霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年二月一三日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年2月13日(旧1月13日)
神霊界掲載号:第81号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 195頁 八幡書店版伊都能売神諭:92頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is21
001 大正(たいせう)八年二月十三日(きう)一月十三日
002 (うしとら)金神(こんじん)国常立之神言(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)が、003竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)(あら)はれて、004(むかし)根本(こつぽん)(こと)()らすぞよ。005今日(けふ)出口直日主命(でぐちなをひぬしのみこと)上天(ぜうてん)から()百日(ひやくにち)(あた)祭日(さいじつ)であるから、006大本(おほもと)標目(しるし)十曜(とよう)(もん)由来(わけ)()きをくぞよ。007国常立之尊(くにとこたちのみこと)()太初(もと)から(くや)しき残念(ざんねん)堪忍(こば)りて、008()るにあられぬ苦労(くろう)艱難(かんなん)(いた)して(たくわ)えた、009(ただ)一輪(いちりん)()(はな)(ひら)きて()りて(かん)ばしき、010果実()(むす)時節(じせつ)到来(きた)から、011(ぜん)一筋(ひとすじ)(つらぬ)きて()(かみ)と、012(あく)(ばか)りを(たく)みて、013()(そうろう)(いた)して()(かみ)との因縁(いんねん)(あら)はして、014()()守護(しゆごう)(いた)すぞよ。
015大本(おほもと)十曜(とよう)神紋(しんもん)は、016世界(せかい)統一(とういつ)標章(しるし)であるから、017この神紋(しんもん)由来(わけ)()らねば肝心(かんじん)神秘(こと)(わか)らぬぞよ。018九重(ここのえ)(はな)十曜(とよう)()りて()(とき)は、019万劫末代(まんごうまつだい)しほれぬ()(はな)()ると(もう)して、020今迄(いままで)神諭(ふでさき)()して()ろうがな。021()(ここの)(はな)十曜(とよう)(ひら)(その)(とき)は、022如何(どんな)鼻高(はなだか)如何(どんな)悪魔(あくま)改心(かいしん)いたして、023(いま)までの自分(じぶん)(をも)いの(ちが)ふて()りた(こと)明白(ありやか)(わか)りて帰順(おうぜう)いたすぞよ。024三千世界(さんぜんせかい)()(もと)締固(しめかた)めた(をり)に、025一生懸命(いつせうけんめい)大活動(おほはたらき)(いた)した(まこと)(かみ)因縁(いんねん)()いて()くから、026(よろづ)神々様(かみがみさま)人民(じんみん)も、027()(はら)()()みなされよ。028綾部(あやべ)大本(おほもと)()高天原(たかあまはら)に、029変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)(あら)はして、030(いま)までに充分(ぢうぶん)()()けて()るなれど、031()(みな)役員(やくいん)信者(しんじや)誤解(とりちがい)いたして()るから、032根本(こつぽん)から(かみ)因縁(いんねん)()けて()せるぞよ。033日本(にほん)古事記(こじき)にも()してない(かみ)沢山(たくさん)()るから、034(まよ)はぬ()うに()るが()いぞよ。035(うしとら)金神(こんじん)(あらた)めて()()(かみ)肉体(にくたい)(あら)はすぞよ。036常世姫之命(とこよひめのみこと)御魂(みたま)宿(やど)りて()る、037○○○○○○○が、038()()(かみ)()(みたま)であるぞよ。039大分(だいぶ)(おも)ひの(ちが)役員(やくいん)信者(しんじや)出来(でき)るぞよ。
