霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年八月一一日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年8月11日(旧7月16日)
神霊界掲載号:第97号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 469頁 八幡書店版伊都能売神諭:176頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is36
001 大正八年八月十一日
002 (うしとら)金神(こんじん)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)明治(めいじ)二十五年から、003変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)宿(やど)りて()る、004出口(でぐち)(なを)()(くち)とで、005(なが)らく()らした(こと)実地(じつち)(あら)はれて()たぞよ。006(いま)()りてからは、007何程(なにほど)日本(にほん)守護神(しゆごじん)焦慮(あせ)りたとて、008()()げも()ろしも()らん(とこ)まで()(せま)りて()たから、009何程(なにほど)守護神(しゆごじん)人民(じんみん)地団駄(ぢだんだ)()みたとて、010到底(とうてい)人民(じんみん)(ちから)ではニジリとも出来(でき)ぬから、011此上(このうへ)神力(しんりき)()よるより(ほか)(みち)はないから、012()()()れる(ほう)日本(にほん)守護神(しゆごじん)は、013(はや)身魂(みたま)(みが)ひて、014この結構(けつこう)先祖(せんぞ)から(つづ)いた(くに)守護(しゆご)いたさぬと、015今度(こんど)()(そこ)なうたら、016万劫末代(まんごうまつだい)取返(とりかへ)しの()らん(こと)になりて、017世界(せかい)石屋(いしや)自由自在(じゆうじざい)にして仕舞(しま)はれるぞよ。018(いま)からでも日本(にほん)人民(じんみん)()がついて、019守護神(しゆごうじん)一所(いつしよ)世界(せかい)大元(おほもと)020()高天原(たかあまはら)(まい)りて、021イロハ言霊(ことたま)勉強(べんきやう)(いた)したならば、022末代(まつだい)一度(いちど)神界(しんかい)結構(けつこう)御用(ごよう)使(つか)ふてやるから、023(くに)一軒(いつけん)(いへ)とには()えられんから、024祖先(そせん)墳墓(ふんぼ)悪神(あくがみ)(あら)されともないと、025(こころ)(そこ)から(をも)(まこと)人民(じんみん)でありたら()御座(ござ)れ、026()(もと)からの生神(いきがみ)神力(しんりき)(わた)して、027世界(せかい)()(かがみ)(いた)してやるぞよ。028外国(がいこく)悪神(あくがみ)(たく)みは、029神界(しんかい)にては三千年(さんぜんねん)(あま)(まへ)から仕組(しぐみ)悪神(あくがみ)(いた)して()りたなり、030外国(がいこく)人民(じんみん)肉体(にくたい)使(つか)ふて、031斯世(このよ)(みだ)して(かか)りてからでも二千年(にせんねん)になる(なが)経綸(しぐみ)であるから、032世界(せかい)隅々(すみずみ)までも(やま)谷々(たにだに)までも、033(みづ)(もら)さぬ経綸(しぐみ)をいたして()るぞよ。034日本(にほん)人民(じんみん)(かみ)(くに)035(かみ)()であると()(こと)(わす)れて、036外国(がいこく)から()個人主義(われよし)()(かた)結構(けつこう)がりて、037(いま)にエライ()()はされる(こと)()()かん人民(じんみん)(ばか)りであるから、038()うぞして日本(にほん)人民(じんみん)から改心(かいしん)さし()いと(をも)ふて、039変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)とに苦労(くろう)()して、040日夜(にちや)(こゑ)()らし、041(ふで)(ちび)らして()らしたので()りたぞよ。042今度(こんど)国際連盟(こくさいれんめい)(なに)()らずに(みな)人民(じんみん)結構(けつこう)がりて()れども、043()(ため)国魂(くにたま)混合(こんがう)して(しま)ふから、044()段々(だんだん)(せま)(ばかり)で、045(ひと)(きん)(ちから)覇張(はば)(やう)になるから、046世界中(せかいぢう)困難(こんなん)一層(いつそう)(はげ)しく()るぞよ。047自由(じゆう)とか平等(べうだう)とか(もう)(こと)は、048一寸(ちよつと)()けば(まこと)結構(けつこう)()(かた)(やう)であるが、049日本(にほん)神国(しんこく)御先祖様(ごせんぞさま)(みち)(はづ)れて、050(ほか)には自由(じゆう)平和(へいわ)()るものでないぞよ。