま)済度(さいど)には、146()けねば()らぬ道具(だうぐ)であるぞよ。147外国(がいこく)宗教(しうきやう)(もう)しても(もと)天地(てんち)先祖(せんぞ)(をしへ)であるから、148日本(にほん)(をしへ)枝葉(ゑだは)であるから、149(あま)(わる)(もう)して枝葉(ゑだは)()ると、150(みき)(かへ)つて発育(そだた)ぬから、151(かみ)(もと)一株(ひとかぶ)であるから、152それで(これ)までの筆先(ふでさき)に、153谷々(たにだに)小川(をがは)(みづ)大河(おほかは)へ、154(すへ)(ひと)つの(うみ)()経綸(しぐみ)であると(もう)してあろうがな。155(かみ)一度(いちど)(もう)した(こと)は、156何時(いつ)になりても毛筋(けすじ)間違(まちが)いは()いから、157(ここ)(ところ)十分(じうぶん)()()けて、158大本(おほもと)御話(おはなし)(いた)さぬと、159反対(はんたい)()(あし)()られて、160(はづ)かしき(こと)出来(しゆつたい)いたすから、161心得(こころえ)(うへ)にも心得(こころえ)()りてくだされよ。