040 ()()(かみ)肉体(にくたい)は○○○で()ると()(こと)を、041変性男子(へんぜうなんし)上天(せうてん)までに発表(しらし)たいと(おも)ふたなれど、042五六七(みろく)(かみ)()()るまで(ひか)えねば()らぬ義理(ぎり)がありて、043(わざ)とに(かく)しておいたなれど、044モウ大門(おほもん)経綸(しぐみ)(かたち)だけ出来(でき)たから、045変性女子(へんぜうによし)()()らすぞよ。046八木(やぎ)北山(きたやま)火竜(ひりよう)()りて実地(じつち)姿(すがた)()せて()るぞよ。047変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)現世(このよ)百歳(ひやくさい)寿命(じゆめう)(あた)えて()りたなれど、048(あま)仕組(しぐみ)(をく)れるから、049(てん)(あが)りて守護(しゆごう)いたす(ため)(はや)上天(せうてん)さして御苦労(ごくろう)()りて()るぞよ。050()(もと)大御宝(おほみたから)()(かた)める(をり)に、051差添(さしそへ)()つて活動(はたらき)なされた(かみ)は、052真道知彦命(まみちしるひこのみこと)053青森知木彦命(あをもりしらきひこのみこと)054天地要彦命(あめつちかなめひこのみこと)三男神(さんだんしん)と、055常世姫之命(とこよひめのみこと)056黄金竜姫之命(こがねたつひめのみこと)057合陀琉姫之命(あうだるひめのみこと)058要耶麻姫之命(かなやまひめのみこと)059言解姫之命(ことときひめのみこと)五女神(ごによしん)060(あわ)して三男五女八柱(やはしら)(かみ)(そだ)()げて、061差添(さしそへ)御用(ごよう)()せなさつたのが稚日女岐美尊(わかひめぎみのみこと)であるから、062(これ)九重(ここのえ)(はな)(もう)すので()るぞよ。
063稚日女岐美尊(わかひめぎみのみこと)後見(こうけん)()された至善(ぜん)神様(かみさま)天照日子尊(あまてるひこのみこと)であるぞよ。064天照彦命(あまてるひこのみこと)海潮(かいてう)肉体(にくたい)宿(やど)りて、065五六七(みろく)()御用(ごよう)(いた)して()れるなれど、066(だれ)()(わか)りては()らぬぞよ。067(この)(かみ)(あら)はれたら二度目(にどめ)()立直(たてなを)し、068九重(ここのえ)(はな)十曜(とよう)()くので、069三千世界(さんぜんせかい)統一(とういつ)成就(ぜうじゆ)するので()るぞよ。070(この)神々(かみがみ)大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)差添(さしそ)日本魂(やまとだましい)純粋(きつすい)であるからタタキ(つぶ)しても(つぶ)れず、071()()いても()けもせぬ剛強(ごうきやう)なる御魂(みたま)であれど、072大地(だいち)祖神(おやがみ)()(をと)されたに()いて(とも)()ちねば()らぬ()うになりて是非(ぜひ)なく()()ちたので()るぞよ。073時節(じせつ)(まい)りて()先祖(せんぞ)国常立之尊(くにとこたちのみこと)(ふたた)()(あら)はれるに(つい)て、074(とも)今度(こんど)(あら)はれて万古末代(まんごまつだい)(しほ)れぬ(はな)()結構(けつこう)神代(かみよ)()たので()るぞよ。
075 今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)建直(たてなほ)しであるから、076()太初(もと)からの善悪(ぜんあく)(たね)(のこ)らず(あら)はして水晶(すいしよう)神代(かみよ)(いた)すのであるから、077一切(いつさい)(こと)()きおかすぞよ。078()(もと)国常立之尊(くにとこたちのみこと)()(をと)したのは第一番(だいいちばん)天稚日子命(あまわかひこのみこと)であるぞよ。079天稚日子命(あまわかひこのみこと)大変(たいへん)(おんな)()(かみ)()りたから、080女神(めがみ)沢山(たくさん)部下(ぶか)()けて(てん)規則(きそく)(やぶ)りたり(やぶ)らしたり、081体主霊従(あく)大将(たいせう)()りて()()(あら)した(かみ)()りたぞよ。082天地(てんち)(わか)れた(おり)からの邪気凝(じやきこりかた)まりて体主霊従(あく)邪鬼(じやき)()りた(かみ)天若日子命(あまわかひこのみこと)であるぞよ。083()根本(こんぽん)修理固成(つくりかため)()先祖(せんぞ)押込(おしこ)める経綸(しぐみ)(いた)した(やう)邪神(あくがみ)であるから、084(いま)までの神界(しんかい)()ちて現界(このよ)までも(かま)ふて()たなれど、085肝心(かんじん)天地(てんち)(かみ)大恩(だいおん)()らずに世界(せかい)人民(じんみん)をアヤツリ人形(にんげふ)(いた)して()たから、086(いま)人民(じんみん)(うへ)()守護神(しゆごうじん)薩張(さつぱ)(こころ)(くも)りて(しも)ふて胴体(どうたい)なしの紙鳶(いか)(のぼ)りで上下(うへし)たに()()かぬから、087大空(おほぞら)(ばか)(むか)ひて仰向(あほむ)ひて我身(わがみ)出世(しゆつせ)する(こと)(ばか)りに(こころ)()られて()るから、088()世界(せかい)(しん)(やみ)同様(どうよう)になりて(いま)天地(てんち)転動(かへり)(さか)トンボリを()(こと)()()るのも(わか)らぬ(やう)(むご)いことに()りて()るが、089()れも()らずに()だデモクラシーを(とな)えて(さわ)(まわ)りて()りても、090日本(にほん)霊主体従(ぜん)()(かた)(いた)さねば到底(とうてい)世界(せかい)(とど)めは()(こと)出来(でき)ぬぞよ。