051日本(にほん)には天照大神様(あまてらすおほかみさま)万古不易(ばんこふゑき)(うごか)神教(みおしへ)があるから、052()(をしへ)(わすれ)て、053(むか)ふの(くに)悪神(あくがみ)()(かた)(いた)したら、054到底(たうてい)世界(せかい)安神(あんしん)して(くら)(こと)出来(でき)ぬから、055日本神国(にほんしんこく)人民(じんみん)は、056一人(いちにん)(のこ)らず天照大神様(あまてらすおほかみさま)御血筋(おちすじ)()て、057麻柱(あななひ)(まこと)(つらぬ)いて()かねば()らぬ、058(おほき)(てん)からの責任(せきにん)があるので()るから、059(くに)権力(けんりよく)(かみ)稜威(みいづ)無視(むし)するやうな、060悪神(あくがみ)計略(けいりやく)にかからぬ(やう)(いた)して(くだ)されよ。061(うしとら)金神(こんじん)守護神(しゆごじん)人民(じんみん)(なが)らく()(つけ)()いた(こと)実地(じつち)(せま)りて()て、062日本(にほん)人民(じんみん)(まで)外国(がいこく)(をしへ)結構(けつこう)なやうに(おも)ふて(しも)ふて()るから、063(どう)しても改心(かいしん)出来(でき)ぬなら、064(かみ)(おもて)(あら)はれて、065()(もの)()せて()らねば、066モウ改心(かいしん)のさせ(やう)()いから、067世界(せかい)何事(なにごと)()(まい)りても、068(かみ)(うら)めて(くだ)さるなよと(もう)して(ねん)(ねん)()して、069幾度(いくど)となく()らして()るから、070(かみ)出口(でぐち)にはモウ不足(ふそく)(もう)されまいぞよ。071悪神(あくがみ)先祖(せんぞ)(たく)みで薩張(さつぱ)()持方(もちかた)(あやま)らされて(しも)ふて、072上下(うへした)運否運(うんぷ)(はげ)しき()()りて、073上下(うへした)守護神(しゆごじん)人民(じんみん)内輪喧嘩(うちわけんか)(ばか)りで()(くら)し、074ストライキなぞを(をこ)さな()らん(やう)に、075(くに)人民(じんみん)(こころ)とを(みださ)れて()りて、076チツトも()(つか)厄介(やくかい)人民(じんみん)(ばか)りで()るから、077(かみ)大変(たいへん)(ほね)()れるなれど、078(これ)でも神界(しんかい)にては三千年(さんぜんねん)(あいだ)苦労(くろう)(かた)まりの(はな)()経綸(しぐみ)(いた)してあるから、079天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)めて、080弥勒(みろく)神代(かみよ)()(なを)して、081(てん)大神様(おほかみさま)御眼(おめ)(かか)るぞよ。082一日(いちにち)(はや)神国(しんこく)天職(てんしよく)自覚(さとり)て、083天下修斎(てんかしうさい)天地(てんち)(かみ)御用(ごよう)(つく)して(くだ)されよ。084(かみ)(れい)であるから、085人間界(にんげんかい)仕事(しごと)は、086人間(にんげん)(かか)りて(いた)さねば()らぬなり、087現今(いま)人民(じんみん)()まり身魂(みたま)(くも)()りて()るから、088(かみ)(うつ)(こと)出来(でき)ぬから、089一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)して、090水晶(すいせう)身魂(みたま)(みが)ひて(くだ)されよ。091天下(てんか)危急存亡(ききうそんぼう)(とき)()るから、092(たがひ)(ちひ)さい感情(かんぜう)衝突(せうとつ)()けて、093モチト(おほ)きい精神(こころ)(もち)(くだ)さらぬと、094ビツクリ(ばこ)(ふた)()いたら、095各自(かくじ)(はづ)かしく()りて、096(おほ)きな(いき)出来(でき)ぬやうに()るから、097(いま)(うち)小我(せうが)()てて、098神我(しんが)立直(たてなを)して御用(ごよう)()いて(くだ)され。099(かみ)人民(じんみん)()いて、100(たがひ)統一心(とういつしん)()いのを大変(たいへん)迷惑(めいわく)いたして()るぞよ。101今度(こんど)変性女子(へんぜうによし)瑞竜閣(ずいりようかく)()(まい)りたのも、102神界(しんかい)(ふか)経綸(しぐみ)のある(こと)ぞよ。103人民(じんみん)では(わか)らぬ御用(ごよう)であるぞよ。104()()(これ)から女子(によし)身魂(みたま)仕組(しぐみ)場所(ばしよ)()(まい)るから、105(みな)御方(おんかた)心配(しんぱい)(いた)さずに、106(かみ)から命令(めいれい)(さが)つた御用(ごよう)一生懸命(いつせうけんめい)(つく)して()りて(くだ)されよ。107(あと)になりて機織(はた)織上(をりあが)りたら、108(みな)結構(けつこう)御用(ごよう)でありたと(もう)して、109(よろ)こぶ仕組(しぐみ)であるから、110女子(によし)何処(どこ)(まい)りて何事(なに)(いた)しても、111(みな)(かみ)命令(めいれい)であるから、112取越苦労(とりこしくろう)(いた)して(くだ)さるなよ。113(かみ)(まへ)(まへ)つに()()けおくぞよ。