霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年三月一一日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年3月11日(旧2月10日)
神霊界掲載号:第82号 9頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 259頁 八幡書店版伊都能売神諭:139頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-08-27 13:09:35 OBC :is27
001 大正(たいせう)八年三月十一日 旧二月十日
002 (うしとら)金神(こんじん)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)が、003竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)(あら)はれて、004五六七(みろく)神政(しんせい)御用(ごよう)(いた)さす、005天照彦之命(あまてるひこのみこと)(うつ)りて()る、006変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)言霊幸彦命(ことたまさちひこのみこと)()()りて、007何彼(なにか)神示(こと)()きおくぞよ。008日本(にほん)豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)(もう)して、009()(もと)(まこと)天地(てんち)先祖(せんぞ)が、010初発(しよつぱつ)創造(さうぞう)いたした結構(けつこう)(もと)神国(しんこく)であるから、011()神国(しんこく)(うま)れた人民(じんみん)は、012外国(がいこく)人民(じんみん)よりは一層(いつそう)(すぐ)れた身魂(みたま)(さづ)けてあるなれど、013世界(せかい)段々(だんだん)(くだ)るに()れて、014肝心(かんじん)(もと)因縁(いんねん)(わす)れて(しま)ふて、015(いま)では外国人(がいこくじん)(おな)じやうな身魂(みたま)()(きり)て、016(あと)(さき)(わか)らぬ(むご)状態(こと)()(くも)りて()るなれど、017日本(にほん)人民(じんみん)(わが)天職(てんしよく)(わか)(もの)()いから、018物質上(ぶつしつぜう)発明(はつめい)(みな)外国人(がいこくじん)専有物(せんゆうぶつ)()うに(おも)ひ、019外国(がいこく)ほど文明(ぶんめい)(くに)()いと、020大変(たいへん)崇敬(すうけい)(いた)して()るが、021()れが八尾八頭(やつをうやつがしら)身魂(みたま)(たぶら)かされて()るので()るから、022日本(にほん)人民(じんみん)()加減(かげん)()(さま)すが()かろうぞよ。023日本(にほん)には外国人(がいこくじん)末代(まつだい)かかりて(かんが)へても、024()(ほど)(ほね)()りても真似(まね)出来(でき)立派(りつぱ)(をしえ)があるから、025日本人(にほんじん)身魂(みたま)(みが)けて水晶(すいしよう)立復(たちかへ)りたら、026ドンナ(こと)でも神力(しんりき)発明(はつめい)出来(でき)るのであるぞよ。027延喜式(えんぎしき)祝詞(のりと)にも天放(あはな)水素利用(みぞうめ)028電気火力応用(ひはなち)全土開拓(しきまき)云々(うんぬん)(もう)して、029天地(てんち)自由自在(じゆうじざい)開拓(かいたく)経綸(けいりん)いたす神業(しんげう)(あら)はして()るなれど、030日本(にほん)人民(じんみん)(こころ)(よご)れ、031言霊(ことたま)(くも)りて(しま)ふて()るから、032(ゑだ)(くに)真似(まね)出来(でき)ぬやうになりて(しま)ふたので()るぞよ。033()(はじま)りは(いま)世界(せかい)()うに、034日本(にほん)外国(がいこく)区別(くべつ)()く、035(きわ)めて平和(へいわ)()(をさ)まりて()りたなれど、036体主霊従(あく)身魂(みたま)段々(だんだん)増長(ぞうてう)いたして、037国々(くにぐに)(たがい)分離(ぶんり)し、038自己主義(われよし)人民(じんみん)(ばか)りで、039年中(ねんぢう)(くに)()()(ばか)りを(いた)すやうに()りて、040世界(せかい)人民(じんみん)()大蛇(だいじや)(おに)()(あし)容器(いれもの)()(はて)(しま)ふて、041(いま)世界(せかい)()有様(ありさま)であるぞよ。042何程(なにほど)人民(じんみん)苦心(くしん)いたしても、043国際聯盟(こくさいれんめい)(さけ)んでも、044九分九厘(くぶくりん)()(ひら)()へりて(しま)ふて、045(かへつ)()段々(だんだん)(みだ)れる(ばか)りであるから、046日本(にほん)人民(じんみん)(いま)(ここ)腹帯(はらをび)(しつか)()めて、047()大神(おほかみ)御威光(ごいこう)()()ふて、048皇祖皇宗(くわうそくわうそう)御遺訓(ごいくん)遵奉(そんぽう)いたして、049日本(にほん)神国(しんこく)使命(しめい)(まつた)(いた)さねば、050日本(にほん)人民(じんみん)(うま)れさして(いただ)いた功能(かうなう)(ひと)つも()いから、051(いま)日本(にほん)人民(じんみん)危急存亡(ききゆうそんぼう)一大事(いちだいじ)(とき)()るぞよ。052日本(にほん)世界(せかい)総宗国(おやくに)であるから、053外国(がいこく)からも(むかし)東海(とうかい)君子国(くんしこく)(もう)し、054万世一系(ばんせいいつけい)大君(おほきみ)と、055天壌無窮(てんぜうむきう)皇道(こううん)隆々(りうりう)たる神国(しんこく)()るから、056日本(にほん)世界中(せかいぢう)国々(くにぐに)人民(じんみん)愛護(あいご)し、057開発(かいはつ)すべき天来(てんらい)責任(せきにん)ある(くに)()るぞよ。