091変性男子(へんぜうなんし)若姫君命(わかひめぎみのみこと)元来(がんらい)善神(ぜんしん)()るから、092大変(たいへん)千座(ちくら)置戸(をきど)()ふて国津神等(くにつかみたち)(かわ)りて()()()されて万神(ばんしん)万民(ばんみん)(ふか)(つみ)(あがな)(あそ)ばされ、093(てん)よりも(たか)()()()(はな)()かさずに地獄(ぢごく)(かま)のコゲ(おこ)し、094()るに()られん御艱難(ごかんなん)(あそ)ばしたのも、095(もと)(ただ)せば天稚日子(あまわかひこ)(みこと)のために(かみ)()一代(いちだい)御苦労(ごくろう)()されて、096()()苦労(くろう)(あま)りて現世(このよ)にて(その)(つみ)八人(はちにん)(うみ)()()はせて()(ゆへ)に、097三男五女(はちにん)()(いま)八百万(やほよろづ)(かみ)踏下(ふみさ)げられて()るから、098一通(ひととほ)りや二通(ふたとほり)苦労(くろう)ではないぞよ。099()由来(こと)大本(おほもと)(なか)重立(おもだ)ちた役員(やくいん)(はや)(わか)りて()んと、100十曜(とよう)神紋(しんもん)(ひら)けぬぞよ。101十重(とえ)(もん)(ひら)けたら、102三千世界(さんぜんせかい)統一(とういつ)出来(でき)るので()るから、103(あと)(のこ)りて()る○○の兄弟(きやうだい)変性女子(へんぜうによし)肉体(にくたい)とに()けて()かして腹帯(はらをび)(しつ)かりと(しめ)さして()かんと、104サアと()(とき)()ると変性女子(へんぜうによし)肉体(にくたい)体主霊従(あく)()(かた)人民(じんみん)世界(せかい)一致(いつち)して引裂(ひきさ)きに()()るぞよ。105皆々(みなみな)結構(けつこう)天来(てんらい)神諭(ふでさき)取違(とりちが)(いた)して、106肝心(かんじん)大本(おほもと)役員(やくいん)信者(しんじや)までが変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)()めに()(もの)(なか)には()()るぞよ。
107肝腎(かんじん)(わか)らねば()らぬ肉体(にくたい)実地(じつち)神業(こと)(わか)りて()らぬから、108物事(ものごと)(をく)れて世界中(せかいぢう)(こま)(こと)出来(しゆつたい)いたすから、109(はや)肝心(かんじん)御方(おかた)()らして()かぬと、110(つみ)なき人民(じんみん)にまでも泥水(どろみづ)()ますやうな(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。111現今(いま)大本(おほもと)一旦(いつたん)(てん)規則(きそく)(やぶ)れて(しま)ふて、112()()たれぬ(かみ)天稚日子(あまわかひこ)()()えて充分(じうぶん)自身(われ)(おもひ)(たつ)した(かた)(ひがし)(そら)から西(にし)()(そこ)大本(おほもと)(うつ)りて()るので()るから、113()真実(ほんま)ものに(ひら)けて()るのでないから、114気宥(きゆる)しはチツトも()らぬぞよ。115()()(かみ)因縁(ゐんねん)(わか)りて()らぬから、116世界(せかい)物事(ものごと)(をく)れるので()るぞよ。117(うしとら)金神(こんじん)筆先(ふでさき)(はや)調(しら)べておかぬと、118世界(せかい)(たい)して申訳(もうしわけ)なき(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。119自分(じぶん)ほど神界(しんかい)(こと)()(わか)りたものはなきやうに(おも)ふて自惚(うぬぼれ)いたして()りても、120()(かわ)()()るから、121(かみ)(おく)には(おく)()り、122()(その)(おく)には(おく)(おく)大奥(おほおく)()るので()るから、123()加減(かげん)一心(いつしん)では(まこと)神秘(こと)(わか)りは(いた)さんぞよ。