058(いま)外国(がいこく)(やう)に、059侵略(しんりやく)征伐(せいばつ)併呑(へいどん)などは絶対(ぜつたい)()らぬ、060(まこと)神国(しんこく)であるから、061日本(にほん)上下(うへした)人民(じんみん)は、062至仁(しじん)至愛(しあい)至真(ししん)至善(しぜん)至美(しび)精神(せいしん)行状(おこない)(いた)して、063天下(てんか)模範(もはん)()れ、064世界(せかい)各国(かくこく)日本(にほん)(とく)悦服(えつぷく)し、065(わが)大君(おほきみ)欣仰(きんこう)して(つか)(まつ)()く、066国民(こくみん)各自(かくじ)努力(どりよく)いたさねば、067斯世(このよ)此儘(このまま)(いた)して()いたなれば、068世界(せかい)益々(ますます)畜生(ちくせう)(はら)()りて(しま)ふて、069(しまい)には人間(にんげん)同士(だうし)(にく)()()ふやうに()つて(しま)ふから、070(まこと)日本魂(やまとだましい)(ひか)人民(じんみん)一人(いちにん)なりとも余計(よけい)(そだ)()げて、071世界(せかい)平和(へいわ)大神業(だいしんげう)使(つか)()いと(おも)ふて、072国常立之尊(くにとこたちのみこと)明治(めいじ)廿五年から、073出口(でぐち)(かみ)体内(たいない)()りて苦労(くろう)艱難(かんなん)をいたし、074変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)(あら)はして、075世界(せかい)人民(じんみん)(まこと)()いて()かして()るなれど、076(いま)日本(にほん)人民(じんみん)盲目(めくら)(おほ)いから、077九分九厘(くぶくりん)(ところ)まで(わか)らぬので、078(なに)(わる)(こと)でも(いた)して()るやうに、079種々(いろいろ)(いた)して()大本(おほもと)(まこと)経綸(しぐみ)邪魔(じやま)(いた)せども、080大本(おほもと)には(まこと)(ばか)りで(かた)めてあるから、081人民(じんみん)何程(なにほど)反対(はんたい)いたしても微躯(びく)とも(いた)さんぞよ。082世間(せけん)から反対(はんたい)いたせば(いた)(ほど)083(かへつ)てこの大本(おほもと)(ひら)けて()て、084神力(しんりき)()(ばか)りであるぞよ。085(この)大本(おほもと)外部(そと)からは如何(いか)なる悪魔(あくま)()(まい)りて、086反対(はんたい)(いた)しても、087微躯(びく)とも(いた)さぬ(ところ)()れども、088内部(なか)から慢神(まんしん)誤解(とりちがい)いたす守護神(しゆごうじん)(あら)はれて、089(おほ)きな邪魔(じやま)(いた)したり、090()大本(おほもと)因縁(いんねん)(ふか)身魂(みたま)慢神(まんしん)いたして()るから、091(その)肉体(にくたい)金毛九尾(きんもうくび)白面(はくめん)白狐(びやつこ)(れい)(うつ)りて、092○○の直筆(じきひつ)()つて其所等中(そこらぢう)迂路付(うろつ)いたり、093大本(おほもと)経綸(しぐみ)占領(せんりやう)いたして、094(ほか)目的(もくてき)(たて)やうと(いた)して、095大本(おほもと)より(ほか)()(はず)筆先(ふでさき)()いて、096(われ)守護神(しゆごうじん)()ければ天地(てんち)根本(こつぽん)(わか)らぬと(もう)して()るが、097(これ)油断(ゆだん)()らぬ(かみ)()るから、098()大本(おほもと)(ほか)から()筆先(ふでさき)は、099(ひと)つも信用(しんよう)いたす(こと)出来(でき)ぬぞよ。100二代(にだい)三代(さんだい)()(くら)まさうと()て、101一生懸命(いつせうけんめい)骨折(ほねを)りて()るなれど、102(みづ)身魂(みたま)()(かぎ)りは厳重(げんじゆう)審神者(さには)(いた)すから、103到底(とうてい)思惑(をもはく)()ちは(いた)さんぞよ。104二代(にだい)の○○は(たぶらか)しても○○○(みこと)身魂(みたま)(だま)(こと)出来(でき)ぬぞよ。105○○○○○○○は()()(かみ)守護(しゆごう)では()れど、106(いま)(ところ)では(すこ)しく慢神(まんしん)()()るから、107守護(しゆごう)()えて天照彦命(あまてるひこのみこと)御魂(みたま)()()(かみ)御用(ごよう)(いた)さすぞよ。108大正(たいせう)八年の(きう)二月十日から、109()()(かみ)肉体(にくたい)()えて守護(しゆごう)(いた)さして()るぞよ。110変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)との筆先(ふでさき)より(ほか)筆先(ふでさき)(しん)じては()らぬぞよ。111(ほか)から()るのは(みな)受売(うけう)りや()(こと)(ばか)りで、112真偽(しんぎ)(あい)(なか)ばして()るから、113(はじ)めから()(とほ)さぬが()いぞよ。114大本(おほもと)(なか)にも参考(さんこう)(ため)じやと(もう)して、115(かく)(しの)んで(うつ)したり()んだり(いた)して()るものが()れど、116()んな(こと)(ほね)(をり)るより、117一枚(いちまい)なりと(をもて)(うら)筆先(ふでさき)(はら)()れるが結構(けつこう)()るぞよ。118悪魔(あくま)(もう)(もの)(みな)教祖(きやうそ)系統(ひつぽう)(なか)でも(すこ)しでも信用(しんよう)()熱心(ねつしん)肉体(にくたい)利用(りよう)いたして、119目的(もくてき)()てやうと(いた)すから、120充分(じゆうぶん)注意(ちゆうい)(いた)さんと、121脚下(あしもと)から(とり)()つやうな(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。