124(うめ)(ひら)ひて云々(うんぬん)(もう)(こと)はドンナ苦労(くろう)艱難(かんなん)いたしても、125(また)ドンナ(くや)しい残念(ざんねん)(こと)()つても()()えて持切(もちき)ると()(こと)(たと)えで()るぞよ。126(うめ)(ひら)くと()(こと)(みな)肝心(かんじん)(おこな)ひで()るから、127(おも)(ちが)いのないやうに(いた)して身魂(みたま)充分(じうぶん)()(きた)えて(くだ)されよ。128(いま)()天稚彦(あまわかひこ)系統(ひつぽう)(おも)(あつ)めて()るから、129(いま)大本(おほもと)(あつま)りて()人民(じんみん)(なか)天稚日子(あまわかひこ)行動(おこない)(わか)りて実地(じつち)調(しら)べて()いて(くだ)さらぬと、130(みな)守護神(しゆごうじん)濡手(ぬれて)(あわ)(つか)むやうな(あま)(こと)(おも)ふて()るものが沢山(たくさん)あるから、131都合(つごう)()ければ一生懸命(いつせうけんめい)(つと)めもするなれど、132(すこ)形勢(ようす)(わる)いと()たら(みな)(かへ)りて(しも)ふと()ふやうな水臭(みづくさ)役員(やくいん)(なか)には出来(でき)るから、133気宥(きゆる)しは()らんぞよ。134それで各自(めいめい)心得(こころえ)()()()ふて(たがい)何処(どこ)までも、135神国(しんこく)(ため)生命(いのち)(ささ)げると()立派(りつぱ)日本魂(やまとだましい)(みが)()げて()りて(くだ)されよ。136(おもひ)間違(まちが)ふと一寸(ちよつと)(こと)()りても経綸(しぐみ)(をく)れても()ぐに不足(ふそく)(もう)したり、137(かほ)(いろ)()えたり(いた)すから、138何事(なにごと)()りても一分(いちぶ)(うご)かぬ日本魂(やまとだましい)(みが)いておかぬと、139世界(せかい)大峠(おほとほげ)大本(おほもと)(なか)大峠(おほとほげ)(つまづ)いて(あと)()かねば()らぬぞよ。140それでは(はや)ふから大本(おほもと)(をしえ)()いた功能(かうなう)がないぞよ。141此度(こんど)二度目(にどめ)天之岩戸開(あまのいわとびら)きの天地(てんち)大神(おほかみ)至仁至愛(みろく)御恵(おめぐ)みと(もう)すものは洪大無辺(こうだいむへん)にして何程(なにほど)人為(じんい)学問(がくもん)智識(ちしき)(かんが)えて()ても(わか)らん(ふか)仕組(しぐみ)であるから、142鼻柱(はなばしら)(てい)()()()つて(うま)赤子(あかご)立復(たちかへ)りたなれば、143三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)世界(せかい)大機織が紋様(おほはたのもよう)判然(はんぜん)分明(わか)るなれど、144肝心(かんじん)機織(はた)模様(もやう)(こしら)へる根本(こんぽん)をソコ退()けに(いた)して、145人間界(にんげんかい)智慧(ちゑ)(ばか)(はたら)かして()ると、146何時(いつ)まで焦慮(あせ)りて(ほね)()りても肝心(かんじん)経綸(しぐみ)(わか)らぬから、147一時(いちじ)(はや)()()りて、148明治(めいじ)二十五年からの筆先(ふでさき)充分(じうぶん)調(しら)べて(くだ)されよ。149神聖(しんせい)元年(ぐわんねん)からの筆先(ふでさき)一層(いつそう)注意(ちうい)して調(しら)べぬと(おほ)きな取違(とりちが)いが出来(しゆつたい)いたすぞよ。
150 大出口(おほでぐち)国直日主命(くになをひぬしのみこと)永年(ながらく)苦労(くろう)(とく)天若彦命(あまわかひこのみこと)肉体(にくたい)()()さずに神界(しんかい)から(ゆる)しておくから、151我一(われいち)我心身(わがみ)をサニハ(いた)して(かへり)みて身魂(みたま)立替(たてかへ)いたさぬと、152神界(しんかい)仕組(しぐみ)(をく)れる(ばか)りであるぞよ。153何程(なにほど)外囲(そと)(かき)構造(かまへ)立派(りつぱ)でも(まこと)(をしえ)(たた)ぬと神界(しんかい)にて教祖(きやうそ)(かみ)(くる)しむから、154(はや)改心(かいしん)いたして(まこと)(たて)(くだ)されよ。155○○○○○○○には()()(かみ)()(だま)守護(しゆごう)()るなれど、156()充分(じうぶん)(みが)けて()らぬから、157十に(ふた)(くらい)間違(まちが)いがあるぞよ。158天照彦命(あまてるひこのみこと)至善(ぜん)(かみ)であるぞよ。159天稚彦(あまわかひこ)(あく)(かみ)()るぞよ。